内閣 府 ムーン ショット 計画。 ムーンショット目標5 2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

ムーンショット目標決定のお知らせ

・2030年までに、望む人は誰でも特定のタスクに対して、身体的能力、認知能力及び知覚能力を強化できる 技術を開発し、社会通念を踏まえた新しい生活様式を提案する。 (中略) ムーンショット型研究開発制度について ムーンショット型研究開発制度は、我が国発の破壊的イノベーションの創出を目指し、 従来の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発(ムーンショット)を、司令塔たる総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)の下、関係省庁が一体となって 推進する制度です。 6つの目標 内閣府が掲げた6つの目標はこの通りです。 本来の自然に戻すために技術を導入するみたいですが、本来の植物に戻るのに技術が入ってしまってもいいのかな? ムーンショット目標5は目標4とも少し、被っている部分もありますが地球自体を戻すというのが一番の目標です。 今回のコロナショックによって経済活動が停滞することで、大気が綺麗になりましたが、経済活動がまた元通りになれば、大気はまた汚染されていきます。

>

ムーンショット計画。内閣府が目指す「素晴らしい新世界」

それさえも疑問を持たないように子どもの時から洗脳されるのです。 そして不快になった時は、政府から配給される快楽薬を飲むことで、楽しい気分になります。 それがもう政府目標となってきているんです。 それらの例を見てみよう。 それから半世紀以上経ったいま「とても困難だが実現すれば大きなインパクトのあるワクワクする壮大な目標や挑戦」を指す言葉として「ムーンショット」という言葉が使われはじめました。 ケネディはムーンショット計画を建てる上で大事なポイントが3つあると言っていました。 例えば、大統領にインタビューする。

>

ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

もしね、特に書くコメントが無ければ『リンクスタート』とだけでもコメント頂けたら励みになりますので宜しくお願い致します!! あっ!!あと登録やブクマ登録も宜しくお願い致します!! 参考文献:(2020年8月5日最終閲覧) 人気記事 人気記事 話題の内容 おすすめ記事. そうすれば大量生産もなくなり、環境破壊に繋がる経済活動は収まるわけです。 突拍子もないアイデアのようですが、地球上のすべての地表面に設備を設置するよりもはるかに安価で合理的な方法です。 まるで攻殻機動隊のような話です。 VRが大衆に広く受け入れられるかどうかはまだ分かりませんが、ムーンショット目標を実現させるためには最適なツールだと思われるので、内閣府がそれを無視するとは考えにくいです。 マウスはカードを差されていますが、人間は違いますよ(笑) しかしこの画像を見ると、肯定派と否定派に別れ、世界は2極化しそうです。 その中で、日本の率いるは通称『計画 正式名称:型研究開発制度 』を発表し、7つ目標を立ち上げ、これまでにない、まるでの様な世界を実現しようとしています。

>

ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

なぜ、このようにするのかというと、人を家に閉じ込めておいて管理しやすく するためです。 ここで、誰が主導者かもわかってきます。 確実に100歳まで生きていける世界です。 ここまでで、私クララがここから読み取れる事、 彼らカバールが何をしようとしているのかと言うと、 白人の人口を5億人で調整します。 あと、月面、小惑星等に存在する地球外資源の自律的な探索、採掘を実現する~オイオイ、地球だけでなく、月や宇宙まで汚すつもりかいって。 2030年までに、望む人は誰でも特定のタスクに対して、身体的能力、認知能力及び知覚能力を強化できる技術を開発し、社会通念を踏まえた新しい生活様式を提案する。

>

内閣府ホームページ日本人家畜化【2050年アバター・ムーンショット計画】奴らはキチガイだ!

実は2013年から元の組織はある 2019年1月にムーンショット会議が内閣府が行われていますが、ムーンショット計画は(Council for Science, Technology and Innovation略して)CSTIの下プロジェクトが進むわけですが、このCSTIが制度を創設する前に実は2013年(平成25年)にプログラムが創設されていて、その名前が 革新的研究開発推進プログラム()というんですね。 ハクスリーは人口削減論を真剣に語り合う優生学者たちが集まるフェビアン協会の一員でもあったので、物語を通して大衆に彼らの計画をちらつかせたとも考えられます。 では、具体的にどのような目標を実現するというのだろうか? 研究制度は、次の 7つの目標を掲げている。 病気が全て無くなってしまう世界になっていくということです。 また、「1人で10体以上のアバターを操作する技術を開発する」とありますが、一人が同時に10以上のアバターの遠隔操作をこなすことは、それこそ人間の限界を超えることなので、普通に考えたら不可能に思えます。 でも、大統領の裏のこととか政府のうらのことを1000円くらいで知ることができます。

>

ムーンショット計画。内閣府が目指す「素晴らしい新世界」

おすすめ動画: 都市伝説に興味がある方はこちら. 内閣府のホームページでは誤字脱字がありましたが笑 ここも、専門家の間では昔から議論がなされていますよね。 ケネディーが政権についた60年代初頭は、やっと宇宙への有人飛行が可能になった段階だったので、10年以内に月に行くとは、まさに奇跡であった。 これを解決すべく考え出されたのは、複数の気球を成層圏に飛ばし、衛生や地上の基地局などと連携し、空中でネットワークを構築するという方法です。 これを実現しようとすると人間の脳の処理能力では難しいと想定されます。 ムーンショット目標の4つ目には「地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現 」が5つ目には「未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出」が掲げられていることからもそれは明らかです。

>

『内閣府が正式公表』2050年までの目標ムーンショット計画が怖い

有限な鉱物資源を原料とした化学肥料や農薬等の多投は、自然循環に悪影響を及ぼす。 そうするとどうなるのか。 作品は対極的ではありますが、方法論が違うだけで、大衆が抗うことができない絶対的な支配社会が描かれているということには変わりはありません。 それは果たして、本当に自分なのか、魂はどうなるのかという問題が残りますが、技術的にデジタル人格を実現させることが可能になりつつあるのは間違いなく、それを日本でも実現させることを内閣府は暗示しているのではないかと考えられます。 この人々の幸福とは何なのだろうか? 幸福を決定している人たちは誰なのだろうか? ムーンショット計画のメンバー そんな幸福を実現させようとする人々とはどんな人なのか?内閣府というだけなのか? ムーンショット計画ではそれぞれ公募でプロジェクトを担当する人が募られます。 脳データをクラウド上にアップロード そんなSF映画のような話があり得るのかと疑う人もいるでしょうが、アメリカのベンチャー企業Nectomeは人間の脳を生存している状態で取り出し、将来コンピューターに脳の記憶がアップロード可能になるまで保存液に浸して、長期冷凍保存するというサービスを2018年に発表しています。

>

ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

この白人には、今、カバールに利用されている一切の黄色人種は入っていません。 ムーンショットは、今日起きていることをただ延長したものではなく、過去からの意義ある断絶が欠かせない、とスコット・アンソニー氏は述べています。 こう考えると月にいくことが人類の進化であるというのはどういうことだろう?と思いますね。 ・2050年までに、複数の人が遠隔操作する多数のアバターとロボットを組み合わせることによって、大規模で複雑なタスクを実行するための技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。 また、少子高齢社会の問題を解決したり、地球の環境を守るためという名目で、マイクロチップの挿入が促されたり、人工知能による徹底した管理社会が築かれる可能性に対して、懸念を抱かざるを得ません。

>