赤羽 雄二。 赤羽雄二著『速さは全てを解決する』スピードこそが命!ショートカットキーは必須だ

赤羽 雄二「ゼロ秒思考」を読んで、メモ書きを実践してみたらタスク整理が捗った話

「メモ書き」は、こわばった頭をほぐす格好の柔軟体操であり、頭を鍛える手軽な練習方法だ。 実は、裏紙を使うよう推奨されていることも、ここで効いてきています。 そんな私も、ようやく昨年から少しずつ本を読み出して、 来年に向けて量を増やそうとしていた矢先に飛び込んできた今回の話。 これが1分間では、なかなか書けません。 恐らく嫌いになったのは、小中学生のときの読書感想文が原因だと思いますが・・・。

>

赤羽 雄二先生の授業・プロフィール

これができると、全体感を持ってバランスよく物事を見ることができます。 それがゼロ秒思考の起源ですね。 時給1000円で一日6時間、週5日働いて年収150万円といった形にもなりかねません。 したがって、毎日10分だけメモを書く。 自分を変える行動読書とは何か知りたい。 おそらく、「メモ書き」には書き出そうとしていること(=不安なこと、気にしていること、現状の課題)に対するネガティブな感情が軽減されるから仕事や課題に対して前向きに打ち込めるようになるんだろうと推測できます。 知識が増える 読書のメリットは、何といっても知識がどんどん増えることです。

>

思考力を確実にアップさせる「メモ書き」の方法

ゼロ秒思考をつくるメモの書き方 ゼロ秒思考を身につける最短、最良の方法は「メモ書き」だ。 私の生活環境では、職場の用済み資料や子どもの学校の配布物で期限が過ぎたものなど、裏紙はいまのところ十分にあります。 そうやって配信された記事をひたすら読み続けると、大量のインプットをできるようになります。 どうなっていたいか。 1986年、マッキンゼーに入社。

>

思考力を確実にアップさせる「メモ書き」の方法

こうして、本と現場で知識を往復させ、より「使える」知識として身に付けていきました。 特に、 興味があるジャンルのノンフィクションや研究結果から書かれているものは、今まで全く想像もしなかった結果を教えてくれます。 マッキンゼー式ロジカルシンキング まんがでわかるシリーズ 』など赤羽雄二の全71作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。 ————————————————————————————————. スタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。 ひとには言葉にならない「思い」「感じ」があり、それはとても大切です。 しかも、ペンとA4の裏紙を使うだけの、お金もほとんどかからない方法だ。 PCは、のメモ書きで吐き出し、構造化した素材を、文章にくみ上げて肉付けする、という使い方になっています。

>

赤羽雄二さんの「ACTION READING」から行動読書を学ぶ

ものすごい勢いでテクノロジーが進化し、一方でほとんどの仕事がなくなるのではないかということも言われています。 著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』 ダイヤモンド社 、『マンガでわかる! そもそも、「意見」や「考え」というものは、ゼロから組み立てていくことはできません。 自分がそれなりに悩んで書いたメモを捨てるのは忍びないですからね。 家にいても、大画面ディスプレイによりオフィスと近い環境を作れますので、週に1回出社日を決めて顔を合わせれば大丈夫というような仕事が増えます。 今回のリストラの対象にはならかなったと喜んでいても、次回かもしれないし、会社そのものがつぶれてしまうことも起こり得る。

>

赤羽雄二

「部下は当然自分の仕事をやっているはずだ」と上司は思っても、重要なミーティングであるほど結果が明確に出るまでは仕事を進めづらい。 マッキンゼー式ロジカルシンキング』 宝島社 、『成長思考』(日本経済新聞出版社)、『アクションリーディング』(SBクリエイティブ)などがある。 現役の凄腕サラリーマンや起業家、プロブロガーや副業エンジニアなど、いろいろな方と対談させていただいています。 マッキンゼー式ロジカルシンキング』 宝島社 、『成長思考』(日本経済新聞出版社)、『アクションリーディング』(SBクリエイティブ)などがある。 2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。 それを上司や先輩が助けてくれることはあまりない。 「フェイスブックも、グーグルも、アップルも、アマゾンも当初、そこまで大きな存在ではありませんでした。

>

赤羽雄二さんの「ACTION READING」から行動読書を学ぶ

自部門のことだけしか考えないと、視野が狭くなり全体像を考えることなんかしないですね。 また徹夜するしかないか……こういう経験をしたことはないだろうか。 仮説はあくまでも仮説にすぎず、確認もしていない。 わたしも、業務手順の整理の仕方、というテーマのメモもあれば、夫のこういうところが気に入らない(笑)、というメモも書いてます。 それらのジャッジを経て、書く理由がないと書かなかったからだと思います。

>

赤羽 雄二

仕事が速い=早く帰れるというメリットもあります。 ただ、そこまでやりきる人はあまり多くありません。 それが前代未聞のスピードで成長し、今日の地位を築いたわけですから、将来は、ほとんど想像できません。 2.読んでよかったこと、感じたこと• 話しながら気づくことや、初めて言葉にできた思いもあったりして。 実際やってみて やってみるとわかりますが、頭の中がすっきりします。 スピードを上げるのは、PDCAを高速で何度も回すためなのです。

>