日本 植物 病理 学会。 Home page of Phytopathological Society of Japan

Phytopathological Society of Japan :: 会長より

2020年5月1日 日本植物形態学会3賞受賞候補者の募集を開始しました。 2019 平成31 年度 児玉 基一朗 Motoichiro KONDO Alternaria属菌の病原性進化に関する研究 中島 隆 Takashi NAKAJIMA ムギ類赤かび病によるかび毒汚染低減に関する研究 月星 隆雄 Takao TSUKIBOSHI 日本における飼料作物に生息する病原糸状菌の分類・同定に関する研究 2018 平成30 年度 近藤 則夫 Norio KONDO アズキの土壌伝染性病害を引き起こす複数種病原の生態と病原性分化に関する研究 桑田 茂 Shigeru KUWATA 植物ウイルスの病原性変異機構に関する研究 高松 進 Susumu TAKAMATSU うどんこ病菌の進化および分類同定に関する研究 2017 平成29 年度 石川 雅之 Masayuki ISHIKAWA タバコモザイクウイルスの複製機構に関する研究 岩井 久 Hisashi IWAI 南部日本で発生する植物ウイルス病の診断と遺伝子解析に関する研究 鈴木 信弘 Nobuhiro SUZUKI マイコウイルス研究の新展開 2016 平成28 年度 相野 公孝 Masataka AINO 植物内生細菌を利用したナス科青枯病の生物防除に関する研究 曵地 康史 Yasufumi HIKICHI 感受性の成立に関わる植物病原細菌と宿主植物の相互作用研究 佐藤 豊三 Toyozo SATO 植物病原糸状菌の形態と分子系統に基づく分類同定および宿主特異性等に関する研究 2015 平成27 年度 景山 幸二 Koji KAGEYAMA 卵菌類病原菌の分類学・生態学的研究 竹中 重仁 Shigehito TAKENAKA 生物防除微生物 Pythium oligandrumの病害抑制機構解明に関する研究 田代 暢哉 Nobuya TASHIRO EBCの概念に基づいた果樹病害防除技術の改善に関する研究 2014 平成26 年度 川北 一人 Kazuhito KAWAKITA 植物の防御応答におけるNO機能に関する研究 増田 税 Chikara MASUTA キュウリモザイクウイルスとそのサテライトRNAの分子生物学的研究 澤田 宏之 Hiroyuki SAWADA Agrobacterium属および Pseudomonas属植物病原細菌の分類と進化に関する研究 2013 平成25 年度 石川 成寿 Seijyu ISHIKAWA 生物農薬の開発ならびにイチゴ炭疽病に対する環境に配慮した防除技術の構築 夏秋 啓子 Keiko NATSUAKI 熱帯作物の病害に関する研究 大島 一里 Kazusato OHSHIMA ポティウイルスの分子進化的研究 2012 平成24 年度 瀧川 雄一 Yuichi TAKIKAWA 植物病原細菌の同定と分類に関する研究 植松 清次 Seiji UEMATSU 花き類・野菜の病害の分類・同定と防除に関する研究 吉川 信幸 Nobuyuki YOSHIKAWA 落葉果樹ウイルスのゲノム構造と機能に関する研究 2011 平成23 年度 生井 恒雄 Tsuneo NAMAI イネいもち病菌レースの分化およびいもち病の環境保全型防除に関する研究 夏秋 知英 Tomohide NATSUAKI 弱毒ウイルスの分子作用機構に関する研究 對馬 誠也 Seiya TSUSHIMA イネもみ枯細菌病の発生生態と防除に関する研究 2010 平成22 年度 有江 力 Tsutomu ARIE 土壌伝染性フザリウム菌の発病機構と分子系統解析に関する研究 小泉 信三 Shinzo KOIZUMI イネいもち病抵抗性の持続的利用に関する生態学的・遺伝学的研究 大木 理 Satoshi OHKI キュウリモザイクウイルスの感染動態に関する研究 2009 平成21 年度 秋光 和也 Kazuya AKIMISTU カンキツと Alternaria属菌間の相互反応に関する分子生物学的研究 一瀬 勇規 Yuki ICHINOSE Pseudomonas syringaeの鞭毛を介した植物相互作用の研究 土佐 幸雄 Yukio TOSA 植物病原糸状菌における種特異的寄生性の遺伝学的解析 2008 平成20 年度 奥野 哲郎 Tetsuro OKUNO ダイアンソウイルスの分子病理学的解析 佐野 輝男 Teruo SANO 本邦に発生するウイロイドの研究 高橋 英樹 Hideki TAKAHASHI キュウリモザイクウイルス-宿主植物の相互作用に関する分子生理学的研究 2007 平成19 年度 堀江 博道 Hiromichi HORIE 各種園芸作物病害の診断と生態及び防除に関する研究 西口 正通 Masamichi NISHIGUCHI 弱毒ウイルスに関する基礎研究 寺岡 徹 Tohru TERAOKA イネ・いもち病菌の相互認識機構に関する研究 2006 平成18 年度 阿久津 克己 Katsumi AKUTSU 