南シナ海 地図。 南沙諸島海域における中華人民共和国の人工島建設

南シナ海

11 km 2となっている。 南シナ海での領域紛争(英語版) 外部リンク [ ]• 2012年8月以降に埋め立てにより新たに人工の陸地が作られた。 滑走路は全長1,150メートル、幅30メートル。 なお、スプラトリー諸島の領有権争いはASEAN諸国間でもあり、マレーシア海軍は1999年6月に、フィリピン、ベトナム、中国と係争中のスプラトリー諸島のインベスティゲーター砂州(中国名、楡亜 ゆあ 暗沙)、エリカ礁(中国名、簸箕 はき 礁)に建造物を構築し、兵員を駐在させる事件も起きた。 先述のとおり、利害が衝突する国の間で南シナ海の呼称が異なっているのには、こうした背景が存在する。 そのうえで、南シナ海の紛争を防ぐためのルール、「行動規範」の早期策定に向け環境を整える必要性を強調しています。 外交政策研究所の上級研究員フェリックス・チャン氏は1月、「中国政府は、インドネシアはいずれ折れると見ており、最終的にはマレーシアと同様に、中国が南シナ海に駐留することを受け入れる以外、選択肢はほとんど残されていないことに気付くと考えている」と述べた。

>

南シナ海

2016年10月13日時点のよりアーカイブ。 しかし、「九段線」の法的解釈が島嶼帰属の線か、歴史的な権利の範囲か、歴史的な水域線か、それとも伝統疆界線かということはまだ中国政府に公式的に発表されていない。 1988年3月のスプラトリー諸島海戦で中国がベトナムから武力奪取したまま実効支配。 2019年7月25日閲覧。 「Global Times」は「米国が中国を標的とする南シナ海での軍事活動を増加させる時、人民解放軍は強力な対抗配備と米国の圧力を薄めるための演習を実行しなければならない」と、ミサイル発射は米国への「けん制」とも受けとれる報道をしている。 アースライズの分析によれば、ミスチーフ礁とファイアリークロス礁には、それぞれ約190の独立した建造物・構造物が存在する。

>

米中激突の危機高まる南シナ海、カギを握る台湾

。 1979年12月にはマレーシアが、領海・大陸棚を明示した地図を発行してスプラトリー諸島の一部の領有を主張し、1982年にはブルネイがEEZを引いて、その中に含まれる低潮高地の領有を主張した。 中国が滑走路などを建設したファイアリー・クロス礁 (中国名・永署礁)とミスチーフ礁(中国名・美済礁)、スビ礁(中国名・渚碧礁)を攻撃した後、周辺暗礁をミサイルと大砲で破壊する可能性が高いということだ。 PIeQXvciw, JHsdHD, yDjKBXV, eQByvu,NSfgIrAYz,. 」と定められている。 米中首脳会談後に、アメリカ海軍の艦船を中国が埋め立てた人工島から12内 国際法では、自国ののからの距離で領海とされる海域 に派遣する決断をしていたオバマ政権は、10月27日にアメリカ海軍所属の「」をスビ礁から12海里内の海域に進入航行させ、航行の自由を行動で示す作戦(、Freedom Of Navigation Operation)を実施した。 中国は18日、「南シナ海を巡る戦い」への準備として、島嶼・環礁の一部において、爆撃機の離着陸訓練を実施したことを明らかにした。 中国が「」と総称する、、、の他、、、などがある。

>

南シナ海問題とは

その定義からみて、スプラトリー諸島の島礁のすべてについて、国際法上の島はない、と結論づけたのである。 石井望(長崎純心大学准教授) 2015年12月22日. 仲裁裁判所に管轄権はないとして仲裁手続きを拒否していた中国は、仲裁手続きを受け入れない姿勢を示した。 このMROセンターの発足にあたり、蔡英文総統は「台湾の航空戦力を高め、自衛能力を強化し、国内防衛産業を世界に展開するためのマイルストーン」と位置づけた。 1 2010年• フィリピンは、1998年2月に訪問米軍地位協定を結び、米軍を呼び戻す努力もした。 アメリカのCSIS()は1月にまとめた報告書において、中国が複数のを保有する可能性を指摘すると同時に、「までに南シナ海が事実上中国の湖となる」と警鐘を鳴らし、政権の対中国・北朝鮮政策が不十分であると指摘した。 フィリピンに次いで3月5日に空母カール・ヴィンソンがベトナムのに寄港し、アメリカの空母としては1975年の終結後では、初めてのことになる。 ので開催された東南アジア諸国連合 ASEAN 外相会議は、7月25日の共同声明で仲裁裁判所の裁定についての言及を見送った。

