フロイス 日本 史。 ルイス・フロイス『日本史』の中でボロカスに書かれてる明智光秀

楽天ブックス: 完訳フロイス日本史(1(織田信長篇 1))

第1巻• フロイスがほんの数行で書いている「過去に起きた歴史的事実」のひとつひとつを、大説としては数ページずつになる「今ここで起きている物語」として膨らませる手法で描いていますので、当然ながら、ポルトガル語で書かれた原著を日本語に直した翻訳作品ではない、という点は、念のため強調させていただきます ご興味と余裕のある方は、フロイス原著の翻訳版と比較しながら本書をお読みになることで、より重層的な歴史の醍醐味が得られるかもしれません。 ところが、この時に原稿を検閲したヴァリニャーノは、自身が多忙なことや、あまりにも記事が膨大で本来の執筆趣旨に反する事を理由に、編集を加えて短縮することを命じた。 ・・・彼は中くらいの背丈で、華奢な体躯であり、髭は少なくはなはだ声は会長で、きわめて戦を好み、軍事的修練にいそしみ、名誉心に富み、正義において厳格であった。 『日本史』の翻刻・翻訳 [ ] 原文の翻刻 [ ]• 薩摩勢の逆襲と豊後勢の大敗 いったい誰が、豊後国主の上に不測の事態が生じると想像したであろうか。 , 1835年に司教座聖堂が焼失した際に原本は失われたと思われる。 これらの死者は、たびたび私が聞いたところでは、二万を超えたという。 日本評論社や平凡社版の日本史が、一度、ドイツ語訳されたものを日本語訳し直していたのに対し、中央公論社版は、ポルトガル語で書かれた写本を直接訳しています。

>

【「麒麟がくる」コラム】明智光秀が築城した坂本城は、フロイスも唸った驚くほどの名城だった!?(渡邊大門)

なぜならキリシタンになることは先祖に侮辱を加えることになり、彼らの偽りの神々の祭祀を汚すことになるからである。 戦国時代の足利将軍は影が薄い存在のようにも捉えられがちだが、この事件は上洛のきっかけとなっただけにも高く、が抵抗の際奮戦したことから、義輝は 「剣豪将軍」とキャラ付けされることも多い。 天国のフロイスも、その奇蹟を、きっと喜んでいるはずです。 光秀に対しては、志賀郡が与えられた。 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,. 彼の布教活動も日本の情勢に左右されました。

>

耳川の合戦とは?大友vs島津の決戦をフロイス日本史から見る【宮崎の旅】

日本教会史()• ・ヨーロッパの女性は、短い年月で白髪となる。 人を欺ぬための72の心得を体得していると周囲に自慢する。 モンターナの写本がなければ、フロイスの功績は永遠に失われるところでした。 それから8年、全員が20歳を越えた立派な大人になって長崎に戻ってきたのです。 6:フロイスは日本で大地震を経験した 1586年、堺と都周辺にかけて桁外れに大きい地震があったと彼は記しています。

>

フロイス日本史とは

(2年)には『の殉教記録』を文筆活動の最後に残し、()大村領長崎のコレジオにて没した。 彼は以後、10年以上にわたって執筆を続け、時には1日に10時間以上の執筆を行ったという。 『続・フロイスの見た戦国日本』、2012年。 のち豊後 大分県 に下り大友宗麟の改宗に努める。 漫画『』• ただし、実際の第3巻は(文禄3年)まで執筆されており、1589年(天正17年)以後の部分は加筆されたものと考えられ、この加筆部分を別の巻として扱う見方もある。 , キリスト教の布教史としてのみならず、織田信長・豊臣秀吉ら諸侯・武将の動向から庶民生活の実情、災害や事件などについて細かく描かれており[3]、一部に日本人に対する誤解やキリスト教的偏見が含まれているものの、優れた観察眼と情報蒐集の確実性が明らかにされており、日本史における重要な史料として高く評価されている。

>

『日本式 基督論』第二章 ルイス・フロイスの『日本史』

大村純忠・有馬晴信篇 III の改宗と少年使節の帰国 ISBN 4-12-203590-2(11巻、西九州編III)• (元年)、ヴァリニャーノとともに一時に渡ったが、(文禄4年)に長崎に戻る。 たとえば「羽柴筑前殿」はFaxiba Chicugendono(ファシバ チクジェンドノ)。 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の戦国三英傑が世に出る以前から天下人となっていくまでの、日本史上もっとも波瀾に満ちた時代についての、それは、信じられないほど克明な記録なのです。 、秀吉がを発布したが、フロイスら宣教師は日本を出てはいない。 そのため、熱心な歴史研究家や愛好家を除いて、フロイスの記録した「日本史の意外な真実」の多くが、これまであまり巷間には知られていない面もあったことは否めません。

>

フロイスとは

そのような印象を受ける方が出てくることも理解できるものの、事実は少し違うようです。 リスボンに生まれ、16歳ごろイエズス会員となってインドに向かい、ゴアでザビエルや鹿児島出身のアンジロウらに会った。 というのは19世紀になってマカオの文書館は火事になり日本史のオリジナル版は灰になってしまったからです。 。 それゆえに御成の実現に拘ったと考えられる(ちなみに貞孝とともに義興に御成を促したは 上野信孝と 大館晴光だった)。

>