植物病害のバイオコントロール技術ならびに遺伝子工学的防除技術の開発に関する研究 内藤 繁男 Shigeo NAITO リゾクトニア属菌の完全、不完全世代の生態学的研究 朴 杓允 Pyo Yun PARK 植物の感染応答反応に関する電子顕微鏡的解析 2005 平成17 年度 荒瀬 榮 Sakae ARASE 変異イネを利用したいもち病菌の病原性及びイネの病害抵抗性に関する研究 久保 康之 Yasuyuki KUBO ウリ類炭そ病菌の付着器侵入機構に関する研究 那須 英夫 Hideo NASU 落葉果樹病害の生態解明と防除法の普及 2004 平成16 年度 石井 英夫 Hideo ISHII 植物病原糸状菌の薬剤耐性に関する研究 松本 直幸 Naoyuki MATSUMOTO 病原糸状菌の個体群構造の解析とその防除への対応 土屋 健一 Kenichi TSUCHIYA ナス科植物青枯病菌及び関連植物病原細菌の分子系統学的研究 2003 平成15 年度 加来 久敏 Hisatoshi KAKU 植物病原細菌の遺伝的多様性・ゲノム解析及び感染機構に関する研究 大村 敏博 Toshihiro OMURA 東南アジアの数種イネウイルスに関する分子生物学的研究 柘植 尚志 Takashi TSUGE Alternaria alternata の病原性遺伝子に関する研究 2002 平成14 年度 堀野 修 Osamu HORINO イネの白葉枯病抵抗性機構に関する研究 難波 成任 Shigetou NAMBA ファイトプラズマに関する分子生物学的研究 上田 一郎 Ichiro UEDA イネ萎縮ウイルスゲノムの構造と機能に関する研究 2001 平成13 年度 小金澤 碩城 Hiroki KOGANEZAWA リンゴのウイロイド病に関する研究 森田 昭 Akira MORITA ビワがんしゅ病の病原細菌、発生生態および防除法に関する研究 玉田 哲男 Tetsuo TAMADA ビートえそ性葉脈黄化ウイルスに関する研究 2000 平成12 年度 百町 満朗 Mitsuro HYAKUMACHI 土壌伝染性植物病原菌の生物防除に関する研究 菊本 敏雄 Toshio KIKUMOTO ハクサイ軟腐病の発生生態と生物防除に関する研究 尾谷 浩 Hiroshi OTANI 植物病原菌の宿主識別と宿主特異的毒素の作用機構に関する研究 1999 平成11 年度 古澤 巖 Iwao FURUSAWA ブロムモザイクウイルスに関する分子生物学的研究 西山 幸司 Koushi NISHIYAMA 植物病原細菌の分類および病原性毒素に関する研究 鳥山 重光 Shigemitsu TORIYAMA イネ縞葉枯ウイルスに関する研究 1998 平成10 年度 本田 雄一 Yuichi HONDA 光質利用による病害防除の先駆的研究 髙浪 洋一 Yoichi TAKANAMI キュウリモザイクウイルスに関する分子生物学的研究 露無 慎二 Shinji TSUYUMU 植物病原細菌の病原性関連因子の分子生物学的解析 1997 平成09 年度 道家 紀志 Noriyuki DOKE ジャガイモ疫病における宿主の生体防御機構と寄生性制御に関する研究 眞山 滋志 Shigeyuki MAYAMA エンバク冠さび病特異的抵抗性発現に関わるファイトアレキシンの細胞・生理・遺伝学的研究 渡邊 恒雄 Tsuneo WATANABE 植物の土壌病害に関与する糸状菌の分類・同定と生態に関する研究 1996 平成08 年度 小島 誠 Makoto KOJIMA 日本に発生するルテオウイルスに関する研究 大橋 祐子 Yuko O-HASHI 感染特異的タンパク質の分子生物学的研究 富樫 二郎 Jiro TOGASHI 野菜類軟腐病細菌の疫学的研究 1995 平成07 年度 稲葉 忠興 Tadaoki INABA べと病菌の生理・生態に関する研究 亀谷 満朗 Mitsuro KAMEYA 日本および東南アジアに発生する野菜・マメ類ウイルスの同定・分類に関する研究 白石 友紀 Tomonori SHIRAISHI エンドウ褐紋病菌病原性因子の作用機構に関する研究 1994 平成06 年度 一谷 多喜郎 Takio ICHITANI ピシウム病菌の生態に関する研究 三浦 春夫 Haruo MIURA 抗生物質耐性いもち病菌の生態学的研究 佐古 宣道 Nobumichi SAKO ポティウイルスのアブラムシ非永続伝搬機構の解明とその血清学的研究 1993 平成05 年度 日比 忠明 Tadaaki HIBI 植物プロトプラストならびに電気細胞操作法を用いた植物ウイルス感染実験系の開発に関する研究 平野 和弥 Kazuya HIRANO 線虫病と他病害との複合病に関する一連の研究 吉野 嶺一 Reiichi YOSHINO イネいもち病菌の侵入動態ならびに発生生態に関する研究 1992 平成04 年度 江原 淑夫 Yoshio EHARA 植物ウイルスに対する宿主の応答に関する研究 井上 成信 Narinobu INOUYE 花き園芸植物特にラン科植物のウイルス病に関する研究 高橋 壯 Tsuyoshi TAKAHASHI 植物のウイロイド感染症に関する研究 1991 平成03 年度 