国際 コロナ ウイルス 細胞 治療 研究 会。 <幹細胞治療によって、”新型コロナウイルス撲滅” を目指すプロジェクト> 対コロナ新薬「プロメテウス」が、メキシコ・イダルゴ州にて薬事承認 日本国内でも国際共同治験を検討中

<セネジェニックス研究所と幹細胞治療のテラによる共同事業> 新型コロナウイルスに対する日本初の“幹細胞”治療法開発に着手 メキシコにて計75名のコロナウイルス患者に対する臨床研究を本日より開始|CENEGENICS JAPAN株式会社のプレスリリース

なお、アメリカ合衆国又はメキシコでの薬事承認が得られた場合であっても、新薬の権利は当社には帰属せず、テラ社との契約に従って、全てテラ社に帰属することになりますので、ご留意ください。 現在、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威をふるっており、有効な治療薬の開発が人類共通の喫緊の課題となっております。 新型コロナウイルスの細胞侵入、感染には、ACE2とともに「TMPRSS2」と呼ばれる酵素が重要な役割を担う。 【国際新型コロナウイルス細胞治療研究会】() 新型コロナウイルスに対する、幹細胞治療の有効性を確認し、世界の各研究機関と連携して研究成果をより発展していくための団体「国際新型コロナウイルス細胞治療研究会」が発足しました。 先端医療支援事業を手掛けるCENEGENICS JAPAN 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤森徹也 以下「セネジェニックス・ジャパン」)と幹細胞治療の研究開発を行うテラ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:平智之 以下「テラ」)は共同で、2020年5月14日から開始した新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に対する幹細胞治療法開発に向けたメキシコでの臨床研究において、感染患者1人の症状回復を確認し、国内企業として初めて新型コロナウイルス感染症に対する幹細胞治療の臨床試験に成功したことをお知らせいたします。 【今後のスケジュール】 5月13日 メキシコにて、臨床研究を開始 5月27日 臨床研究の中間報告 7月中 メキシコでの臨床研究終了、結果報告 変更となる可能性もございますが、今秋中の国内治験開始、新薬承認を目指しております。 (以下「セネジェニックス・メキシコ」)が保有し、メキシコ国内で承認を得ている米国FDAの基準を満たした臍帯由来幹細胞(UC-MSC)を用いて、コロナウィルス感染症により中等度以上の呼吸器症状が出現している新型コロナ肺炎患者(18歳~75歳)総計75名を対象に、臨床研究を行っております。

>

<セネジェニックス研究所と幹細胞治療のテラによる共同事業> 新型コロナウイルスに対する日本初の“幹細胞”治療法開発に着手 メキシコにて計75名のコロナウイルス患者に対する臨床研究を本日より開始|CENEGENICS JAPAN株式会社のプレスリリース

seminarMLに関する情報は「」メーリングリスト欄でアクセスできる。 同研究会の設立要旨には 「鳩山由紀夫元内閣総理大臣とバラク・オバマ元大統領を共同発起人とし、国際的に幹細胞治療の有効性を研究し普及に努めるための研究会を設立する」と記載されている。 UAEの研究施設「アブダビ幹細胞センター」は5月1日に、幹細胞治療によって73名のコロナ患者を回復させたと発表しました。 このため再生医療分野で、骨、血管、心筋等の再構 築に利用する研究が進められている一方で、免疫反応を抑制する効果も証明されており、ARDS の治療への適用も期待されています。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。

>

テラで緊急告知 「テラの株取引に反社会的勢力がマスコミを利用し株価操縦、調査で確証を得る」国際新型コロナウイルス細胞治療研究会

・健康被害が甚大である、蔓延の可能性があるなど、緊急の対応が必要な場合 ・特例承認以外に、適切な方法がない場合・特例承認対象の新薬が、日本と同じ水準の承認制度を持った国で販 売・使用されていること 2020年5月7日にレムデジビルが新型コロナウィルスの治療薬として特例承認された。 ARDS を引き起こす原因が、ウイルスによる直接の損傷なのか、免疫系の過剰反応による損傷なのかは正確にはわかっていませんが、COVID-19 による重症例の多くの患者さんがARDS を発症していることから、COVID-19 の重症化を避けるために はARDS の治療法の開発が必要と考えられています。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 UAE以外にも、アメリカFDAや中国科学技術部にて治験が認められています。 2、3年以内の臨床試験を目指す。 現在、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威をふるっており、有効な治療薬の開発が人類共通の喫緊の課題となっております。 PR テラは、東京大学医科学研究所との間で、MSCs に関する共同研究を行い、2つの特許出願の費用を負担し、2009年に東京大学医科学研究所から専用実施権を得ております。

