補助 金 等 に 係る 予算 の 執行 の 適正 化 に関する 法律 施行 令。 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律|条文|法令リード

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律 全文

第10条(事情変更による決定の取消等) 1 各省各庁の長は、補助金等の交付の決定をした場合において、その後の事情の変更により特別の必要が生じたときは、補助金等の交付の決定の全部若しくは一部を取り消し、又はその決定の内容若しくはこれに附した条件を変更することができる。 4 補助金等の交付の決定に附する条件は、公正なものでなければならず、いやしくも補助金等の交付の目的を達成するため必要な限度をこえて不当に補助事業者等に対し干渉をするようなものであつてはならない。 以下「会社法」という。 )の規定は、この法律の施行後に国税徴収法第2条第12号に規定する強制換価手続による配当手続が開始される場合について適用し、この法律の施行前に当該配当手続が開始されている場合における当該法令の規定に規定する徴収金の先取特権の順位については、なお従前の例による。 補助事業に必要な資金調達をする場合• 補助金の不正受給の実態 森友学園の補助金不正受給が記憶に新しいですが、それ以外にも国家予算である補助金や助成金の不正利用は長らく問題となっています。 附則(昭和45年4月1日法律第13号) 第1条(施行期日) この法律は、公布の日から施行する。 この法律の施行前にされた訴願等の裁決、決定その他の処分(以下「裁決等」という。

>

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令

第18条(補助金等の返還) 1 各省各庁の長は、補助金等の交付の決定を取り消した場合において、補助事業等の当該取消に係る部分に関し、すでに補助金等が交付されているときは、期限を定めて、その返還を命じなければならない。 )又はこの法律の施行前に提起された訴願等につきこの法律の施行後にされる裁決等にさらに不服がある場合の訴願等についても、同様とする。 補助金を受けた事業者には、補助事業の遂行状況を各省庁の長へ報告する義務があります。 )又はこれらのための手続は、この法律による改正後の関係法律の相当規定により行われたものとみなす。 一 第1条中地方自治法第250条の次に五条、節名並びに二款及び款名を加える改正規定 (同法第250条の9第1項に係る部分 (両議院の同意を得ることに係る部分に限る。

>

補助金の適正化の法律はどんな内容?違反するとどうなるの?

この政令において「補助金等」、「補助事業等」、「補助事業者等」、「間接補助金等」、「間接補助事業等」、「間接補助事業者等」、「各省各庁」又は「各省各庁の長」とは、 ((昭和29年法律第205号) 第20条の2、(平成11年法律第162号) 第19条(同法附則第8条第6項の規定により読み替えられる場合を含む。 に提出しなければならない。 2 各省各庁の長が前項の規定により補助金等の交付の決定を取り消すことができる場合は、天災地変その他補助金等の交付の決定後生じた事情の変更により補助事業等の全部又は一部を継続する必要がなくなつた場合その他政令で定める特に必要な場合に限る。 3 前2項の規定は、補助事業等について交付すべき補助金等の額の確定があつた後においても適用があるものとする。 資金繰りの悪化で補助事業等の継続が困難であると認められる場合 詳細は、以下のURLから経済産業省の関連資料を参照いただけます。 第26条の4(電磁的方法による提出) 1 この法律又はこの法律に基づく命令の規定による申請書等の提出については、当該申請書等が電磁的記録で作成されている場合には、電磁的方法(電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法であつて各省各庁の長が定めるものをいう。 、第四十条中自然公園法附則第九項及び第十項の改正規定 同法附則第十項に係る部分に限る。

>

補助金の適正化の法律はどんな内容?違反するとどうなるの?

で、この法律の施行の日においてこれらの行為に係る行政事務を行うべき者が異なることとなるものは、附則第二条から前条までの規定又は改正後のそれぞれの法律 これに基づく命令を含む。 第22条(財産の処分の制限) 補助事業者等は、補助事業等により取得し、又は効用の増加した政令で定める財産を、各省各庁の長の承認を受けないで、補助金等の交付の目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供してはならない。 2 この法律の施行前に補助金等が交付され、又は補助金等の交付の意思が表示されている事務又は事業に関しては、政令でこの法律の特例を設けることができる。 第6章 罰則 第29条 1 偽りその他不正の手段により補助金等の交付を受け、又は間接補助金等の交付若しくは融通を受けた者は、5年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。 )、第40条中自然公園法附則第9項及び第10項の改正規定(同法附則第10項に係る部分に限る。 95%の割合で計算した加算金を国に納付しなければならない。