浅賀 宏一 Koichi ASAGA イネ品種のいもち病に対する圃場抵抗性に関する研究 久能 均 Hitoshi KUNOH うどんこ病菌感染過程の細胞学的研究 松山 宣明 Nobuaki MATSUYAMA イネの諸病害特にいもち病に関する菌学的・病理化学的基礎研究 1990 平成02 年度 日比野 啓行 Hiroyuki HIBINO 日本および東南アジアに発生するイネのウイルス病に関する研究 比留木 忠治 Chuji HIRUKI 植物ウイルス・ウロイド及びMLOの同定と診断に関する研究 柳瀬 春夫 Haruo YANASE リンゴ高接病に関する研究 1989 平成01 年度 木村 郁夫 Ikuo KIMURA イネ萎縮病ウイルスに関する研究 木曽 皓 Akira KISO 野菜病害の診断と薬剤防除技術の改善に関する研究 小川 奎 Kei OGAWA サツマイモつる割病の生物的防除に関する研究 1988 昭和63 年度 千葉 末作 Suesaku CHIBA イネいもち病の発生要因と病勢進展の予測に関する研究 長井 雄治 Yuji NAGAI 野菜類ウイルス病の防除に関する研究 土崎 常男 Tsuneo TSUCHIZAKI マメ科植物ウイルスおよびカンキツトリステザウイルスに関する研究 1987 昭和62 年度 濱屋 悦次 Etsuji HAMAYA 組織培養法によるウイルス罹病植物の無毒化に関する先駆的研究 飯島 勉 Tsutomu IIJIMA トマト半身萎ちょう病に関する研究 石崎 寛 Hiroshi ISHIZAKI 殺菌剤の作用機作に関する研究 1986 昭和61 年度 大内 成志 Seiji OUCHI 植物病害における抵抗性ならびに受容性の誘導に関する研究 加藤 喜重郎 Kijuro KATO 各種園芸作物の新病害発見と防除法に関する研究 久保 進 Susumu KUBO タバコウイルス病に関する研究 1985 昭和60 年度 羽柴 輝良 Teruyoshi HASHIBA イネ紋枯病の発生生態に関する研究 藤井 新太郎 Shintaro FUJII イネえそモザイク病に関する研究 山口 昭 Akira YAMAGUCHI 果樹類ウイルス病の防除に関する研究 1984 昭和59 年度 駒田 旦 Hajimu KOMADA 土壌伝染病フザリウム病に関する研究 山口 富夫 Tomio YAMAGUCHI イネいもち病および紋枯病の発生生態に関する研究 生越 明 Akira OGOSHI リゾクトニア属菌の分類学的研究 1983 昭和58 年度 八重樫 博志 Hiroshi YAEGASHI いもち病菌の完全世代に関する研究 栃原 比呂志 Hiroshi TOCHIHARA 野菜・花卉ウイルス病の病原学的研究 下村 徹 Toru SHIMOMURA タバコモザイクウイルスによる局部病斑の形成に関する研究 1982 昭和57 年度 津山 博之 Hiroyuki TSUYAMA ハクサイ軟腐病菌の生態に関する研究 加藤 肇 Hajime KATO イネいもち病の疫学的研究 荒木 隆男 Takao ARAKI 紫紋羽病および白紋羽病の発生と土壌条件に関する研究 1981 昭和56 年度 野中 福次 Fukuji NONAKA 植物病害抵抗性の機作とくにファイトアレキシンに関する研究 宮川 経邦 Tsunekuni MIYAKAWA ウィルスおよび類似病原によるカンキツの異常症状の解明に関する研究 斉藤 正 Masashi SAITO 施設栽培における野菜病害の発生生態と防除の効率化に関する研究 1980 昭和55 年度 谷 利一 Toshikazu TANI エンバク冠さび病菌の寄生性に関する病態生理学的研究 梶原 敏宏 Toshihiro KAJIWARA べと病菌の感染機構に関する研究 山田 昌雄 Masao YAMADA イネいもち病菌レースの生態学的研究 1979 昭和54 年度 斉藤 康夫 Yasuo SAITO イネおよびムギのウイルス病に関する研究 岩田 吉人 Yoshito IWATA 国際協力を通じわが国の植物病理学の発揚と相手国植物病理学の発展に対する寄与 日浦 運治 Unji HIURA イネ科植物うどんこ病菌の病理遺伝学的研究 1978 昭和53 年度 西原 夏樹 Natsuki NISHIHARA 牧草病害に関する一連の研究 大畑 貫一 Kan-ichi O-HATA イネ穂枯れに関する研究 成田 武四 Takeshi NARITA 北海道における農作物の病害 1977 昭和52 年度 渡辺 文吉郎 Bunkichiro WATANABE 白紋羽病およびリゾクトニア病に関する一連の研究 奥 八郎 Hachiro OKU うどんこ病菌の宿生特異性機構に関する研究 1976 昭和51 年度 明日山秀文 Hidefumi ASUYAMA 日本植物病理学会の発展に対する貢献 橋岡 良夫 Yoshio HASHIOKA いもち病感染機構の電子顕微鏡的研究 江塚 昭典 Akinori EZUKA イネ白葉枯病ならびにいもち病に対する品種抵抗性に関する研究 1975 昭和50 年度 都丸 敬一 Keiichi TOMARU タバコにおけるキュウリモザイクウイルスに関する研究 