>

<幹細胞治療のテラとセネジェニックス研究所による共同事業> 国内初、新型コロナウィルス感染症に対する幹細胞治療 臨床試験を開始|CENEGENICS JAPAN株式会社のプレスリリース

我々は、COVID-19に対して免疫を調節する臍帯由来幹細胞および子宮内膜由来幹細胞を利用した治療法の開発に貢献し、倫理的に問題が少ない、副作用の少ない治療法を提供する事で、患者の皆様への貢献と、企業価値の向上を実現してまいります。 通常はこの後、第三相試験を行い、その結果を受けて、メキシコ連邦政府に薬事申請を行うわけですが、メキシコにおいては、特に新型コロナウィルス対策として、第三相試験開始が承認されたときに、仮承認がでる場合があり、仮承認が出た場合には、メキシコ全土でプロメテウスが利用可能となるそうです。 MSCs は、自分の身体から取得するため、投与時の安全性が高く、倫理的問題が少ないと考えら れ、再生医療分野での応用が期待されている幹細胞です。 第一例目の投与がなされて以来、5月26日までの時点で重度のCOVID-19肺炎患者として登録された症例数は9例であり、引き続き50症例まで登録数を増やすことを目指し、治療を続けてまいります。 また、再生医療である樹状細胞ワクチンを用いたがん治療と疾患に対する免疫を利用するノウハウをこれまで蓄積してきました。 子宮内膜由来幹細胞は、臍帯由来幹細胞と同じく安全で倫理的問題が少ないだけでなく、経血から作製することができるため、臍帯等と比べ原材料の供給が容易です。

>

国立感染症研究所

対象者は、臍帯由来幹細胞治療と同様に、COVID-19によって重症化した患者に対して行い、目標症例は30症例を予定しており、標準治療を行う比較対象群は、15症例を予定しています。 メキシコ内で3つの研究施設を利用して実施。 MSCs は、自分の身体から取得するため、投与時の安全性が高く、倫理的問題が少ないと考えら れ、再生医療分野での応用が期待されている幹細胞です。 なお、薬事承認が得られました場合、メキシコの多くの重症患者に、治療薬が提供できます。 その中で、科学的な根拠にもとづき日々の患者さんの治療にあたりつつ、プロメテウスの治験を引き受けてくださったことに胸が熱くなりました。 )が、最近では、幹細胞の一種であるiPS細胞を使った実験でアルツハイマー病の原因物質を減らす効果が確認された薬を、アルツハイマー病の治療薬として患者に投与する治験を実施すると京都大などの研究チームが6月4日に発表した。

>

テラが急騰、国際新型コロナウイルス細胞治療研究会が6月8日に重大プロジェクト発表か 投稿日時: 2020/06/03 12:49[みんなの株式]

そのため、患者への迅速な対応が期待できます。 本研究会にて、新型コロナウイルスに対していかに幹細胞治療が有効的か、分かりやすく解説する動画を作成いたしました。 テラとセネジェニックス・ジャパンが提携し、免疫療法および再生医療をはじめとする医療技術や薬理効果などに関する両社の知見を総動員させ、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に有効な治療法の確立を共同で行ってまいります。 患者への投与について: 1. セネジェニックス・ジャパンがその運営事務局を務めております。 (以下「セネジェニックス・メキシコ」)は、既にMSCsの臨床応用を北米で展開しています。 また、再生医療である樹状細胞ワクチンを用いたがん治療と疾患に対する免疫を利用するノウハウをこれまで蓄積してきました。 国際新型コロナウイルス細胞治療研究会は6月16日、テラの株取引に関して緊急告知を公表した。

>