>

米海軍、南シナ海で「航行の自由」作戦

各国は資源開発を独自に行ったり、協力したりする一方で、軍の配置や島の基地化、への提訴などによる権益確保も進めている。 またミスチーフ礁およびセカンド・トーマス礁は、フィリピンのを起点とする排他的経済水域およびに含まれることに加え、ガベン礁(南礁)の低潮位線がガベン礁(北礁)およびのとすることが可能であるということ、ヒューズ礁の低潮位線がおよびの領海基線とすることが可能であるということ、スビ礁の低潮位線がのの領海基線とすることが可能であるという裁定も下した。 閉会式でセベリーノ(ASEAN元事務局長)は南シナ海の紛争を平和的に解決することを期待するとともに、領有権問題の解決は当事国間の交渉でしか解決できないと述べた。 などをめぐっては6か国が領有権を主張し合っている。 [ 閉じる ] window. 5月13日、アメリカ国防総省が公表した中国の軍事力に関する年次報告書は、中国が南沙諸島(スプラトリー諸島)で2015年末までに埋め立てた面積が、約13平方キロメートルに達したと分析している。 037 km 2になる。

>

焦点:南シナ海人工島に中国の「街」、軍事拠点化へ整備着々

領有権紛争が白熱する水域全体にわたり、他国の海軍将校らの言う「事実上の恒久的なプレゼンス」があることを示している。 浅瀬に建造物が構築されて軍隊が常駐。 2016年 [ ] 2016年ハーグ仲裁裁判所が下したと EEZ の判断 1月2日、中国外交部が、ファイアリー・クロス礁で建設していた飛行場の完成と滑走路を使用して試験飛行をしたことを明らかにした。 Subi Reef 渚碧礁 中国 1988年3月に中国がベトナムから武力奪取。 急速に軍備の結びつきを強める米台 トランプ米政権は台湾軍強化のための装備売却に前向きだ。 2013年から2016年の間では、埋め立て面積は約0. その他の国・地域において [ ]• などをめぐっては6か国が領有権を主張し合っている。

>

中国の専門家の警告…「米国、南シナ海の中国暗礁を爆破する可能性高い」

2016年7月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 PIeQXvciw, JHsdHD, yDjKBXV, eQByvu,NSfgIrAYz,. 同行記者によると、ファイアリー・クロス礁では飛行場や港、灯台、住居施設が既に完成しており、病院や海洋観測センターが建設されている。 シンガポールで活動する安全保障専門家のコリン・コー氏は、データと画像を見た後で、「信じがたいことに、バスケットボール・コートのすぐ下に、中国本土で標準的とされる人民解放軍の基地が見える」と語った。 あろうことか中国は、2020年に入ってからは、中国漁船に中国海警局の武装船舶が漁船に同行して警戒監視するなど対決姿勢を強めている。 AMTIのポーリング氏によると、マレーシアは長年、中国との緊密な関係の恩恵と、独自の独立した外交政策の実施とのバランスを取るよう努めており、前回のマレーシア領海での中国船との衝突が可能な限りマスコミに伏せられていたのもそのためだという。 中国(中華民国政府および中華人民共和国政府)では南沙諸島、、、を総称してと呼び、政権時代の1935年よりその全域の主権(領有)を主張している。 2014年以前の経緯 [ ] 5月15日、外務省が、中国が(赤瓜礁)を埋め立てているということを示す時系列の写真を公開し 、2014年に入ってから大量の土砂を投入しているということが判明。

>

南シナ海問題とは

「」も参照 実効支配の状況 [ ] 島 [ ] において「島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、時においても水面上にあるものをいう。 7月24日、中国は「新時代の中国の国防」と題した国防白書を4年ぶりに発表し、その中で南シナ海の諸島については「(中国)固有の領土だ」とし、人工島や施設などの建設は「法に基づき国家の主権を行使している」と主張している。 中国の正確な意図は依然として不明であり、複数の専門家は、いわゆる「航行の自由」作戦による哨戒など米国の活動を中心に、東南アジア地域における安全保障の動向を中国政府が脅威に感じるかどうかによって大きく左右されるだろうと話している。 中国はさらに、2004年9月に訪中したフィリピン大統領のアロヨに二国間でのスプラトリー諸島周辺海域でのエネルギー資源の共同地震波探査を提案した。 ()(英語:Loaita Bank、: 道明群礁(: 道明群礁)) - ティツ堆の南東約20海里に位置しており、ロアイタ島(南鑰島)・ランキアム礁(楊信沙洲、: 杨信沙洲)などからなる。 スライドショー 6枚の画像 一部の米国人専門家は、人民解放軍の写真からは、爆撃機がパラセル諸島のウッディー島に着陸しているように見えると指摘しているが、人民解放軍側は、スプラトリー諸島の拠点に航空機が実際に着陸したことをまだ証明していない。 2013年2月13日時点のよりアーカイブ 31頁• それにもかかわらず、中国政府は2015年ごろから、南シナ海の岩礁や浅瀬に人工島を建設し、それらの島に滑走路や港、レーダー施設などの軍事施設を建設することにより、領土的野望を強化し始めた。

>