堀 眞雄 Masao HORI イネいもち病および紋枯病の発生予察技術に関する研究 浅田 泰次 Yasuji ASADA 病態植物組織におけるリグニンの生合成に関する研究 1974 昭和49 年度 岸 國平 Kunihei KISHI 果樹類とくに柑橘、梨、桃のウイルス病に関する研究 鈴木 穂積 Hozumi SUZUKI いもち病菌分生胞子の動態に関する研究 1973 昭和48 年度 宇井 格生 Tadao UI 土壌伝染性植物病原菌の生態に関する研究 三澤 正生 Tadao MISAWA 植物ウイルスの感染と増殖に関する研究 1972 昭和47 年度 松尾 卓見 Takken MATSUO 植物病原フザリウーム属菌に関する分類学的研究 小林 享夫 Takao KOBAYASHI 日本産ディアポルテ菌科菌類の分類学的研究 1971 昭和46 年度 桂 埼一 Kiichi KATSURA 植物疫病菌に関する研究 後藤 正夫 Masao GOTO 植物病原細菌に関する研究 1970 昭和45 年度 土居 養二 Yoji DOI 石家 達爾 Tatsuji ISHIE 與良 清 Kiyoshi YORA 植物の病害を起こすマイコプラズマ様微生物の発見 香月 繁孝 Shigetaka KATSUKI 日本産サーコスポラ属菌の分類学的研究 1969 昭和44 年度 井上 忠男 Tadao INOUYE 日本マメ科植物のウイルスの分類同定に関する研究 坂本 正幸 Masayuki SAKAMOTO 水稲の稲熱病抵抗性に関する研究 1968 昭和43 年度 平井 篤造 Tokuzo HIRAI 病害抵抗性機作に関する一連の研究 西村 正暘 Shoyo NISHIMURA 蔓割病罹病スイカの萎凋機作に関する研究 大島 信行 Nobuyuki OSHIMA 馬鈴薯Xウイルスに関する研究 1967 昭和42 年度 四方 英四郎 Eishiro SHIKATA 植物ウイルスの電子顕微鏡的研究 木村 甚弥 Jinya KIMURA りんごモニリア病に関する研究 尾添 茂 Shigeru OZOE 麦類黄さび病菌および黒さび病菌の越年に関する生理生態学的研究 1966 昭和41 年度 平田 幸治 Koji HIRATA 植物うどんこ病菌に関する研究 小室 康雄 Yasuo KOMURO 蔬菜花卉ウイルスの種類に関する研究 1965 昭和40 年度 岡部 徳夫 Norio OKABE Pseudomonas solanacearumに関する研究 山田 晙一 Snun-ichi YAMADA 温州ミカンそうか病の伝染病学的ならびに治病学的研究 1964 昭和39 年度 北島 博 Hiroshi KITAJIMA 桃炭疽病に関する研究 大谷 快夫 Yoshio OTANI タバコ黒根病に関する研究 1963 昭和38 年度 水上 武幸 Takeyuki MIZUKAMI 稲白葉枯病菌に関する生態学的研究 新海 昭 Akira SHINKAI 稲ウイルス病の虫媒伝染に関する研究 1962 昭和37 年度 堀 正侃 Masa-akira HORI 植物防疫事業の確立と指導に対する貢献 高坂 綽爾 Takuji KOZAKA 稲紋枯病に関する研究 1961 昭和36 年度 山本 和太郎 Wataro YAMAMOTO すす病菌の分類学的および生態学的研究 木谷 清美 Kiyomi KITANI 石灰イオウ合剤の効力発現に関する生態学的研究 1960 昭和35 年度 今関 六也 Rokuya IMAZEKI 材質腐朽菌の分類および生態学的研究 岡本 弘 Hiromu OKAMOTO 散布用殺菌剤のイモチ病防除効果に及ぼす環境条件並に散布法の影響に関する研究 1959 昭和34 年度 村山 大記 Daiki MURAYAMA ジャガイモXウイルスの血清学的研究 日高 醇 Jun HIDAKA タバコ病害に関する研究 1958 昭和33 年度 鈴木 直治 Naoji SUZUKI 甘藷紫紋病に関する研究 1957 昭和32 年度 滝元 清透 Seito TAKIMOTO 植物病学上の業績・特に本邦植物細菌病に関する研究 小野 小三郎 Kosaburo ONO 稲熱病及び稲胡麻葉枯病に関する形態学的研究 1956 昭和31 年度 平塚 直秀 Naohide HIRATSUKA 日本に於ける植物銹菌に関する研究 1955 昭和30 年度 原 攝 祐 Kanesuke HARA 日本菌類目録の編纂並に本邦菌学に対する貢献 向 秀夫 Hideo MUKO 枇杷の癌腫病病原細菌に関する研究 1954 昭和29 年度 高橋 喜夫 Yoshio TAKAHASHI 稲熱病抵抗性の検定に関する病理学的並びに育種学的研究 後藤 和夫 Kazuo GOTO 完全時代に於けるスクレロチウム・ロルフシイ菌 1953 昭和28 年度 栗林 数衛 Kazue KURIBAYASHI 稲熱病の発生予察に関する研究 学術奨励賞 2020 令和2 年度 荒添 貴之 Takayuki ARAZOE 植物病原糸状菌ゲノム編集技術の開発 浅井 秀太 Shuta ASAI 卵菌綱植物病原菌の感染機構に関する研究 峯 彰 Akira MINE 