聖徳 大学 ホームページ。 岐阜聖徳学園大学

聖徳大学

書道展に出品すると共に、著名な書道作品を鑑賞・解説できる力を育成 聖徳大学図書館・博物館をはじめ、著名な美術館を訪れ、貴重な作品の本物を体験し、時代を超えた感動を味わい、書道作品を鑑賞する力、作品を解説できる力を育成していきます。 ピアノ練習室も見ることができます。 人形劇を行なう教室や、 乳児への接し方を学ぶ教室を見学します。 人間栄養学専攻(博士前期課程・博士後期課程)• 子どもの変化や発達に適切に対応しながら、必要なサポートの方法、考え方を学びます。 養護教諭コース• 学長川並孝子死去。

>

オープンキャンパス

本専攻科修了生も豊かな専門知識を活かして、一般企業・公私立幼稚園・保育所・施設・病院などに就職し、幅広く活躍しています。 各種演奏会が行なわれる奏楽堂やパイプオルガンのレッスン室もまわります。 2019年、高等教育の無償化制度に大学側が申し込まず、同制度の対象外となることが決まった。 大学院音楽文化研究科に音楽専攻博士後期課程を開設。 【音楽コース】 ピアノレッスン室をはじめ、各種楽器の演奏(レッスン)室を見学。 (千葉県松戸市秋山)• 教養デザインコース• 両の手で頰づえをつき、ほほえんだようなブロンズ製の「顔」が、いつまでも両親を見つめている……。 (この間の沿革はを参照)• 各人の学習・研究ニーズに合わせた、フレキシブルな履修プランを立てられます。

>

岐阜聖徳学園大学|岐阜聖徳学園大学短期大学部

専門は、小児医学、子どもの保健。 人文学部に社会福祉学科を開設。 大学に人文学部児童学科、日本文化学科、英米文化学科の通信教育部を開設。 心理学科• 作曲・理論コース• 聖徳大学図書館と連携し、実務経験豊富な教授陣の指導で現場対応力を育成 図書館学・図書館情報学を基礎から実務レベルまで体系的に学び、その成果をもとに図書館実習を実務経験豊富な教授陣から多角的な指導を受け、現場対応力を育成していきます。 人文学部に外国語学科を開設。 理事長の川並弘昭が学長を兼務。 附属校・関連校には、幼稚園(7園)、小学校(1校)、中学校(2校)、高等学校(2校)、専門学校(幼児教育専門学校)がある。

>

聖徳大学 大学院

人文学部女性キャリア学科を開設。 人文学部に臨床心理学科を開設。 川並香順・孝子夫妻により大森区(現:東京都)に 聖徳家政学院 設立。 英米の文化領域• 医療保育専攻では、保育士の資格保有を前提として、病院での実習と数多くの演習を通じて、病気の子どもに適切に対処するために必要な知識と技術を学んでいきます。 服飾文化、被服素材、造形、管理、服飾美・心理、消費環境などの各側面から服飾を追究し、専門的な知識を深めると共に、総合的な知識と技術の向上を図ります。 通信教育部人文学部英米文化学科、日本文化学科を通信教育部文学部文学科へ改組。 これまでの実績により企業・各界との太いつながりも生まれています。

>

オープンキャンパス

「保育」「教育」「心理」「福祉・保健」「文化」の5つの視点で児童学を捉えることにより、ご自身のキャリア領域に即した研究が可能です。 英語学領域• 英語・英文学コース 英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)を基礎から丁寧に修得し、英米の文学・文化・言語の学びを通して、国際的に活躍できる力を育成します。 20分ほど探してようやく見つけた。 最新の図書館学・図書館情報学を学び、図書館で即戦力となる知識を修得 インターネットの発達や民営化図書館の登場など、図書館司書を取り巻く環境は大きな変化を遂げています。 大学院に看護学研究科看護学専攻修士課程を開設。

>

学部・6コース紹介 │ 文学部文学科│聖徳大学 聖徳大学短期大学部

国内有数のシミュレータがある演習室や授業で使用する教室を案内します。 【SEITOKUコース】 大学の雰囲気を知りたい方や、学びたい分野が決定していない方向けのコース。 学部 [ ] 聖徳大学10号館 生涯学習社会貢献センターが入居• 日本文化学科 大学院• 聖徳大学短期大学部保育科 教授 病院という特別な環境で、親と離れて過ごさなければならない子どもたちは、想像以上に大きな不安を感じています。 スポーツ健康コース(昼間主)• 昼・夜開講 社会人でも学びやすい昼・夜開講を全研究科で導入 同じ授業を昼間と夜間の2回にわたり開講しており、どちらかを選択することができます。 日本文学・日本語学を本質的な体験を通して体系的に学ぶ教養力の育成 世界に通用する日本文化の基礎となっている源氏物語・百人一首等の古典から、夏目漱石・芥川龍之介・太宰治などの文豪たち、そして村上春樹などの近現代の日本文学を基礎から専門まで体系的に学び、一生の宝物となる教養力を育成していきます。 特別支援教育専修• 人文学部に現代ビジネス学科を開設。

>