兵隊 やくざ。 兵隊やくざ : 作品情報

続・兵隊やくざ : 作品情報

私、お金もらえんと気分でないのよなどと言うので、大宮が諦めて帰りかけると、バカ!と言って引き止め、私もあんたが好き!と抱きついて来る。 部隊を乗せた列車は切り離され、有田と貴三郎の乗った機関車は荒野をまっしぐらにばく進していった。 しかし、お町は子供を身籠るような相手もおらず、日頃から外出と言えば尼寺・海山寺にお茶、お花を習いに通っていただけだった。 すると、木崎軍曹(橋本力)が、何故寝取ると聞きに来たので、有田は、腹が痛み盲腸らしいと答え、こいつは?と大宮の方を聞くと、大宮は急に、アバ〜!バ〜バ〜などと意味不明なことを言いだしたので、こいつは頭に来たようです。 各房内の点呼が始まるが、大宮が頑として番号を言おうとしないので、大宮は罰として、銃を背中に衣紋掛けのように担ぎ、1600回も廊下を往復して歩かされる。 お前は俺のために脱出するのか?と聞くと、否、俺もシャバに出たいし、身替わりになっている奴の家族の面倒も見ないと行かないと大宮は言う。 佐々木班長が、お前を身請けして内地に帰ると言っているぞと有田が教えると、あんな奴、お断りよと珠子は言い、沢村も内地に帰りたがっていたんだ。

>

続・兵隊やくざ : 作品情報

晩飯と煙草を持って来てやった有田は、出られるぞ、明後日だ。 沢村が死んだよと教えると、どうして死んだんです?と大宮が聞くので、夕べ、逃亡しようとして撃たれたそうだ。 誰か無断で持ち出し外出した奴がいると言う。 この町で降りませんか?遊んで行きましょうよ、これからは看守付きじゃないんですからなどと大宮は言い出すが、有田は、永井の顔を潰す訳にはいかんと断る。 問題はいっぱい。

>

兵隊やくざ脱獄

興奮した大宮は、侮辱されて黙っていられるか!警察と憲兵は大嫌いだ!と吐き捨てる。 1967年製作/89分/日本 配給:大映 ストーリー 昭和二十年の北満。 ある日、戦況の悪化から大陸の戦線を縮小する方針がとられ、木崎部隊は各部隊の転進作戦を成功させることと、通過地点の孟家屯に増援部隊を送ることに決った。 (1969年)• (1961年)• 丸々一家とか言う奴だ。 ここは敵前である。 第1作『兵隊やくざ』 - 第8作『兵隊やくざ 強奪』はやが発売されている。 翌朝、大宮は、有田に肩を貸しながら丘に登って来る。

>

兵隊やくざ

だがやがて二人は北支の最前線にある独立守備隊へ逆もどりとなった。 製作主任 :• もう軍隊から逃げられん。 怪我はさせるな。 永井中尉(中谷一郎)は、検事に聞いて来たが、相当なことをしたなと有田に話しかけ、死刑にはせん。 夜の闇に紛れ、近くの鉄道までたどり着いた2人は、追手もいないことに気づき一安心するが、次の瞬間、周囲の草むらから憲兵たちがずらりと姿を現す。 引き受けてくれと一方的に命じられてしまう。 それを聞いていた大宮は、少しくらい運び出しても分からんでしょうなと興味ある風を装うが、豊後は突然、あんたらほんまは浪花節語りやないやろ?兵隊やろ?脱走兵か?兵隊は匂いで分かるんや。

>

【無料配信】映画「兵隊やくざ」の高画質フル動画!dailymotion/パンドラも

部屋に戻って来た有田は、阿部に、班長、席を外してくれ、大宮の身柄は俺が預かっているので、ここは任せてもらおうと言う。 すまんなと感謝する有田に、いいわね、あなたたちは…。 沢村には愛妻もいる。 ある日、起床の号令がかかっても、大宮が起きようとしないので、有田が起こそうとすると、バカバカしいから寝ています。 『 兵隊やくざ』 : 監督増村保造、1965年• 有田は、急いで、腹痛なので厠に行くと言って出て行く。 私と大宮は、再び軍隊からの脱出を計った(と4242部隊からトラックで脱出する前作のラストシーンをバックに有田の声) タイトル 荒野を走っていたトラックは途中で停まってしまい、どうやらガソリン切れのようだったので、大宮一等兵(勝新太郎)と有田上等兵(田村高廣)は歩ける所まで歩いてみることにする。 いよいよソ連が参戦して来た歴史的な背景の中、有田と大宮の堅い絆はどう言う運命を辿るのか…? 大宮のおとぼけ演技も絶好調で、それを、田中邦衛、中谷一郎、草薙幸二郎、小川真由美と言ったゲスト陣がしっかり支えている。

>

兵隊やくざ 俺にまかせろ : 作品情報

それでも大宮は聞きそうにもなかったので、有田は阿部班長に、俺たち3年兵を集めてくれ、向うは兵隊集めて来るはずだと頼む。 その後「いろは」にやって来た有田は、今日は公用だと断ると、炊事班長の事を知らないかと音丸に聞く。 お待ちしてましたよ。 「日本が勝ち進んでいるのは天皇陛下のおかげ」とか、何かにつけて天皇陛下を賛美する声もあるが、どこか虚しく響く。 部隊に帰って来た佐々木は、出発は午前8時、我が監視哨は黒龍江支流を挟んでソ連と向かい立っている場所にあり、300m置きに4カ所ある。 製作 :• 有田は幼な友達の田沼がかつて出世のために一人の女を自殺に追いやったことを知っている。

>

兵隊やくざ脱獄

逃亡をしようとしたのである。 今回改めて観ていると、同じ勝新太郎主演の「悪名」の八尾の朝吉が、出征して軍隊生活を送っている間の物語のようにも見える。 やがて、夏が過ぎ、秋が来た。 1日目は1時間に4kmのペース、2日目になると、1時間に6〜8kmのペースで駆け足状態になり、早くも大宮はバテ始める。 途中でそれに気づいた大宮は戻ろうとするが、珠子は、私より上等兵の方が好きなの?と止めようとする。 ある日、自由奔放な大宮は、砲兵隊の兵士と浴場で乱闘騒ぎを起こす。 石井は、大宮を殴ろうとするが、手では聞かないので、棒を持って殴ろうとするが、その右腕を大宮に掴まれてしまい、大宮は、つまんだだけですと言う。

>