病原細菌に対する植物免疫シグナリングネットワークの動態研究 2019 平成31 年度 晝間 敬 Kei HIRUMA 寄生型および共生型 Colletotrichum属菌と植物の相互作用研究 金子 洋平 Yohei KANEKO ナシ萎縮病菌の同定と発生生態に関する研究 冨髙 保弘 Yasuhiro TOMITAKA トマト黄化えそウイルスとアザミウマの相互作用に関する研究 2018 平成30 年度 甲把 理恵 Rie GAPPA 園芸作物病害の総合的防除モデルの構築に関する研究 宮下 脩平 Shuhei MIYASHITA 植物RNAウイルスの複製と進化機構に関する研究 八重樫 元 Hajime YAEGASHI 宿主に永続感染する果樹ウイルスおよび菌類ウイルスのサイレンシング回避戦略に関する研究 2017 平成29 年度 石賀 康博 Yasuhiro ISHIGA トマト斑葉細菌病菌の生産する植物毒素コロナチンの作用機構に関する研究 越智 直 Sunao OCHI ダイズ黒根腐病の発生生態と防除に関する研究 山岸 菜穂 Naho YAMAGISHI セルリー萎縮炭疽病の生態解明と防除に関する研究 2016 平成28 年度 黒瀨 大介 Daisuke KUROSE 植物病原糸状菌を利用した難防除外来雑草の制御に関する研究 前島 健作 Kensaku MAEJIMA ウメ輪紋ウイルスの同定と診断技術の開発および分子疫学的研究 松下 陽介 Yosuke MATSUSHITA 園芸作物に感染するウイロイドの生物学的特性に関する研究 2015 平成27 年度 塩谷 純一朗 Junichiro ENYA トマト葉面ミクロフローラ解析と病害抑制に関する研究 今﨑 伊織 Iori IMAZAKI 土壌伝染性病原菌の病原性機構に関する研究 門馬 法明 Noriaki MOMMA 土壌還元消毒機構の解明と実用化技術の開発 2014 平成26 年度 藤川 貴史 Takashi FUJIKAWA カンキツグリーニング病原細菌の早期高感度検出技術に関する研究 望月 知史 Tomofumi MOCHIZUKI 植物ウイルスの発病機構に関する分子組織化学的研究 竹田 篤史 Atsushi TAKEDA RNAサイレンシングによるウイルス抵抗性機構及びウイルスによるRNAサイレンシング抑制機構に関する研究 2013 平成25 年度 中馬 いづみ Izumi CHUMA いもち病菌における抵抗性遺伝子適応機構に関する研究 小松 健 Ken KOMATSU ウイルス感染防御応答による全身壊死誘導の分子機構に関する研究 宇佐見 俊行 Toshiyuki USAMI Verticillium dahliaeの寄生性分化に関する研究 2012 平成24 年度 三澤 知央 Tomoo MISAWA 北海道で発生した各種野菜類の糸状菌病害の同定、発生生態および防除に関する研究 佐々木 信光 Nobumitsu SASAKI 植物RNAウイルスの細胞間移行の分子機構に関する研究 吉田 めぐみ Megumi YOSHIDA 麦類赤かび病かび毒の蓄積特性の解明と低減技術の開発に関する研究 2011 平成23 年度 志村 華子 Hanako SHIMURA 植物ウイルスサイレンシングサプレッサーの性状解析と抗ウイルス剤開発への応用 上野 誠 Makoto UENO いもち病菌に対する植物の光誘導抵抗性の発現機構に関する研究 山次 康幸 Yasuyuki YAMAJI タバコモザイクウイルスの感染を制御する宿主因子に関する研究 2010 平成22 年度 平田 久笑 Hisae HIRATA カンキツ病原体の病原性発現機構に関する分子生物学的研究 石橋 和大 Kazuhiro ISHIBASHI トマト Tm-1遺伝子とトバモウイルスの宿主特異性に関する研究 齋藤 憲一郎 Ken-ichiro SAITOH イネいもち病の付着器形成に関わる分子生物学的研究 2009 平成21 年度 古谷 綾子 Ayako FURUYA イネ白葉枯病菌の病原性に関する分子生物学的研究 五味 剣二 Kenji GOMI 植物抵抗性誘導シグナルと宿主特異性に関する研究 川口 章 Akira KAWAGUCHI ブドウ根頭がんしゅ病の診断と生物的防除および病原細菌の系統解析に関する研究 2008 平成20 年度 柿澤 茂行 Shigeyuki KAKIZAWA ファイトプラズマのゲノム解読と表面タンパク質の解析 染谷 信孝 Nobutaka SOMEYA 拮抗細菌による植物菌類病の生物防除に関する研究 竹内 香純 Kasumi TAKEUCHI Pseudomonas syringaeのフラジェリン糖鎖と病原性に関する研究 2007 平成19 年度 増中 章 Akira MASUNAKA タンゼリンbrown spot病菌の宿主特異的ACT毒素生合成遺伝子に関する研究 清水 将文 Masafumi SHIMIZU 植物内生放線菌を利用した生物防除法に関する研究 石川 末廣 典子 Noriko ISHIKAWA SUEHIRO カブモザイクウイルスの病原性解析と簡易検出法の開発 2006 平成18 年度 池田 健一 Kenichi IKEDA 紋羽病菌におけるdsRNAの多様性とその動態 