Ykk ファスニング アワード。 ファスニング事業について

過去のアワード(第3回):YKKファスニングアワード

「スナップを留めることが立体へのスイッチになる」をコンセプトにした。 それは、電装設計やプログラミングの知識を身につけること。 つまり、アメリカから輸入した4台と日本でコピーした100台は、それぞれ同じ1200万円であった。 (弊社よりお送りするメールの転用・転載はご遠慮ください。 沿革 [ ]• 社名の由来は旧社名である「 吉田工業株式会社( Yoshida Kogyo Kabushikigaisha)」の略称で、 Yは創業者の(富山県魚津市出身)の苗字からきている。 (昭和13年) - 吉田工業所と改称。 残念なのは、下のラメのジャージがチープに見えるので、違う素材の方がよかった。

>

『YKK FASTENING CREATION for 2020』 開催のお知らせ|YKKファスニングサポート

ファスナーはシンプルな商品に思われがちですが、その製造には最先端の技術が凝縮されています。 ファスナーの製造工程もCO2(二酸化炭素)排出や水の使用を削減できるものに見直し、生産設備の開発・改良を進める。 生産技術 2013年度キャリア入社 自然科学研究科 修了 [取材時] YKK株式会社 ファスニング事業本部 商品開発部 要素技術開発室 着色開発グループ 表面処理技術チーム [現所属] YKK株式会社 ファスニング事業本部 ファスナー事業部 製造・技術統括部 生産技術部 材料加工要素技術室 表面処理 PROFILE 出身は富山県。 ギンガムチェックというベーシックな素材を、うまくバランスを取っており、バックスタイルのドレープとかギャザーリングもすごく上手。 果たして自分の経験が生かせるのかと、正直言って不安もありました。 外からの新しい風を積極的に受け入れようというオープンな雰囲気を感じる。

>

第20回 YKK ファスニングアワード《学生限定》

(平成28)3月 - TOTO株式会社、大建工業株式会社と「ショールーム名古屋」を開設。 「YKK APショールーム品川」を「YKK AP体感ショールーム」としてリニューアル。 ただし、かつてはの前身にあたるリージョナル市場に株式を登録していた。 (昭和20年) - で工場焼失。 また、背負った時のバランスを考えてモデルの身長なども考慮して何度も作り直すなど、通常の作品より工程が多かったことに加え、実は第1次審査に2デザインが通過し、2作品を同時に作成したのですが、今思うとそのプロセスこそが自分の人生において財産になりました。 (昭和9年) - 、東京都にサンエス商会を設立し、ファスナーの加工・販売を開始。 サインがない場合には受理できません。

>

『YKK FASTENING CREATION for 2020』 開催のお知らせ|YKKファスニングサポート

「特にナチュロンの需要が拡大しており『全てをナチュロンに切り替えたい』という取引先もいる」と関心は高い。 その新たな技術への挑戦が、技術者としての難しさであり面白さでもあります。 装飾だけには留まらない「機能美」を表現したかったので、デザイン画から苦労しました。 以来、アパレル産業のグローバル化に先駆けて、積極的な展開を進めてきました。 また、YKKには、外からの新しい風を積極的に取り入れようというオープンな風土があります。

>

生産技術

TOTO株式会社、大建工業株式会社と「ショールーム金沢」を開設。 社員による自社株の購入がYKK恒友会(従業員持株会)を通じて認められている。 YKKの商品が持つ機能と感性を読み取り、自身のセンスと重ね合わせた姿勢も評価したい」と講評した。 世界中の顧客のニーズに応える。 併せて東京会場ではアワードの授賞式を行います。

>

第13回 YKKファスニングアワード《学生限定》

布にファスナーを縫い付けるという考え方ではなく、ファスナーに布を縫い付けるという提案。 めっき処理をはじめ、その生産技術に関わる知識が生かせると考えたのが、YKKを志望した理由のひとつです。 インテリアドアシリーズ「famitto」の販売を開始。 (昭和38年) - 東京都に本社を移転• 私が担当するのは、ファスナーを開閉する時に動かすスライダーや開閉時に噛み合い部分となるエレメントの外観や機能に関わる表面処理技術です。 YKK不動産株式会社• YKKファスニングプロダクツ販売株式会社• ・第2次審査に向けて必要な連絡のため、通過者用サイトにご登録いただきます。 主に担当しているのは、スライダーや止具などの部品をテープに取り付け、ファスナーをオーダー通りの寸法に仕上げる機械の開発です。

>

過去のアワード(第3回):YKKファスニングアワード

最初に担当した業務は、自分が日本で開発した製造機械の現地工場での立ち上げ。 簡単に留め位置を変えられるため、洋服のシルエットを変形させて着用できる。 大学を卒業後、半導体メーカーに11年間勤めて、YKKにキャリア採用として入社しました。 1枚の平面の生地を、YKKのスナップボタンを使うことで洋服に仕立て、立体になることで生まれるゆがみや違和感を楽しんでほしいという。 アパレル部門グランプリの杉山さんの作品テーマは「3Dスイッチ」。 グローバルな競争に挑むために、技術者に何が求められているのか? わずか1年ほどでしたが、台湾では多くのことを学びました。 同社は、このチェーンマシンと同種の機械を100台、日立精機に1台12万円、支払いは30台ずつの条件で発注。

>