Excel プルダウン 複数 選択。 Excel(エクセル)のプルダウンの作成方法|連動や解除、追加方法も解説

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する|Office Hack

複数のプルダウンリストを連動 名前定義を使って複数のプルダウンリストを連動させる方法を説明します。 「リストボックス」シートに複数選択リストボックスを置いてあります。 INDIRECT関数を使って2つめのリストを作る 名前を付けたセル範囲を利用して、2つめのドロップダウンリストを作成します。 入力規則を使う 【1】入力規則をつけたいセルを選択 【2】データタブを選択 【3】データの入力規則を選択 【4】設定を選択 【5】入力値の種類をクリック 【5】リストを選択 【6】元の値の欄にリストにしたい文字を入力 この時に文字を入れた後は「,」で区切ってください。 Excelの便利機能「プルダウンリスト」とは? プルダウンリスト(プルダウンメニュー、ドロップダウンリストなどとも呼ぶ)とは、セルをクリックした時に複数の選択肢を表示させる機能。 プルダウンメニューの選択から価格を自動反映させたいセルに、下の関数を入力します。 6)入力規則を設定したセルをコピーし、同列のほかのセルに貼り付ける =offset の後ろには大項目の基準となるセルを指定することで、プルダウンで大項目が選択された際にmatch関数によって基準セルから何行下の値が設定されたのかを判断できます。

>

入力規則で複数のドロップダウンリストを連動させる

2「広報部」のセル範囲に名前を付ける 同様にセルB2~B9を選択して、名前ボックスに「広報部」と入力して[Enter]キーを押します。 中分類では、魚・肉・野菜それぞれの定義づけをおこないます。 プルダウンのメリット-どんな時に便利? ではプルダウンリストのメリットは何でしょうか?それは大きく3つあります。 「元の値」ボックスを一度クリック、カーソルをボックス内に表示させる• 例えばプルダウンリストでないと作業が完了したことを表記する時に、「完了」と書く人もいれば「終了」、もしくは「終わった」と書く人もいるかもしれません。 エクセルのプルダウンリストの編集方法 一度作成したプルダウンリストの項目を増やしたり、削除したくなるケースはよくあります。 セルの範囲指定で、プルダウンに追加したいところまで選択します。 考え方• 次に任意の位置に選択肢と選択状態をリンクするセルを用意します。

>

Excel 複数のプルダウンを連動させる方法

下記の例では、F1セルで部署名を選択するとF2セルで担当者名のリストが現れるよう表を作成していきます。 「End」キーで、プルダウンメニューの最終列にジャンプします。 プルダウンが作成されているセルを選択してアクティブにし、「データ」から、「データの入力規則」をクリックします。 最後に、飲食店形式については、プルダウンリストの基本でも紹介したように、別枠でプルダウンリスト化することによって、完成となります。 今回は、「鈴木」の後ろに「,高橋」と入力。 プロパティ 設定値と説明 オブジェクト名 マクロ・VBAからアクセスする変数名です。 データの入力規則をクリック• まずは連続した空白セルに入力する例を見てみましょう。

>

Excel(エクセル)のプルダウンの作成方法|連動や解除、追加方法も解説

Range "B2". 今回、「所属(課)」欄(セルB5)のドロップダウンリストで表示したいセル範囲は、「所属(部)」欄(セルB4)のドロップダウンリストで選んだ内容に応じて変わるように設定します。 プルダウンで地方を選択 都道府県のプルダウン設定手順 都道府県を地方ごとにを設定します。 プルダウンメニューから複数選択する方法 プルダウンメニューからの 複数選択は、基本的にできない操作です。 選択肢となるセル範囲をRangeオブジェクトで指定し、単純にValueプロパティを変数に代入すると二次元配列になってしまいます。 高度な方法 OFFSET関数とMATCH関数 セル範囲を設定する方法との相違点(メリット・デメリット) 先述のセル範囲の方法では地方ごとにセル範囲名を設定する手間があります。 名前を付けて指定 最後に「名前を付けて指定」するやり方で、次のように行います。

>

【Excel】ドロップダウンリストの選択肢が多すぎ!エクセルで2段階のドロップダウンリストで表示項目を絞り込むテクニック

本記事で解説したChangeイベントをはじめとして、使い方をマスターしましょう!. xlValidAlertInformationはドロップダウンリストにない値でも入力できますが、xlValidAlertStopは受け付けません。 セル範囲に名前が付けられる 「名前の定義」機能 と INDIRECT関数を組み合わせることで、2段階のリスト入力を作成することができます。 プルダウンリストの使用には、以下のメリットがあります。 入力漏れを防止すると同時に、記入する人に対しても親切なので活用してみましょう。 それぞれの特徴を理解し、場面に応じて使い分けましょう。

>

【便利機能】エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を編集・連動・解除する方法

上の例でいえば、まず[担当部署]リストを選択すると、その部署に所属する人だけが[担当者]リストに表示されるようにすれば、より簡単かつスマートに選択できるようになります。 プレビューの書式をクリックし、塗りつぶしから色を選択 最後にOKをクリックすれば、プルダウンメニューから達成を選択した時に背景色が付きます。 このように複数のプルダウンリストを連動させる方法をご紹介します。 上の画像は、見た目からは判断できませんが、E2にプルダウンが作成されています。 上の画像では、都道府県名の「東京都・神奈川県・大阪府」の3つの項目を選択している状態で、シートの左上にある名前ボックスを「B4」から「都道府県名」に変更しています。 (2)使う用語が統一され、見やすくなる 入力されたものを見た時に、用語が統一されるので見やすくなります。 エクセルに作ったプルダウンが見つからない。

>