>

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令

3 前二項の規定は、これらの規定に定める条件のほか、各省各庁の長が法令及び予算で定める補助金等の交付の目的を達成するため必要な条件を附することを妨げるものではない。 第14条(聴聞に関する規定の整理に伴う経過措置) この法律の施行前に法律の規定により行われた聴聞、聴問若しくは聴聞会(不利益処分に係るものを除く。 )、(平成14年法律第159号) 第17条第2項及び附則第2条の6,(平成14年法律第162号) 第28条、(平成14年法律第163号) 第17条、(平成14年法律第166号) 第13条、(平成14年法律第180号) 第23条、(平成15年法律第43号) 第11条、(平成15年法律第94号) 第24条、(平成15年法律第114号) 第22条、(平成16年法律第135号) 第16条並びに(平成26年法律第49号) 第17条の3において準用する場合を含む。 交換:処分制限財産と他人の所有する他の財産との交換。 2 前項の場合において、情を知つて交付又は融通をした者も、また同項と同様とする。 この事件は不正金額の規模が大きく、しかも同企業は以前も領収証偽造で書類送検された経歴があるため、国会でも話題となりました。

>

補助金の適正化の法律はどんな内容?違反するとどうなるの?

第13条(補助事業等の遂行等の命令) 1 各省各庁の長は、補助事業者等が提出する報告等により、その者の補助事業等が補助金等の交付の決定の内容又はこれに附した条件に従つて遂行されていないと認めるときは、その者に対し、これらに従つて当該補助事業等を遂行すべきことを命ずることができる。 )の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、前3条の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、当該法人又は人に対し各本条の罰金刑を科する。 この場合において、同令第一条中「日本専売公社法第四十三条の二十五」とあるのは「日本たばこ産業株式会社法 昭和五十九年法律第六十九号。 ここからは、この財産の処分について詳しく解説していきます。 )の施行前に改正前のそれぞれの法律の規定によりされた許可等の処分その他の行為 (以下この条において 「処分等の行為」という。 第13条(罰則に関する経過措置) この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 第九条第二項及び第三項 第十四条第二項において準用する場合を含む。

>

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律 全文

補助金等の交付の決定に係る国の会計年度が終了した場合も、また同様とする。 )又はこの法律の施行の際現に改正前のそれぞれの法律の規定によりされている許可等の申請その他の行為 (以下この条において 「申請等の行為」という。 の代表者」と、同令第九条第四項中「日本専売公社、」とあるのは「会社の代表者、」と、「、日本専売公社」とあるのは「、会社」と、同令第十四条第一項第一号中「国」とあるのは「会社」と、同令第十六条第一項中「公社又は新東京国際空港公団の総裁の事務については当該公社又は新東京国際空港公団の機関」とあるのは「会社の代表者の事務については会社の職員」と、同条第二項中「日本専売公社、」とあるのは「会社の代表者、」と、「、日本専売公社」とあるのは「、会社」とする。 以下この条及び附則第百六十三条において同じ。 )、第40条中自然公園法附則第9項及び第10項の改正規定 (同法附則第10項に係る部分に限る。 廃棄や取り壊しだけでなく、所有者の変更を伴わない譲渡や貸付けといった行為も禁じられていますので、ご注意ください。 )をする場合においては、各省各庁の長の承認を受けるべきこと。

>

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令の一部改正に伴う経過措置 第二十条 前条の規定の施行前に公団が交付した公団法第三十四条の二に規定する公団の補助金等及び間接補助金等については、前条の規定による改正前の補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令 同令第十八条を除く。 第26条の3(電磁的記録による作成) この法律又はこの法律に基づく命令の規定により作成することとされている申請書等(申請書、書類その他文字、図形等人の知覚によつて認識することができる情報が記載された紙その他の有体物をいう。 次項において同じ。 附則第二十八条の規定によりなおその効力を有するものとされる同法附則第二十条の規定による廃止前の日本専売公社法第四十三条の二十五」と、同令第三条第一項第五号中「日本専売公社」とあるのは「会社法附則第十二条第一項の規定による解散前の日本専売公社が交付した補助金等に関しては、日本たばこ産業株式会社 以下「会社」という。 8 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 3 前項の措置に不服のある者は、内閣に対して意見を申し出ることができる。

>