首相 会見。 菅首相会見《渡部を追求した熱意》で質問しない記者に批判

菅首相は“会見偽装”をやめて、ただちに記者会見を開けーー江川紹子の提言

各地で、医師会の皆さんの協力も得てPCRセンターを整備するなど、検査体制を更に拡充していきます。 つまり、8割をそういうところでは大きく上回っている。 今回の決断がもう少し早ければ、今のような感染拡大は防げたのではないかという声もあろうかと思いますが、そうした声にどのようにお答えになりますか。 1日の新規感染者を退院、回復される方、100人の水準以下に抑える必要があると、そのように判断をしたということであります。 公務員と同様でありますので、その理由についてはやはり人事に関することで、お答えを差し控えさせていただい。 同時に世界的なパワーバランスの変化により、国際秩序の在り方が大きく影響を受ける中、基本的価値と法の支配に根差した、自由で開かれたインド太平洋を実現していくことの決意を重ねて強調し、関係諸国との間で具体的な協力を進めることで一致しています。

>

令和2年12月4日 菅内閣総理大臣記者会見

それと、民間の検査会社でやっているのも分かっていますが、実はこれはなかなか複雑でして、病院でやったものを、今、医師会なんかの御協力で保健所を通さないで行くというシステムができたのは皆さん御存じですけれども、入院されている患者さんは退院するまでに数回やることがありますよね。 看護協会は、5万人を超える、現在、現場を離れている看護師の皆さんに協力を呼びかけています。 一方、このアビガンについて処方した、先ほど3,000例の投与の例があるというふうに申し上げましたが、その結果、効果があるという、そういう報告も受けています。 子供たちの学習機会の確保に向けて、地方自体や学校現場と一体となって全力を尽くしていきたいと思います。 加えて、政府が・・・。

>

令和2年4月7日 新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見

5月は、終息のための1か月であり、そして、次なるステップに向けた準備期間であります。 (内閣広報官) それでは、フリーランスの方も今日はおいでいただいていますので、安積さん、お願いいたします。 しかし、スピードはどうなのかということでありまして、今、世界を見ていて、一時スピードが上がっていく、このスピードをどれくらい抑えることができるかということが重要であります。 日本を代表する首相への会見については、幹事社質問の「事前通告」など多くの制約や慣習があることは私もメディアに籍を置く者として理解していた。 私はそう信じています。

>

菅首相記者会見 危機の克服へ明確な方針示せ : 社説 : 読売新聞オンライン

これが、まだ最終的な結果はありませんけれども、これは簡単です。 そういったものに「会見」のラベルをつけて官邸のホームページに掲載するのは、記者会見の「偽装」としかいいようがない。 今後2週間をめどに、業態ごとに専門家の皆さんにも御協力を頂きながら、事業活動を本格化していただくための、より詳細な感染予防策のガイドラインを策定してまいります。 それで実は、今日の専門家会議でも、我々、その中に書いてあって、また今日の記者会見で申し上げますけれども、実は、他の国に比べたら件数が足りない、少ないことは確かですけれども、今の状況を見ますと、徐々にではありますけれども、検体数は増えているのです。 (記者) 今夜中ということですね。 日本中、世界中の企業、研究者の英知を結集して、ワクチン開発、治療薬の開発が進んでいます。

>

小沢一郎氏 菅義偉首相の会見「自慢と自己正当化、自己満足のくだらない朗読会」/芸能/デイリースポーツ online

そのキャパシティーに余裕があるということの中において、どうしてそこを、もしそこでお医者さんが、実際に必要であるのにできなかったということについては、そういう対処をしっかりとやっていきたいという中において、先ほど申し上げましたPCRセンターを今度、東京で12、全国で20設けていくということになりますので、これはもっと進んでいく。 (安倍総理) まずは、英国のジョンソン首相の一日も早い快復を心からお祈りしたいと思っています。 これが最大の責務だ」と強調した。 関連リンク• 日米関係についてお伺いします。 このウイルスの特徴を踏まえ、正しく恐れながら、日常の生活を取り戻していく。 (記者) NHKの松本と申します。 (菅総理) まず、来年度の防衛費でありますけれども、中期防を踏まえて、現在、政府内において検討中でありますけれども、厳しさを増す安全保障環境の下で、国民の命と平和な暮らしを守る、そのために必要な防衛力の整備、これは着実に推進していきたい、このように思います。

>

令和2年4月7日 新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見

まず、菅首相は新型コロナの感染拡大で重症者用病床が逼迫していることについて「強い危機感を持って対応している」と述べ、医療機関や高齢者施設への「最大限の支援」をおこなうことをはじめ、「雇用調整助成金」の特例延長に必要な予算の割り当てや無利子・無担保融資などの延長、ひとり親世帯の追加給付金、地方創生臨時交付金の1. この点について、総理のお考えを聞かせてください。 PCR検査についてお伺いします。 しかし、それと同時に、死亡者という、重症化で、本当に肺炎で亡くなったような人については、もちろん最近、報道で、残念なことに路上で亡くなって、後でPCRで分かったという人がおりますけれども、基本的には、日本の医療体制というのは、肺炎を起こしたような、日本の場合には肺炎のサーベイランスをやってきましたから、肺炎を起こすような人はほとんどがCT検査とかをやられて、その多くはPCR検査をやられてきて、そういう意味では、死亡者のようなものは大体正しい件数がピックアップされていると思います。 その意味で、私たちはある程度の長期戦を覚悟する必要があります。 夜の街でも、言わば8割を上回っているという大変な御協力を頂いています。 先週、文部科学省から、分散登校など、新たな指針をお示ししました。 その中で、PCRの陽性率というのは下がっています。

>