キース ジャレット。 「観客のせきで集中力がそがれてしまった」 キース・ジャレットさん、コンサート中に何度も演奏中断: J

キース・ジャレットの晩年 · Masayuki Hatta a.k.a. mhatta

約2年間在籍し、主にオルガンやエレクトリック・ピアノを担当した。 『イエスタデイズ:東京2001』 - (2001年4月録音) ECM 2009年(「」におけるライヴ)• 以下は以前に公開された音源 「Part VII」. このアルバムのキースのパフォーマンスの特徴的な要素は、彼が左手の伴奏の反復に頼っていることである。 冒頭の「Opening」に度肝を抜かれる。 2001年4月、東京のオーチャード・ホールと東京文化会館でのライヴ録音。 この演奏については、事前に作曲されたものらしく、完全な即興演奏ではないのだが、そんな事は全く気にならないし、拘る気にもならない。

>

新作『ブダペスト・コンサート』10月30日リリース!

名称「松和のマスター」でつぶやいております。 の作品に参加, 『クロースネス』 - (1976年1月、3月録音) 1976年• 2018年に脳卒中を2回発症して麻痺状態となり、2020年10月の時点でも左半身が部分的に麻痺しており、そのためピアノ演奏に復帰できる可能性が低いことを明かした。 これまでケルンコンサートを代表する完全即興演奏やアメリカンカルテット、ヨーロピアンカルテットでの活動でオリジナル中心の自己の音楽を追求してきたキース・ジャレットがスタンダード曲を演奏するという当時では活気的な作品。 それほど、この「ハートランド」は素晴らしい。 『バックハンド』 - (1974年10月9日、10日録音) Impulse! 『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』 - Johann Sebastian Bach: Goldberg Variations(1989年録音) ECM 1989年• アドリブ展開など、キースのソロが落ち着いている。 明らかに意図的にジャズのリズム&ビートを排除しているように聴こえる。 ヨーロッパの伝統的な音楽に影響された民族チックな演奏が特徴的で、はじめて聞いた時は「これはジャズなのか?」とも思いましたが、そういった面でもジャズの懐の広さを教えてくれるアルバムでもあります。

>

キースジャレットのおすすめの名盤7選!一度は聴いておきたい天才の奏でる音楽!

『バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻』 - Johann Sebastian Bach: Das Wohltemperierte Klavier, Buch I(1987年録音) ECM 1988年• 12更新。 この『Paris Concert』は収録されたパフォーマンスのバランスがとても良い。 "Honky Tonk"(1970年5月録音)『ゲット・アップ・ウィズ・イット』 - (1970年5月~1974年10月録音コンピレーション) Columbia 1974年(CD 2枚組)• 基本的にデッドなスタジオ録音なので、エコーは浅い。 ですが、これは傲慢ではなく、キース・ジャレットの「何もない、静寂の中から音をつむぎ出して即興演奏をする」というスタイル故のものです。 『サン・ベア・コンサート』 - (1976年11月録音) ECM 1978年(ライヴ。 合間合間にソロ・ピアノという活動が定着していく。 - テナー・サックス、ソプラノ・サックス• まあ思い込みと言われればそれまでの話なのだが、元々エヴァンスがそれほど好きではなかった人間(俺だよ俺)に、音楽そのものの力だけで半ば強引に考えを変えさせたというのは、ある意味客観的なプロセスだったのではないかとも思う。

>

キース・ジャレットの新作アルバム『Budapest Concert』から「Part VIII」公開

その曲は、素晴らしい美しさを放つ右手の鮮やかな旋律によって瞑想的な雰囲気で始まる(演奏途中で、キースはメロディを歌っている)。 1』 - (1983年1月11日、12日録音) ECM 1983年• 02 更新。 前作『Paris Concert』のアンコールの様な、ジャジーなソロ・パフォーマンスは微塵も無い。 『アフター・ザ・フォール』 - After the fall(1998年録音) ECM 2018年(ライヴ。 この時の状況をキースジャレットはこのように回想してます。

>

キース・ジャレット 2度の脳卒中でまひ残る 公演活動への復帰は困難か

CD 2枚組。 550(1994年~録音) ECM 1996年• 代わりのピアノを用意する時間がないと聞いた時、キースはコンサートを中止すると告げた。 考えられん」「マナー守れない人が多くて泣ける。 の作品に参加, 『ヌー・ハイ』 - (1975年6月録音) ECM 1976年• バイオグラフィ [ ] 出生・活動初期 [ ] にて出生。 見事な表現者である彼は、その音楽スキルと最高に流暢な表現力を使って、即興ピアノの世界を作り上げ、我々を別の世界に連れ出してくれる。 20,297件のビュー• キースのソロ・パフォーマンスには珍しく、メジャー・キーを多く採用したフレーズが、バリエーション豊かに出てくるので、アルバム全体の雰囲気はポジティヴで明るい。

>

キース・ジャレット

もう一つのバンドである通称「ヨーロピアン・カルテット」はパレ・ダニエルソン、ヨン・クリステンセン、そしてジャレットと並びECMを代表するミュージシャンであるという3人の北欧出身ミュージシャンを擁するカルテットで、ECMに5つの作品を残した。 (ほとんどは日本でのコンサートです) 1曲だけアップさせてもらいます。 このツアーでのコンサートは全てアイヒャーによってレコーディングされ、そのうち6公演が後にLPレコード10枚組という大作『サンベア・コンサート』に収められている。 クリスタルでクリアで超絶技巧なクラシック・ピアノの様な展開」。 どこか諦念感が漂う感じがとても気になる。

>