コンピタンス 意味。 コア・コンピタンスの意味とは?企業事例や取り入れるためのポイントを紹介

「コアコンピタンス」の意味とは?使い方や例文など

エンジンだけでなく、製品デザインやマーケティング戦略も他社では真似しにくいため、ホンダのコア・コンピタンスが注目されるようになりました。 ゲイリー・ハメルとプラハラードが「顧客に対して、他社には真似のできない自社ならではの価値を提供する、企業の中核的な力」として定義した。 今は小さな能力でも、他社が真似できないような「スキル」や「能力」が眠っている可能性があります。 そのため、 従業員一人一人の成長が期待でき、生産性の向上につながっていくでしょう。 部品を微細化する加工技術 というコンピタンスから生み出されていると言えます。 コンピタンスは社内にある 技術そのもの ケイパビリティは、様々な役割を持つ人が連携して一連のプロセスを実行します。

>

「コアコンピタンス」の意味とは?ケイパビリティとの関係性も解説

ケイパビリティとコアコンピタンスの違いを言葉で対比 今度は言葉で対比してみましょう。 ~ 『 野村総合研究所 用語解説』 による解説• コンピテンシーとコンピテンスの違いは何か? コンピテンシーとコンピテンスはどう違うのでしょうか。 東京校• コアコンピタンスまとめ このようにコアコンピタンスは企業が市場競争で勝ち抜いていくために必要な能力や優位性を指し示す言葉であり、顧客側も労働者側にも実は身近な言葉なのです。 さらに両氏は、「コアコンピタンス」を、「顧客に何らかの利益をもたらす自社能力」「競合相手が真似しにくい自社能力」「広範な市場への参入や、多様な商品の推進が可能な自社能力」の3つで定義しています。 そのモーターを使うと製品は小型で高性能なものになり顧客は喜ぶ• コア・コンピタンスの確立は簡単ではない コア・コンピタンスの確立は企業にとって重要ですが、簡単ではありません。 ~ 『 ITmedia エンタープライズ 情報システム用語事典』 による解説• 業績が低下しても恐れず、軌道修正を行いながら継続しましょう。

>

「コアコンピタンス」とは?ビジネスでの意味や使い方・事例など簡単に解説!

また逆に、コア・コンピタンスがあれば、時代の変化で製品が売れなくなったり事業そのものの寿命が来たとしても、生み出されたコア製品を使って新たな事業を興すこともできます。 ところで、「コアコンピタンス」に似た言葉として「ケイパビリティ」というものもあります。 スキルは「能力・技能そのもの」であるため、行動が伴わなければ成果には結びつきません。 例えば、セブン&アイ・ホールディングスは、購買量に裏付けられたバイイングパワー、POSなどを活用した顧客ニーズへの対応力、充実した店舗網などをコア・コンピタンスとして持つ。 「コンピテンシー」は能力や技量における幅を示す言葉で、特定の箇所で上手くやっているかどうか判断するための材料となります。 日本自動車のエンジン技術はまさにコアコンピタンスといえるだろう 例文4. 素晴らしい行動特性を持つ社員を明確にすることで、適切に評価することができます。

>

「コアコンピタンス」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

ケイパビリティは「capability」。 このコアコンピタンスとケイパビリティの違いについては、別の記事にまとめているのでご覧ください。 関連相談• コアコンピタンスの見極め方 コアコンピタンスを見極める際、注目したいのが次の5つの点です。 そして事業を通して、顧客に最終製品として価値のあるものが届きます。 こうした企業力をコアコンピタンスと呼ぶのです。 それでは、「コアコンピタンス」の具体的な使い方について、以下で例文を挙げて紹介していきましょう。 どの要素が有効かは市場環境や競争環境によっても異なり、またいったん築いた競争優位も、市場環境の変化とともに陳腐化する恐れがあるため、継続的な投資やコア・コンピタンスの再定義、新たな能力の育成などの努力も欠かせない。

>

コア・コンピタンスの意味

長期的な視点で行動し、意見を出し合いましょう。 それまではターボが主流でしたが、HONDAが開発した自然吸気エンジンは、パワー、レスポンス(踏んでから反応する速さ)、出力密度の全てをターボと同等かそれ以上能力で持っていました。 技術と真心、この二つが揃ってこそ、コア・コンピタンスの確立が可能です。 代替可能性(Substitutability):他の技術で代替することが難しい• 販売力 「コアコンピタンス」は覚えるべき? 「コアコンピタンス」の意味は覚えるべきなのでしょうか。 また、この方式ならよりコストを削減した製品をつくることが可能になり、製品自体の価格も抑えられるため、買う人にとっても魅力的です。 その企業でしか展開できないビジネスがあれば、独自性が認められるようになり、大きく優位に立つことができます。 「コアコンピタンス」の意味・使い方とは? 「コアコンピタンス」とは、他企業に負けない優位性のある企業の強みのことを指します。

>

コア・コンピタンスの意味

コンピテンスについて解説したあと、2つの違いを分かりやすくお伝えします。 具体的な例を挙げるとすると、例えば日本のホンダのエンジン技術などは他社に真似されにくいもので、かつ色々な分野に用いられていることからコンピタンスとして有名です。 コンピタンスの候補を考える• 「コンピタンス」の条件として必須なのは、「顧客が得られる利益があること」です。 ハイパフォーマーが企業に高い成果をもたらす力がコンピテンシー、組織が顧客や社会に提供できる力がコア・コンピタンスだと理解するとよいでしょう。 (の第8章より引用)• セブン銀行の成功要因は、顧客ニーズを踏まえたうえで、グループの店舗網を徹底的に活かし、ATMからの手数料収入に集中したビジネスモデルにある。 上記で述べたリスク削減の判断力と同様に、迅速な実行力も求められます。

>

コアコンピタンスって何?

コア・コンプライアンスを確立させた企業も、長年に渡る行動の末に業績を上げています。 ソニーはコンピューターやカメラ、オーディオ、テレビなどを取り扱う総合電機メーカー。 本当に努めたい企業かどうか分かるかもしれません。 その企業を支えてくれる強みとなり、社員にとってもやる気を上げる元となってくれます。 本田技研工業株式会社 本田技研工業株式会社は「コアコンピタンス」 の最も有名な成功事例としてよく挙げられます。 MBAとは• 自社の強みを知ることこそ、コア・コンピタンスを実現するための第一歩になるため、分析についても紹介します。

>