かぶせ はぎ 棒 編み。 【スヌードの編み方】かぎ針や輪針を使った簡単な作り方6パターン

【棒針編みの基礎】とじ方・はぎ方

ほどけたら、目の向きに注意しながら2枚の編み地に針を戻します。 今回は メリヤス編みという編み方で、基本的でマスターしておくと応用できる編み方です。 複雑な編み地では図案を確認しながらの作業になります。 もう一方の針を右手に持ちます。 動画で1目ゴム編みのやり方を紹介しているのでぜひ見てみてください。

>

編み物の技法〜 ニットの肩をはぐ方法を覚えましょう

糸を引き出したところです。 または表目の連続になります。 今回は、とじなきゃいけないのが、身頃80段以上、袖100段以上なのでうんざりしました。 違いがよくわかると思います。 棒針で編むかぶせはぎ 動画を作りました。 ちなみにこの本は残念ながら絶版になっているようで新品は手に入りませんが、アマゾンでは中古で購入することができます。 1本針を抜いた状態です。

>

棒編みの編み方40選!メリヤス編みやガーター編み・スヌードの編み図も

*方法としては引き抜きはぎもありますが、今回はより伸縮性のある仕上がりになるかぶせはぎについてです。 (左の針から右の針へ) 1目の完成です。 ガーター編みは、裏目の連続。 スヌードの編み方とスヌードキットをご紹介しているブログです。 つづいて、編み終わり側の糸 毛糸玉に繋がってる糸 をかぎ針で拾います。 編む速度をスピードアップするコツをつかみましょう。 ほどいた状態では、向こう側の編み地は1段少ない状態になっています。

>

【スヌードの編み方】かぎ針や輪針を使った簡単な作り方6パターン

2目めが編めました。 右側の編み目を左の編み目にかぶせ、これを繰り返します。 前回は作り目まで完了しました。 編み方が違うと目がバラバラになってしまうので気をつけましょう。 毛糸の色が濃いぃは、カメラの腕が悪いはで よく分かりませんねぇ 今々、忘れないためのアップなので 御勘弁ください。 棒針には、竹製・金属製・プラスチック製とあります。

>

編み物の技法〜 ニットの肩をはぐ方法を覚えましょう

実際には編み終わり側の糸 緑 を使用していると考えて下さい。 同系色の糸を使用するのは、捨て編みをほどいた時に、編み地に捨て編みの糸が付着してもあまり目立たないからです。 この時点で落ちている目があったら、やり直すことになります。 身頃の肩はぎを例にとると次のような方法ではぎます。 この編み地は最初と最後で編み地の幅がちょっと変わっちゃってるので、かぶせはぎしたところがなんかきゅっとしぼったみたいになっちゃってますが、ちゃんと一定の太さで編まれた編み地なら、どこではいだのかほとんどわからなくなると思います。 端まで伏せ目をしたら、糸をカットして引き抜きます。 今回は「指でかける方法」をご紹介します。

>

棒針編みの基本的な編み方~フランス式とアメリカ式で解説~

捨て編みをした肩のかぶせはぎとは、肩を編み終わったあとに、別糸でメリヤス編みを5段ほど編むことです(本体が模様編みであっても、捨て編みはメリヤスで編みます)。 用意するもの 棒針は2本セットや4本セットになっていて、好みの毛糸を選んだら、それに合う号数の棒針を選びます。 滑りで選ぶなら金属製のものが速く編めると思います。 偶数段は編み地の裏側を見ながら「裏編み」をし、奇数段は編み地の表側を見ながら「表編み」をすると覚えましょう。 まあ、通常はそこまで厳密にしなくても、均等になるように拾って行けばいいのだと思うのですが、そういうのがあるんだということを知っていると応用がききますよね。

>