野村 欽弥 Kinya NOMURA 植物病原細菌における病原性発現機構の解析 辻 元人 Gento TSUJI 炭疽病菌の病原性に関する分子生物学的研究 2005 平成17 年度 藤永 真史 Masashi FUJINAGA レタス根腐病菌のレースおよび系統分類に関する研究 奥田 充 Mitsuru OKUDA トスポウイルスの検出法の開発と病原性関連遺伝子の解明に関する研究 竹下 稔 Minoru TAKESHITA キュウリモザイクウイルスの宿主特異性ならびに干渉効果に関する分子生物学的研究 2004 平成16 年度 赤松 創 Hajime AKAMATSU トマトアルターナリア茎枯病菌の病原性に関する分子生物学的研究 木原 淳一 Jun-ichi KIHARA 近紫外光による植物病原糸状菌の光調節反応に関する研究 高野 義孝 Yoshitaka TAKANO ウリ類炭そ病菌の感染機構に関する分子遺伝学的研究 2003 平成15 年度 伊藤 隆男 Takao ITO カンキツウイロイドに関する研究 植原 健人 Taketo UEHARA 植物寄生性線虫の系統分類と寄生機構に関する分子生物学的研究 吉田 重信 Shigenobu YOSHIDA クワ炭疽病の発生生態および防除に関する研究 2002 平成14 年度 兼松 聡子 Satoko KANEMATSU 果樹から分離される日本産 Phomopsis 属菌の分類に関する研究 中島 雅己 Masami NAKAJIMA 植物病原細菌の薬剤耐性機構に関する研究 新村 昭憲 Akinori SHINMURA ネギ根腐萎凋病の発生生態と防除に関する研究 2001 平成13 年度 中畝 良二 Ryouji NAKAUNE カンキツ緑かび病菌のABCトランスポーター遺伝子に関する研究 園田 昌司 Shoji SONODA ウイルス遺伝子導入によるウイルス抵抗性の付与とジーンサイレンシングに関する研究 雪岡 日出男 Hideo YUKIOKA ストロビルリン系殺菌剤によるイネいもち病菌のシアン耐性呼吸誘導機構に関する研究 2000 平成12 年度 木場 章範 Akinori KIBA 宿主特異性決定における植物細胞壁の役割に関する研究 草場 基章 Motoaki KUSABA 植物病原糸状菌の寄生性分化に関する分子系統学的研究 佐藤 衛 Mamoru SATOU アブラナ科植物に寄生するべと病菌の生態に関する研究 1999 平成11 年度 中保 一浩 Kazuhiro NAKAHO トマト台木品種の青枯病抵抗性機構に関する研究 鈴木 匡 Masashi SUZUKI キュウリモザイクウイルス遺伝子の機能に関する研究 豊田 和弘 Kazuhiro TOYODA エンドウの病害抵抗性発現における情報伝達機構に関する研究 1998 平成10 年度 奈良部 孝 Takashi NARABU ネコブセンチュウの生理生態ならびにその生物的防除に関する研究 成澤 才彦 Kazuhiko NARISAWA 新エンドファイトによるハクサイ根こぶ病黄化病の生物防除に関する研究 東條 元昭 Motoaki TOJO 畑土壌中におけるピシウム属菌の行動解析 1997 平成09 年度 守川 俊幸 Toshiyuki MORIKAWA チューリップ病害の病原、発生生態ならびに防除に関する研究 竹原 利明 Toshiaki TAKEHARA 硝酸塩利用能欠損変異菌株を用いたフザリウム病の発生生態に関する研究 吉岡 博文 Hirofumi YOSHIOKA 植物病原糸状菌のサプレッサーによる宿主防御遺伝子の発現制御機構に関する研究 1996 平成08 年度 荒井 治喜 Michiyoshi ARAI オオムギ雲形病の伝染過程の解明に関する研究 眞岡 哲夫 Tetsuo MAOKA パパイア輪点ウイルスに関する研究 中島 一雄 Kazuo NAKASHIMA イネ黄萎病、サトウキビ白葉病及びゴマフィロディーMLOの特性と動態に関する研究 1995 平成07 年度 古屋 成人 Naruto FURUYA イネもみ枯細菌病の生物的防除に関する研究 鈴木 信弘 Nobuhiro SUZUKI イネ萎縮ウイルスゲノムの構造解析 津田 新哉 Shinya TSUDA トマト黄化えそウイルスの生化学的および血清学的性状の解析とその応用 1994 平成06 年度 柏崎 哲 Satoshi KASHIWAZAKI オオムギ縞萎縮ウイルスの病原学的研究 澤田 宏之 Hiroyuki SAWADA 根頭がんしゅ病菌の系統及び分類に関する研究 高橋 英樹 Hideki TAKAHASHI キュウリモザイクウイルス感染疾病における病微発現機構に関する研究 1993 平成05 年度 門田 育生 Ikuo KADOTA イネ褐条病の伝染環究明と発病制御に関する研究 増田 税 Chikara MASUTA キュウリモザイクウイルスサテライトRNAの機能に関する研究 土佐 幸雄 Yukio TOSA ムギ類うどんこ病菌の属間寄生性の分化機構に関する研究 1992 平成04 年度 平塚 和之 Kazuyuki HIRATSUKA 植物病原菌類のウイルスならびにプラスミド様DNAに関する研究 大島 一里 