クロス ロケーション ズ。 【調査報告 第1弾】全国の位置情報ビッグデータからAIが推計した調査結果発表コロナウイルスの影響で全国の繁華街・観光地の訪問者数減少が鮮明に|クロスロケーションズ株式会社のプレスリリース

株式会社小田急百貨店が 「 Location AI Platform™」を採用 |クロスロケーションズ株式会社のプレスリリース

また、東京都目黒区下目黒と品川区小山台にまたがって所在する『林試の森公園』においては、昨年の同週より訪問者数が2倍になるという顕著な増加傾向が現れています。 Web担に ついて• 流通・小売、外食、不動産などの様々な業種・業界を代表する企業様で活用されています。 【結果と考察】 新型コロナウイルス感染拡大懸念の広がりと共に、全国の繁華街・観光地で訪問者数が減少傾向。 文部科学省が2020年3月4日に公表した新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休業状況によると、4日の午前8時時点で休校している市町村立の小学校は98. クロスロケーションズでは、Location AI Platform のAI解析エンジンを活用して顧客行動の統計的なサイコグラフィックデータを抽出し、様々な顧客データと連携が可能となる開発を行ってきました。 「全国業種・業態&主要都市人流グラフ」は、同社の位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「Location AI Platform(LAP)」の機能のひとつで、任意の地点・エリアの人流変化をモニタリングして視覚化する「デイリー来訪速報」機能により、主要9業種と全国主要60都市の人流ボリュームの変化を準リアルタイムで確認できる。

>

クロスロケーションズ、【調査報告第1弾】全国の位置情報ビッグデータからAIが推計した調査結果発表コロナウイルスの影響で全国の繁華街・観光地の訪問者数減少が鮮明に

< 一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 JVCA について> 当協会は将来性のある未公開企業の起業・成長・発展を支援するために投資等の形で資金提供し、経営支援等も行うベンチャーキャピタルを中心とした組織であります。 」の特徴エリア別定点観測機能によって得た位置情報ビッグデータをもとに、AIで解析したこれにより、新型コロナウイルス感染症に関する人の流れの変化の調査報告を発表しました。 特にすすきのエリアの平日夜・週末夜の減少が目立ち、宴席自粛の影響が伺える。 クロスロケーションズ社の位置情報による行動データと、TISのデータ統合・利活用プラットフォームサービスを組み合わせた新サービスを展開する。 自社店舗の現状把握 ターゲット選定と訴求ポイント把握 LAPのAI解析では、各店舗毎の実勢商圏や来訪者の多い居住エリア・少ない居住エリア、競合との関係などユーザーグループの選定に有益な情報のほか、居住エリアや買い回り傾向など、ユーザーグループの趣味嗜好・ライフスタイルに関する情報を把握した上で、アンケート・リサーチ活動を開始できます。 位置情報ビッグデータを活用し、最新の消費者の行動を分析 コロナ以前に、オフィスや工場にいた人々に対してターゲティング、オーディエンス設定できます。

>

クロスロケーションズ、空間情報ビッグデータプラットフォームを提供するGeoSpock(R)社と次世代型位置情報空間ビッグデータ解析プラットフォーム構築にむけた協業を開始|クロスロケーションズ株式会社のプレスリリース

クロスロケーションズが、あなたの顧客理解のためのリサーチ活動をお手伝いをいたします。 午後4時)の時間帯の利用者が増加していることが分かりました。 LAPは、AIが位置情報ビッグデータから消費者行動の分析・見える化を行った上で、位置情報を使ったスマホ広告、LINEなどのSMS広告やDM、チラシ、ポスティングなどのエリアマーケティングの実施と効果測定を一気通貫で実行できるプラットフォーム製品です。 その他、来店促進・送客・誘導、位置情報に連動したダイナミッククリエイティブなど、シチュエーションに応じた最適な訴求ができます。 結果として蓄積されたデータを統合的に管理したり、活用したりすることは難しかった。

>

クロスロケーションズ、「 Location AI Platform™」の新機能提供開始 位置情報ビッグデータをAI解析し、性別/年代/曜日時間別の行動傾向把握が可能に

Nearはかねてから位置情報データを活用した広告配信プラットフォーム「Allspark」を、日本を含むグローバルで展開。 そのためGPSからの緯度経度情報、ビーコンなど特定地点に設置されたセンサーからの情報、携帯基地局の加入者情報など位置情報の種類や形式が別々に。 サービスは、LAPから抽出した位置情報ビッグデータの解析結果をベースに消費者の行動様式などの要素、SNSのユーザープロファイルを活用したターゲティング情報を組み合わせ、ユーザーを絞った広告の配信を行う。 パートナーからのWi-Fiやビーコン、IoTビッグデータなども統合。 具体的には、新宿歌舞伎町エリアでは約35%、銀座エリアでは約30%の減少率でした。 新型コロナウイルスの影響によって、人々が集まる場所や時間は平常時と変わっているようです。

>

クロスロケーションズ、位置情報から効果的なSNS広告配信サービス

ぜひご参加ください。 一方、インターネットへのアクセスもPCによるダイアルアップ接続からブロードバンドでの常時接続、 そして移動しながらいつでもネットにアクセスできるスマートフォンへと、形態を変えながら進化してきました。 その最初の取り組みとして、TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)が提供するTIS Marketing Canvas の「データ統合・利活用プラットフォーム(ティーアイエスマーケティングキャンバスデータ統合・利活用プラットフォーム)」とソリューション連携を開始します。 詳しくは、媒体資料をご確認ください。 2 スーパーの利用頻度と時間帯変化• 午前6時より人が集まり始め、7時から急増。 次回の調査報告では、2月末の政府による対策方針発表前後での人流比較を3月中旬を目処に行う予定です。 0時代』へと向かっている最中であり、全く新しいデータの世界へ突入しようとしている」という。

>

「位置情報3.0」時代を支えるデータ活用プラットフォームへ、クロスロケーションズが数億円を調達

その他、来店促進・送客・誘導、位置情報に連動したダイナミッククリエイティブなど、シチュエーションに応じた最適な訴求ができます。 また、レトルト食品や冷凍食品の購入が増えており、スーパーの利用頻度が減る中で、日持ちする食品を購入する傾向が高まっています。 小売・流通、外食、不動産などの様々な業種業態で活用されています。 <クロスロケーションズ株式会社について> 「多種多様な位置情報や空間情報を意味のある形で結合・解析・可視化し、誰でも活用できるようにすること」をミッションとしています。 ご希望の場所を Location AI Platformにて解析、その結果をハンズオン形式でご案内いたします。

>

新型コロナの影響で「住宅近隣の公園」で人が増加、3月初旬の位置ビッグデータ解析で

アカウント発行後は、希望する地点・エリア(施設、エリア、丁目など)を設定することにより、日別・時間帯別の変化を随時手元のPC画面で把握することができます。 コロナ流行前と比べて、スーパー1回あたりの購入点数の平均は 8. 注2:心理学的属性。 特に2010年頃から普及が急拡大したスマートフォンが、ひときわ大きな変化を産業や社会に与えたことは周知の事実です。 社名:クロスロケーションズ株式会社(X-Locations Inc. また、その後にはGoogle Japanの戦略事業担当としてグローバルIT企業と携帯キャリアをはじめとする 日本の有力インターネットプレイヤーとの提携促進などに携わってきました。 無料のデモンストレーションもご用意しております。

>