暗黒 兵士。 解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ 1巻ネタバレ ~魔王軍から人間族に移行する冒険者~

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ

失意に暮れ、ダリエルが行き着いた人間の村で彼の楽しくもドタバタなセカンドライフが始まった! あとは武器が完成するまでのんびりして下されればいいだろうとタカを括っていた。 それを阻止するには、今ここで彼女の持っている手紙を奪うか破くかするのが一番手間が少ない。 でも、アナタを説得するにはこれしかないと思ってお話します」 「ある人? 内面?」 「アランツィル。 大丈夫。 何も欠けるもののない幸せな家庭だったそうです」 しかしその幸せは壊された……? 「先代様が魔王討伐のために出撃していた留守を狙い、魔王軍が襲ってきたそうです。 冒険者としての新たな道 ラスク村の人たちに紹介されるが、この村のもう1人の冒険者である「ガシタ」からは受け入れられなかった。

>

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ 1巻ネタバレ ~魔王軍から人間族に移行する冒険者~

そんなところに魔族軍の下っ端がノッカーたちを見張りに来る。 著者紹介 岡沢六十四(作者) おかざわろくじゅうよん 作家。 その長い期間にはもちろん多くのことがありました。 もっと別のものであるのかもしれない。 しかし敵がかどわかしたはずの息子さんは見つからない。

>

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ 1巻ネタバレ ~魔王軍から人間族に移行する冒険者~

」 穏やかでない話題を、勇者はとつとつと語る。 と、同時に唯一信頼していたダリエルのため大歓迎される。 その頂点たる四天王に選ばれる者たちは特に」 そんな誇り高い方々が、敵とはいえその家族を狙うなどと卑劣な手段をとるだろうか? 恐らくは俺が四天王補佐になるずっと前に起こった事件で、実行犯は俺が知らない、先代四天王よりさらに前の四天王だろうが。 マリーカの胸と必要としてくれる場所があるため、この村でお世話になることを決める。 しかしクエストを見ると、マリーカを助けた時の猿の化け物の討伐であった。 「それはアランツィル様が勇者に就任されたばかりのこと。

>

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ

魔王軍の四天王補佐として戦場で。 戦う者同士で殺し合ってこそ闘者の誇りが成立するのではないか? 「『その時から自分は鬼となった』。 ノルティヤがな!」. それでも、平穏な暮らしを求めて村に居続ける。 『お前先代より弱いな』なんてめんと向かって言ったら『アナタはどこで先代の戦いぶりを見たんですか?』って流れになるに違いないからだ。 魔族と思っているダリエルはなんとか拒否をするが、無理やり儀式に。

>

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ 1巻ネタバレ ~魔王軍から人間族に移行する冒険者~

少なくとも先代勇者の猛威を直に見たことのある俺にとって、彼女の腕前はいささか物足りなく感じることも事実。 「勇者こそ替えのきかない唯一の力。 そしてついに、痺れを切らしダリエルがノッカーたちのために登場する。 そしてついにセンターギルドからの便りが来た。 四天王の1人、沃池のドロイエはダリエルの補佐での仕事を褒めていた。

>

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ

生死を懸けた戦場で、命を預けられない仲間ほど無意味なものはない。 私はあくまでアナタ自身の意思で仲間に加わってほしい」 「俺の考えは変わらない。 しかし四天王の称号を得た者が、そんな醜行に走るなど信じたくないし考えたくもない。 しかしダリエルが解毒剤を飲まし、薬草採取のクエストも全部繋がっていてこの世に無駄なコトなんてないこと教える。 様々なことに納得がいった。 手になんかそれらしい書状が握られている。

>

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ

すると早速、モンスターから逃げるガシタと遭遇。 ミスリル鉱山と呼ばれる土地がある。 「随分と手こずっているようだなレーディ」 センターギルドから派遣されてきたのは、やけに体格のいい大男だった。 「センターギルドに連絡して、アナタへ強制徴集状を発してもらいます。 あの御方は、共にパーティを組んでいた女性冒険者と結婚していました。 故にミスリル鉱山の奪い合いは数百年と繰り返されたが魔族に取られた状態であった。

>

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ 1巻ネタバレ ~魔王軍から人間族に移行する冒険者~

俺は俺の大事なものを守るためにラクス村から離れないよ」 「……なら、仕方がありません」 勇者レーディは、手に持っている書状を掲げた。 「アランツィル様は、勇者を務めた期間においても歴代最長を誇ります。 助けを求められ、体当たりで猿と戦うが空腹で力が出ず… 「人間の作った武器に頼るなど魔王軍兵士の恥だが…」と思いながらも、少女が持っていたナイフで昔みた勇者のマネをして簡単に直してしまう。 早速、冒険者としての腕前をマリーカの父が試すが簡単に負けてしまう。 』でデビュー。 ラスク村はミスリルを各地へ運ぶ中継地として賑わっていたが、ミスリルを取れなくなったため衰退してきたことを知る。 旧職場でのヒーロー ラスク村はかつて栄えていた話をマリーカの父から聞く。

>