Kazusato OHSHIMA 植物ウイルスのモノクローナル抗体に関する研究 竹中 重仁 Shigehito TAKENAKA ムギ類雪腐病の血清学的診断に関する研究 1991 平成03 年度 石黒 潔 Kiyoshi ISHIGURO イネいもち病の発生予察技術の研究 岩井 久 Hisashi IWAI ダイズモザイクウイルスの宿主内における動態に関する研究 高橋 義行 Yoshiyuki TAKAHASHI 植物ウイルスの血清学的診断法に関する研究 1990 平成02 年度 安藤 康雄 Yasuo ANDO チャ輪斑病の生理生態的研究 原 秀紀 Hideki HARA タバコ立枯病の発生生態と防除に関する研究 加納 健 Takeshi KANO カンキツのウイルスおよびウイロイドに関する研究 1989 平成01 年度 奥 尚 Takashi OKU イネ科植物うどんこ病菌の寄生性に関する研究 田代 暢哉 Nobuya TASHIRO ジャガイモそうか病に関する研究 吉川 信幸 Nobuyuki YOSHIKAWA イチゴのウイルスに関する研究 1988 昭和63 年度 片山 克巳 Katsumi KATAYAMA 西南暖地におけるジャガイモ青枯病の発生生態と制御技術に関する研究 久保 康之 Yasuyuki KUBO ウリ類炭そ病菌の付着器侵入におけるメラニン合成の意義に関する研究 佐藤 豊三 Toyozo SATO さび病菌の形態学的・分類学的研究 1987 昭和62 年度 築尾 嘉章 Yoshiaki CHIKUO テンサイの炭そ病および黒根病の生態と防除に関する研究 佐野 輝男 Teruo SANO ウイロイドの比較病原学的研究 柘植 尚志 Takashi TSUGE Alternaria alternata の宿主特異的毒素と病原性に関する研究 1986 昭和61 年度 野田 孝人 Takahito NODA イネ白葉枯病感染の生理生態に関する研究 畔上 耕児 Koji AZEGAMI イネ苗立枯細菌病とその病原細菌の分類同定に関する研究 瀧川 雄一 Yuichi TAKIKAWA 植物病原細菌の分類同定に関する研究 1985 昭和60 年度 桑田 茂 Shigeru KUWATA タバコ萎化病およびレタスビックベイン病の病原ウイルスに関する研究 古賀 博則 Hironori KOGA いもち病の初期感染過程における形態学的研究 白子 幸男 Yukio SHIRAKO 土壌伝染性ウイルスに関する研究 1984 昭和59 年度 萩原 廣 Hiroshi HAGIWARA 野菜花きの土壌病害に関する研究 夏秋 知英 Tomohide NATSUAKI 種子伝染性潜伏ウイルスに関する研究 花田 薫 Kaoru HANADA 数種小球形植物ウイルスの遺伝学的解析 1983 昭和58 年度 松本 直幸 Naoyuki MATSUMOTO イネ科牧草雪腐病の発生生態に関する研究 石井 英夫 Hideo ISHII ナシ黒星病菌の薬剤耐性に関する研究 藤田 佳克 Yoshikatsu FUJITA いもち病菌レースの病原力に関する研究 1982 昭和57 年度 難波 成任 Shigetou NAMBA 果樹ウイルス病の病原学的研究 大村 敏博 Toshihiro OMURA カルス培養による無ウイルス植物の育成ならびにイネ・ゴール・ドワーフウイルスに関する研究 多賀 正節 Masatoki TAGA 薬剤耐性いもち病菌の遺伝学的研究 1981 昭和56 年度 佐々木 真津生 Matsuo SASAKI ホップの矮化病に関する研究 堀江 博道 Hiromichi HORIE 観賞樹木の病害に関する研究 高橋 賢司 Kenji TAKAHASHI 純寄生菌の微細構造とその機能に関する研究 1980 昭和55 年度 加来 久敏 Hisatoshi KAKU イネ白葉枯病に対するイネ品種の抵抗反応に関する研究 白石 友紀 Tomonori SHIRAISHI エンドウの病害抵抗性に果すピサチンの役割とその制御機構 大木 理 Satoshi OHKI 萎黄型植物ウイルス病に関する研究 1979 昭和54 年度 吉川 正明 Masaaki YOSHIKAWA ダイズ胚軸の Phytophathra megasperma var. 〒114-0015 東京都北区中里2-28-10 日本植物防疫協会内 日本植物病理学会 その他についての詳しいお問い合わせも上記宛にお願いします。 植物学会大会は、SARS-CoV-2との共存に成功いたしました。 このたび、WG最終報告書がまとまりましたので、是非ご覧ください。 本会は、これまで「任意団体」として運営してまいりましたが、2020年4月1日から一般社団法人日本植物病理学会として、105年目の歴史を新たに刻み始めました。 また、日本における植物の病気や病原菌については、日本植物病理学会・農業生物資源研究所編「日本植物病名データベース」として編纂、ホームページ上部の「病名目録」から皆様にご覧いただけるようにしています。 2018年3月2日 2018年日本植物形態学会のを更新しました 2018年1月12日 日本植物形態学会の会長・評議員選挙の結果が開票されが決まりました。

