サテラ エミリア。 【Re:ゼロから始める異世界生活2期】最大の謎!サテラに迫る!

エミリアの正体はサテラと関係がある?リゼロ2期の考察まとめ

そう思ったのは自分だけ? エミリアの中でも特徴的なのはエミリアの種族がハーフエルフだという事です。 スバルが死に戻りの能力を公言しようとした際に心臓を掴んでくるのもサテラの「見えざる手」で間違いないと思われます。 あなたが、私が孤独に震える夜、傍でずっと手を握ってくれていたからです。 そこでの スバルの反応が、サテラとエミリアが同一人物なのではないかという可能性を裏付けるものとなっています。 サテラは四百年前に封印されているからです。

>

【Re:ゼロから始める異世界生活】サテラの正体とは?エミリアとスバルとの関係は?後半クールリゼロネタバレ

まだこの「封印」については詳細は明かされていません。 言葉には出さなかったですが、本当はスバルもサテラ=エミリアというのに気付いたのでしょう。 まとめ これまで、嫉妬の魔女サテラについて調べてきましたが、いかがでしたか? 謎が多い嫉妬の魔女サテラですが、2期・聖域編にて原作と比べてアニメの登場の仕方やスバルや他魔女達との絡みなど、どのように構成されているのか楽しみですね! 原作を読んだことない方は、是非読んで見て下さい!原作と読み比べて、アニメを見るのも楽しいかも知れません。 これまでスバルと会ったことが一度もないサテラの台詞にしては、少し奇妙なセリフですよね。 サテラは嫉妬の魔女なので、「秘密を他の人に知られるのを嫌がった魔女による妨害」であるとスバルは推測しています。 話すとき語尾を伸ばすクセがある。

>

嫉妬の魔女サテラが聖域に顕現した方法やエミリアと同じ顔の理由解説!【リゼロ考察】

というのも第6章でフリューゲルについて色々明かされていくのですが、 現時点で分かっている情報は以下の通りです。 しかしながら、考察していくうちに、サテラの謎を追うことこそ、【リゼロ】を真に理解できるかもしれないことがわかりました。 しかも、今までの行動を見る限り、外に出ることにビビってるとか、あんまりプラスな理由じゃないんでしょうね。 私はあまりに多くをあなたにもらいました。 そのあとサテラは、スバルに対して「必ず、私を殺しに来てね」と言うのですが、スバルは「 必ずお前を救って見せる」と答えるのです。

>

【リゼロ】サテラとエミリアの正体が同一人物と判明?その理由を解説!|Anitage+

ロズワール邸で過ごす前のエミリアは、エリオール大森林で凍った仲間に降り積もる雪を払ったり、エリオール大森林の地図を作ったり、家族も仲間もいない中ひとりぼっちで過ごしていました。 少女は、「 本当は助ける気はなかった」と豪語しておきながら、ケガを治癒して気絶から目が覚めるまで側についてくれていました。 また、スバルに死に戻りの力を与えたのもサテラと考察されています。 スバルの前情報を知ってしまったエミリアは、本当に心配します。 ですが実際のところ、サテラのこの権能ですがペテルギウスも彼女と近い権能を持っており、 見えざる手として今まで色んな人達を殺めてきました。

>

エミリアの正体はサテラと関係がある?リゼロ2期の考察まとめ

エミリアとサテラは別人と言われてますが、スバルとエミリアが婚約をしてエミリアが子作り宣言をする前に、スバルが第2の試練で記憶を失って取り戻せても降り出しに戻ったのでそこら辺は定かではないです。 一体エミリアは過去にどんな罪を起こしたのでしょうか? アニメ2期(後半)エミリアの過去にサテラにつながるヒントが明かされる? (この内容はアニメ2期の後半、第2クールで放送予定のネタバレです。 そして、他の魔女を滅ぼしたのも、世界を半分滅ぼしかけたのも嫉妬の魔女ではなく、 サテラの人格だったことが分かります。 本来であれば、自分達を殺した存在を許す筈がありませんし、サテラが登場した瞬間に戦いが始まります。 スバルは自身が死んだことに気づくことはなく、2回目の死亡を体験したのち、自分が初めて死に戻りをしていることに気づいたのです。 現時点では 「サテラ=エミリア」という説が濃厚なのではないかと考えられます。 外見が同じだから、同じ声優さんなのか。

>

エミリアの正体はサテラと関係がある?リゼロ2期の考察まとめ

実際に目にするまで結論というものに辿り着けないのは、強欲の魔女であるボクであっても君たちと変わらないよ」 エキドナ「器に君の思い人を選んだことにも、さしたる理由はないんじゃないかな。 貴方の愛を、自愛を、寵愛を。 ただ、個人的には大瀑布の祠以外にも複数の封印があるのではないかと思っています。 今回も含めて、スバルが聖域から出ようとすると、毎回絡んでくるのも、自分がビビッて出れないのにスバルは平気で外に行こうとすることに嫉妬が混じっているのかもしれないね。 2011年 第 5回 81オーディションにて特別賞を受賞 イベントやYouTubeなどの番組ではもちろん、 高橋李依さんは現場でもムードメーカーをつとめ、元気で明るく、誰とでも打ち解けることが出来るステキな女性です。

>