嶺 上 開花 と は。 嶺上開花(リンシャンカイホウ)

嶺上開花とは

関連イラスト. すなわち嶺上開花、海底自摸和にツモ2符を加算しないルールは、中国麻雀に由来する。 4連続カンして、嶺上牌で和了した場合は、四連開花として、役満となります。 カン材が嶺上牌でツモった牌でなければならない。 一翻だが嶺上開花と複合するため実質二翻。 。 ツモ 上記のようにポンしている牌を引いてきて 加槓をした場合でも同様です。 大明槓の責任払いについて 通常ですと、大明槓による責任払いはありませんが・・・、 大明槓による嶺上開花による和了りを、責任払いとするローカル・ルールが存在します。

>

『カン振り(槓振り)』とは? 『リンシャンカイホー(嶺上開花)』『チャンカン(槍槓)』との違いとは?

上位役が成立する場合、下位役である嶺上開花は成立しません。 では、が嶺上開花に関わるのようなものを持っている「」が有名である他、 後述のを利用して本来あり得ないところから放を引っり出すとしてちょくちょく登場する。 搶槓 チャン カン をされるリスクがある 明槓で晒した牌は ロンの対象になり、その牌で ロンをすると搶槓 チャン カン という役がつきます。 筒子に関しましても、「貨幣の形状」を表していると言われていることから、「数牌」はお金にまつわるものが由来となっていることが一説としてあります。 槓振り 槓をした際の捨て牌に対して ロンをすると成立する役です。

>

嶺上開花とは

ただし、他家にも同様のメリットを与える事になるので、そこは注意が必要です。 嶺上開花 リンシャンカイホウ とは、麻雀の役の一つですが、あまり聞きなれない役ですよね。 しかし清麻雀発生当初(1850年頃?)には、多くの 符役 符だけを取得するアガリ が存在した。 明槓: (他家の捨て牌をカン) 嶺上牌: 暗槓:持っている 4枚 嶺上牌: 五筒開花と連開花を採用している場合、五筒開花 2翻+連開花 2翻= 合計4翻となります。 嶺上符から、嶺上開花という翻に格上げされた経緯を考え、ツモ符0とする場合もある。 嶺上開花=槓をして嶺上牌でツモアガる リンシャンツモ 成立する例 リンシャンカイホウは、槓をしてツモってきた嶺上牌でアガることができればどのような形でも成立します。 この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。

>

嶺上開花(リンシャンカイホウ)で最高のツモアガりを!基本を徹底解説!

概要 その役の性質上、成立時に放銃者がいないため、形式的にはの一種として扱われる。 カンは4枚1組を1グループとするので、そのまま捨てると枚数が1枚足りなくなります。 9倍役満:頭槓和、四連開花、超四喜、字一色、四槓子、四暗刻 単騎! 4連続嶺上ツモ: 嶺上開花は、最低30符 副底20符+嶺上ツモ和了0~2符+槓子最低8符+雀頭最低0符+待ち最低0符・・・ 最低は30符ですが、必ず槓子が入るという特性上、和了した場合、符が通常の手よりも多くなります。 ですがその分インパクトも大きく、槓ドラなどによる打点向上も見込めます。 そのが発生する条件の一つに「他の捨てをし、それによる嶺上で嶺上開花が発生した場合、 されたを捨てた人のにする」と言うがある。 TOPに戻る:. これが、カンに対して認められるロン和了りですが・・・ 国士無双に限っては、暗槓の場合でもロン和了りすることが可能です(正規のルール) 大明槓の場合には、ロン和了りされることはありません。 カンをするとツモの他に牌を1つ補充しますが、補充する場所は以下の図の場所です。

>

『カン振り(槓振り)』とは? 『リンシャンカイホー(嶺上開花)』『チャンカン(槍槓)』との違いとは?

なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族がギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。 この場合の嶺上牌で自摸アガった場合、基本的には嶺上開花は 採用されるルールが一般的です。 という決まりはありません。 麻雀役一覧• カンについては、暗槓のほか、 明槓や加槓も認められます(頭槓和は、加槓不可) 手中の4枚牌のカンも認められます。 無論、超常的な運を持っている方、何か場の気配を感じるような能力のある方は、遠慮なく狙ってみてください 笑• (1回目は、暗槓、明槓、加槓を問わない) 4回連続でカンをして、嶺上和了りをした場合、 四連開花の役満となります。 点数を離されていて、一発逆転が必要な時は、槓ドラにかける手もありです。

>

嶺上開花(リンシャンカイホウ)をマスターしよう!

天和・地和など暗槓による嶺上開花だと成立しませんが、頭槓和があるなら、同じように役満となります。 嶺上開花がない時代は、嶺上符4符として扱い、通常のツモ符2符を付かない形としていた。 嶺上開花 リンシャンカイホウ とは? 麻雀の役「嶺上開花」とは カンした際に自摸る嶺上牌で自摸アガると成立する役 です。 点数の授受も通常のツモ和了と同様に行う。 2回の槓は同巡内で行わなければなりません。 カンをした牌を公開する• (2)嶺上開花の2符 現在でも嶺上開花のときツモの2符をつけないルールがある。

>

『カン振り(槓振り)』とは? 『リンシャンカイホー(嶺上開花)』『チャンカン(槍槓)』との違いとは?

嶺上牌から自摸 ツモ できる 単純に ツモをする回数が一回増えるというメリットです。 但し 近年は槓ドラ即乗りのルールが多い。 したがって「カンヅモ(槓自摸)」と言われることがあります。 一人で4回カンをしている場合は5つ目のカンで流局します。 1飜役 嶺上開花(リンシャンカイホウ) カン直後の補充した牌であがると成立 槓のあとにツモする嶺上牌で和了できた場合につく役です。

>

麻雀役 役満と役・ローカル役の一覧表 嶺上開花・五筒開花・連開花・頭槓和

その場合、槓は行っていませんが「嶺上牌でツモアガる」という条件を満たしているため、リンシャンカイホウが成立します。 点数の授受も通常のツモ和了と同様に行う。 ……であるの得意技である• あらゆるカンが対象となります。 やはり嶺上開花は運でつく役、おまけだと思った方が良さそうです。 けど、それだけじゃたったの1翻なんですよね。

>