>

Home page of Phytopathological Society of Japan

2019年4月11日 を掲載しました。 平成26年5月8日 のページに日本植物病理学会第13回バイオコントロール研究会の情報を掲載しました。 Heterologous transformation of Camelina sativa with high-speed chimeric myosin XI-2 promotes plant growth and leads to increased seed yield• なかなか楽しそうです。 2019年9月6日 を更新しました。 2020年4月2日 を更新しました。

>

Phytopathological Society of Japan :: 授賞

ここに全関係者とともに、第84回日本植物学会名古屋大会の成功を宣言いたします。 2020年9月3日 を掲載しました。 予定件数に達しましたので申込を終了させていただきます。 安心してお申し込み下さい。 日本植物病理学会殺菌剤耐性菌研究会では、国内外での耐性菌発生事例やわが国における作物の栽培・病害防除体系等を勘案して殺菌剤使用ガイドラインを以下の通り策定している。 宿主を科レベル ABC順 で整理。 2018年8月22日 平成30年度が決定しました。

>

Home page of Phytopathological Society of Japan

9版 2019年9月 日本植物病理学会 編集・発行 日本植物病名目録 2019. におけるアブラナ科植物白さび病抵抗性遺伝子の探索と検出 増島 侑紀 農工大院農 オオバコモザイクウイルス複製酵素の両親媒性へリックスへの変異導入によるウイルス複製および膜局在性への影響 萩原 悠理 法政大植医 ファイトプラズマの recA遺伝子の偽遺伝子化に関する変異解析 遊佐 礼 東大院農 翻訳開始因子eIF4EアイソフォームnCBPを欠損したシロイヌナズナではplantago asiatica mosaic virus の感染が遅延する 第10回 平成28年度 相原 光宏 農工大院農 マイコウイルスMoCV1-A感染がもたらすイネいもち病菌病原性変動の調査 東 夏希 神戸大院農 エンバクに対するコムギいもち病菌の非病原力遺伝子 PAT1を保有するBACクローンの同定 板谷 知健 名大院理 機械刺激依存的イオンチャネルを介した防御応答の解明 市之瀬 玲美 法政大植物医科 プリムラ・ポリアンサ Primula polyantha に新発生したうどんこ病菌 亀井 美里 近大院農 キチン信号伝達系におけるMAPKKK5の活性化機構の解析 笹野 百花 東大院農 ファイロジェンとシロイヌナズナのクラスE MADS-box転写因子群の相互作用 塚田 淑仁 東洋大院生命 ヒスチジンキナーゼ CcOS1遺伝子のnull変異がキュウリ褐斑病菌のジカルボキシイミドとフェニルピロールに対する圃場耐性を担う 津島 綾子 東大院理・理研CSRS コアエフェクター候補遺伝子 CCE1は Colletotrichum属菌に保存され,細胞死を誘導する 濱田 健太郎 農工大 菌糸細胞破断法による Alternaria alternataマイコウイルス高含量株及び欠損型dsRNA含有株の作出 水谷 行善 名大院生農 アフリカ産フザリウム属菌のウイルス様dsRNAの性状解析 八坂 亮祐 佐賀大農・鹿児島大院連農 カブモザイクウイルスの南アジアから東アジアへと続く拡散経路とその時期について 第9回 平成27年度 足助聡一郎 神戸大院農 シコクビエいもち病菌が保有する普通系コムギに対する非病原力遺伝子数の遺伝学的推定 五十嵐千佳 岐大応生 ネギ類の混植によるホウレンソウ萎凋病の抑制 磯部仁美 名大農 Epichloaeエンドファイトの遺伝的多様性獲得における疑似有性生殖の役割 井上健人 近畿大農 イネの免疫応答に�. 平成26年3月11日 講演発表申込は受付を終了しました。 平成26年4月7日 を掲載しました。 2020年2月6日 アオミドロの性を実験的に誘導して13種の同定に成功 に記事を掲載しました。 会長より 日本植物病理学会 会長 日本植物病理学会は、植物病理学の進歩と普及をはかることを目的として、1916年に創設されました。 詳細はのページをご覧ください。 発表してくれた176名の高校生、200名以上の学部学生諸君、これが研究者です。 2018年5月11日 学会からのお知らせにの案内を掲載しました。

>

Home page of Phytopathological Society of Japan

成功の保証無し。 2019年9月4日 を掲載しました。 今後、これが幅広く生産現場に普及・活用されることを期待する。 2020年9月18日 投稿規定を改定しました。 合わせて、ください。

>

平成26年度日本植物病理学会大会

改訂点:ガイドライン 2 の「可能な限り」を削除 改訂前: 2 長期持続型QoI剤及びMBI-D剤の育苗箱処理は、耐性菌の選択圧を高める恐れがあるため、可能な限り1年もしくは2年毎に作用機構の異なる薬剤とのローテーションで使用するか、他の耐性菌リスクの低い薬剤を選択する。 その成果は、和文誌として日本植物病理学会報に年4回発行、英文誌としてJournal of General Plant Pathology Springer Nature社より出版 に年6回発行、に掲載されています。 2019年2月26日 本HP 植物の受精卵が極性化する過程での液胞の動態を解明 に記事を掲載しました。 入会をご希望の方は,から手続きをしてください。 参考資料• 平成25年10月4日 is available. 2019年8月1日 本HP 植物の根におけるホウ素過剰耐性メカニズムの一端を解明 に記事を掲載しました。 2018年5月11日 を掲載しました。 本会には、会員数と会員の多様性や国際性をどう維持するか、小集会(研究会)等や学会誌のあり方、など今後検討・解決しなくてはならない課題が山積しています。

>

Phytopathological Society of Japan :: 病名目録

jp)宛てに、学生の身分を有する旨の連絡を送付して下さい。 学会誌や大会等での発表だけで発信していればよいわけではありません。 人間は進化の原理、自然の摂理を超えました。 研究は困難を極めています。 平成26年4月14日 を掲載しました。 2019年1月15日 を掲載いたしました。 2018年8月4日 を掲載しました。

>

Home page of Phytopathological Society of Japan

2019年4月11日 日本植物形態学会3賞受賞候補者の募集を開始しました。 1版 2020年1月 日本植物病理学会 編集・発行 日本植物病名目録 2019. 植物学会ならではの、分野と思考回路の異なる会長、実行委員長、総務の多様性が重大な決断に機能しました。 によるクリ実腐病(新称) 丸山 望 筑波大院生命環境 Pseudomonas syringae pv. 2019年1月15日 2019年日本植物形態学会のを更新しました。 日本植物病名目録 本学会は、を組織し、我が国で発生が報告された植物病害を主な対象として、病名、病原名などを、根拠文献に基づき審議・決定しています。 平成25年7月1日 のページを掲載しました。

>