辿る 意味。 「帰路をたどる」って言葉の使い方あってますか?また、あっていたら、どのような...

【末路を辿る】の例文集・使い方辞典

もっとも、以前なら老中が一日手許に止めおき、吉保にはかっていたであろう。 「帰」は、人が戻っていく様子を表します。 しかし、1889年、箱根八里の険阻なるを嫌い、東海道本線が現御殿場線の経路をもって開業すると小田原宿は凋落の途を辿ることになる。 やみくもに出てしまった義仲が、「田舎者」と嫌われて不幸な末路を辿ったのとは正反対だ。 そうではあるが、強い復讐心から禁断の剣法『辟邪剣譜』を習得してからは、岳霊珊への想いは消えてしまい、ついには岳霊珊の命を奪ってしまうことになる。

>

「帰路につく」とは?意味や使い方をご紹介

長期間の緊張を強いられていた泰村はこの和議に喜悦し、この直後に湯漬けを食して吐き戻したという。 「辿」は です。 … 岩井志麻子『恋愛詐欺師』 より引用• それも日本語での投稿となり、朝鮮語での執筆活動は不可能であった。 … 池宮彰一郎『最後の忠臣蔵』 より引用• 光秀はこの乱世にどのような末路を辿るのであろうか。 身に覚えのない悪事を山と背負わされた曹操に比べれば蔡瑁程度のことはどうということはないと言える。

>

【末路を辿る】の例文集・使い方辞典

俺の心は陶然としていた。 荒廃の途を辿った社殿の再建は、黒田長政の家老黒田一成の手による、寛永四年のそれを待たなければならなかった。 一般の人にしてみればうらやましい限りですが、例えば実家暮らしで家賃なども入れておらず、すべてのお金を貯金できる状態にあれば、もしかしたら貯金額が増加の一途をたどっていくことも不可能では無いですよね。 将来においても、それは永遠の謎であろう。 「増加の一途をたどる」、という表現は物事がどんどん増加していく、という意味になります。 「就」と「着」には、アクションを起こした瞬間(もしくは最中)なのか、終了した状態なのか、という違いがあります。 … 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』 より引用• 各地に設置された産業用鉄道も同じような末路を辿ったが、南大東島のサトウキビ運搬鉄道は唯一復旧し、1983年まで使用されていた。

>

「帰路につく」とは?意味や使い方をご紹介

そのため、たとえゲームに成功したように見えても、最初に指摘した業が無くなっていなければ、悲惨な末路を辿るように仕向けられている。 候補に上がるのは「就く」と「着く」です。 あるいは、逆に借金が増加の一途をたどっていくこともあるかもしれません。 その次も同じだった。 流星香『プラパ・ゼータ 4 玻璃色の迷宮』 より引用• アブー・サラマを暗殺した後、おそらくアブー・ムスリムは自分も同じ末路を辿ると考えていた。

>

「帰路につく」とは?意味や使い方をご紹介

まだ、帰るべき場所には到達していないときに使います。 記者その人々の存在は、社名入りの名刺とその旗を立てて走る自動車の威厳によって装われるようになったのであった。 当時、日本による言論弾圧により、朝鮮の文士たちは御用作家となるか、筆を折って引きこもるか、抗日作品を書いて投獄されるかの途を辿るのだが、文壇で活動するには総督府の操る朝鮮文人協会に従うしかなく、発表できる文芸雑誌は『国民文学』しかなかった。 <デジタル大辞泉> たどる「辿る」 1 道筋に沿ってめざす方向へ進む。 続いて爆発した『クイーン・エリザベス』もヴァリアントと同じ末路を辿った。

>

「帰路につく」とは?意味や使い方をご紹介

この突撃銃の運用思想は後の自動小銃に多大な影響を与えた。 うち晴れた空と心地よく濡った大地と、それから冬から春に変りゆく太陽の輝かしい柔い光線、こんな日に少しばかり郊外の途を辿るのは確かに 新鮮 フレッシュな悦びであらねばならぬ。 … 豊島与志雄『現代小説展望』 より引用• 戦後ソ連はSKSカービンと呼ばれる自動小銃を経て、AK-47アサルトライフルを軍の主力小銃として採用した。 逆に生きる意味を見出せば、アマンダのように接触し、後継者となることもある。 わたし達は本来の意味では新聞というものを持たずに、何年かを過させられたのであった。 頂点を越え、 凋落 ちようらくの途を 辿 たどり始めた者の運勢は、周辺の人には敏感に察知される。 消費者金融などからお金を借り、その借金を返すためにさらにお金を借りたりしていると、いつの間にか借金額がどんどん大きくなってしまったということもあります。

>