鎌倉 時代 霜月 騒動 で 滅ぼさ れ た 有力 御 家人 は。 面白ほどわかる霜月騒動!簡単にわかりやすく解説【御家人代表の安達泰盛VS内管領の平頼綱】

【霜月騒動】御内人と御家人の戦い・平頼綱、安達泰盛を滅ぼす

一方で、御家人の収入は減るばかり。 鎌倉時代は、母方の一族同様に、乳母の一族も権力を握る傾向にありました。 泰盛の次子盛宗は、九州での訴訟を担当するため博多に下向していましたが、同地で殺害されました。 やがて泰盛が出仕したところで、彼を攻撃。 戦いの結果、安達氏側の景資が負け、頼綱側の兄の経資が勝利しました。 北条家というより内管領の平頼綱と有力後家人・安達泰盛との争いです。 時代は流れ、鎌倉中期。

>

鎌倉時代の政治についてわかりやすく【9】得宗専制政治と追い詰められた御家人の怒り

この項目は、に関連した です。 霜月騒動とは 霜月騒動とは、1285年(弘安8)12月14日(当時の暦では11月17日)、8代執権の北条時宗が死去したあと、 有力御家人の安達泰盛と北条氏得宗家に仕えていた平頼綱の間で起きた対立のことです。 泰盛の弟重景は常陸国で、城太郎左衛門尉は遠江国でそれぞれ自害します。 その影響は地方にも及んだ。 安達一族の 安達泰盛は、執権を握る 北条氏得宗家(北条氏の跡取りの家系)と外戚関係で、幕府の重要な役職に就いて、政治を支えていました。 北条得宗家と直接主従関係を結ぶ御内人から見れば、御家人などはただの陪臣(臣下の臣)。 所領を失えば御家人自身が困窮し、満足な奉公もできなくなります。

>

面白ほどわかる霜月騒動!簡単にわかりやすく解説【御家人代表の安達泰盛VS内管領の平頼綱】

安達氏の基盤である・の御家人の被害は多く、武蔵では武藤少卿左衛門、では安達宗顕、では安達重景、では伴野彦二郎盛時らが自害した。 なぜなら、霜月騒動を鎌倉での偶発的な衝突とするには、犠牲者やその余波が大きすぎるからです。 まとめ ・有力御家人の安達泰盛と北条氏得宗家の御内人である平頼綱の間で起きた対立を 「霜月騒動」という。 (平禅門の乱). 8代執権・時宗の死後、9代執権・貞時の外戚(母の異母兄であり養父)にあたる安達泰盛が、14歳の貞時に代わり幕府政治を担っていました。 『北条時宗と蒙古襲来』 NHK出版、2000年。 『北条時宗』 〈人物叢書〉、2001年。 御家人と同じ「侍」という身分ですが、幕府の御家人として奉公していない「非御家人」と呼ばれる人々がいたのです。

>

【霜月騒動とは】わかりやすく解説!!背景や経過・その後・鶴丸国永について

弘安徳政では、弘安新式目という100カ条あまりを御成敗式目に追加したことが大きな成果でした。 11月だったので「 霜月騒動 しもつきそうどう 」と呼ばれています。 霜月騒動のとき、鶴丸国永は安達泰盛の孫にあたる安達貞泰が持っていたとされていますが、霜月騒動に敗れてしまったため、鶴丸国永は北条貞時の手に渡ってしまいました。 『』 脚注 [ ]• (北条 時宗 出典:Wikipedia) 鎌倉幕府では泰盛を筆頭とする御家人勢力と、頼綱を筆頭とする北条氏得宗家を支持する勢力が対立していました。 こうして対立した二つの勢力は、自分たちの城である岩門城で合戦を始めます。 関連項目 [ ]• 背景 [ ] 5年()正月、の使節がを来訪、蒙古()への服属を求める内容の国書が鎌倉へ送られる。 1284年(弘安七年)4月4日、8代執権北条時宗が死去すると、9代執権に北条貞時が就任します。

>

鎌倉の歴史ー霜月騒動 /鎌倉ぶらぶら

頼綱の意図を感じ取ったのか、泰盛は周囲が騒がしいことを不審に思い、貞時の屋敷へ出かけたところを、頼綱率いる御内人の軍に囲まれてしまいました。 御家人を救わなければ、「蒙古襲来」という未曽有の国難に対応できない事情があったのです。 鎧兜や刀など売れるモノは売ってしまう事態に発展します。 この背景には、泰時の頃のような御家人たちの贅沢を戒めるという意味合いではなく、 無足の御家人が大きな問題となっていたからでした。 九州では泰盛の子がで敗死した。 さらに、安達泰盛は御家人の筆頭で、平頼綱は御内人の筆頭でもありました。 これを執権と呼びます。

>

面白ほどわかる霜月騒動!簡単にわかりやすく解説【御家人代表の安達泰盛VS内管領の平頼綱】

相手が非御家人・凡下(庶民、農民、商工業者など)の場合は、売却後何年経っていようとも無償返還。 『北条時宗と蒙古襲来』 、2000年。 貞時にとって父のような存在である頼綱の言うことであれば、貞時も頼綱の言うことは間違いないと信じてしまいます。 そして 平頼綱は安達氏と関係のある御家人を徹底的に粛清した。 ところが、御家人たちはあろうことか、「所領」を非御家人・借上・凡下に質に入れしたり、売却したりして銭を調達していたのです。 後に復帰した• なお、北条時輔は逐電したとの説もある。 幕府は、1240年に「御恩の地」「私領」の 「売買」を禁止していますが、1267年に「御恩の地」「私領」の 「譲与」も禁止したのです。

>

鎌倉時代の政治についてわかりやすく【9】得宗専制政治と追い詰められた御家人の怒り

同年5月には、「たとえ私領であっても(御恩の地でなくても)、凡下・借上・非御家人に売却してはならぬ。 御家人たちの分不相応な生活によって動揺し始めたのです。 「山僧」は、坊主をしながら高利貸しを行っていたのですが、どういうわけか御家人は彼らを代官に任命します。 (『北条時宗と蒙古襲来』NHK出版)は、事件のなりゆきを「名分のない殺戮に批判が巻き起こり、慌てて身内(御内人)を犠牲にして取り繕った」と見ている。 ・将軍の権威を復活させ、北条氏得宗家と御内人の権力を抑えようとした弘安徳政を頼綱は良く思っていなかった。 京都大番役などで上京した御家人は、京都や西国でぜいたくを覚え、生活が派手になっていきました。 弘安合戦、 安達泰盛の乱、 秋田城介(あきたじょうのすけ) の乱ともいう。

>