人 虎 伝 現代 語 訳。 「人虎伝」現代語訳まとめと感想

漢詩人虎伝の現代語訳教えて下さい!!虎又日、「使回日、幸取道他郡、無再...

別将の 欧陽 ( おうようこつ )は各地を攻略して 長楽 ( ちょうらく )に至り、ことごとく諸洞の敵をたいらげて、深く 険阻 ( けんそ )の地に入り込んだ。 今又何 クニカ適 クト。 この夕暮れの中、山や谷を照らす月に向かって 詩を吟じることなくただ吠えるばかりだ。 扶余も南方系の風俗を持っている。 「そこは食物 庫 ( ぐら )ですから暫く忍んでおいでなさい。

>

人虎伝

虎呼吟すること数声、嗟(なげ)くが若く泣き状す。 どうかこの父親のいない幼子に配慮してほしい。 虎呼吟 スルコト数声、 若 ごと 二 シ 嗟泣 スル状 一 ノ。 はその宝玉や珍品や婦女らを連れて帰ったが、婦女のうちには我が家を知っていて、無事に戻る者もあった。 今でもその夫人の髪飾りは、岩の下にある。

>

『山月記』で李徴が虎になった理由と虎が象徴しているもの

覚 おぼ えず、 左 さ 右 ゆう の 手 て を 以 も つ て 地 ち を 攫 つか みて 歩 あゆ む。 「この山は険阻で、かつて人の踏み込んだことのない所だ。 志村『中国説話文学とその背景 』182-184P• もしやわが知り合いの隴西の人ではないか」。 夜は婦女にたわむれて暁に至り、かつて眠ったことがない。 つまり、詩人になるためにできる努力を全てこなしてきたとはとても言えないのです。

>

* 人 虎 伝 李景亮撰

ここらの山の神は若い女をぬすむといいます。 。 李徴は皇族の子孫である。 生徒流にいえば、優しくないからということなのです。 後に出てくる東鯷人にその可能性があります。 わしの妻子は虢略にいるが、どうしてわしが獣になったことなど考えよう。

>

人虎伝

意 おも はざりき 、 今 こん 日 にち 君 きみ が 旧 きゅう を 念 おも ふの 言 げん を 獲 え んとは。 これがすなわち毎年仙人になったという道士の身の果てであった。 )是非ともそののいない幼子を心にかけてほしい。 『國譯漢文大成』による。 恨 うら むらくは 未 いま だ 何如 いかん の 事 こと なるかを 知 し らず。

>

郁離子の現代語訳を教えてください。

牛も人も六、七寸ぐらいの木彫り細工である。 )私の妻子はまだ虢略にいるだろう。 海を渡って行き来する時、一人に、くしけずったり、体を洗ったりさせず、肉を食べさせず、婦人を近づけさせない。 それを成し遂げて笑うだろう。 君よ、わしのために記録しておいてくれ。 已 ニシテ而謂 レ ヒテ傪 ニ曰 ハク、「我 ハ李徴 也 なり ト。 しかし、君が南方から馬車をめぐらして帰って来て、わしが再び君に逢ったなら、きっと日頃のことにくらくなっていることだろう。

>

『山月記』で李徴が虎になった理由と虎が象徴しているもの

役人の任期が満ちると、官をやめて家にとじこもり、人と交際を絶つこと一年近くであった。 よいだろうか。 そういう男がみんな虎になったらたいへんだ。 よいだろうか。 ただ個人的には、このエゴはむしろ人間臭いなーと思います。

>