東京 都 コロナ イベント。 新型コロナウイルス拡大防止にご協力お願いします|東京都

事業者向け「東京都感染拡大防止ガイドブック」|東京都防災ホームページ

2020年12月9日 水曜日• 〇 具体的には、段階的に人数上限を引き上げることとすることで、感染状況に応じた対応が可能になると考えられる。 (1)医療機関又は保健所で検体を採取、(2)検査機関で検査、(3)結果判明、 (4)医療機関が感染症法に基づく発生届を作成し、医療機関所在地の管轄保健所に送付(保健所が 検体を採取した場合は、保健所が発生届を作成)、 (5)保健所から発生を都に報告(発生届の送付) ・医療機関は、土曜日・日曜日がお休みのことが多く、週末は自宅で様子を見て、週明けに医療機関 を受診し検査を受ける、というケースも少なくありません。 高齢者と同居されている場合は、職場や会食などへ外出する際、感染防止策を万全にしてください。 問い合わせ先 緊急事態措置、感染拡大防止協力金に関すること) 電話 03-5388-0567 (感染が疑われる場合) 電話 0570-550-571 (中小企業の資金繰りに関すること) 電話 03-5320-4877 (中小企業の経営に関すること) 電話 03-3251-7881 (緊急労働相談) 電話 0570-00-6110(東京都ろうどう110番) (消費生活相談) 電話 03-3235-1155 (外国人の生活相談) 電話 0120-296-004 (このページについて) 生活文化局広報広聴部広報課 電話 03-5388-3061 (新型コロナウイルス感染症について) 上記の各お問い合わせ先へ. 令和2年9月19日以降におけるイベントの開催制限等について(11月末までのイベント) 国から令和2年9月11日付け事務連絡「11月末までの催物の開催制限等について」により、9月19日以降のイベントの開催制限等についての方針が示されたことを受け、東京都においても、国の方針と同様の取扱いといたします。 マスク着用の周知 等 従業員への対策• 2020年12月19日 土曜日• 新型コロナ受診相談窓口 (帰国者・接触者電話相談センター)(下記を御参照)では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。 店舗等の利用にあたっては、ガイドラインを守らないお店の利用は避けて、ステッカーのある安心なお店を利用してください。 必要な場合には、 「東京アラート」を発動• ・医療機関は、患者情報等が記載された発生届を医療機関所在地の管轄保健所に送付し、それを受け た各保健所が、都に発生を報告します。

>

東京都 主催イベントの中止や延期 来月12日まで延長で調整

展示会・お祭り・野外フェス等の収容率目安 〇 当面11月末まで、入場者に大声での歓声・声援等がないことを前提としうる場合、感染防止策の徹底等を前提に人と人が接触しない範囲で収容率を100%以内とすることを認める。 ただ今後、感染が収束する傾向が見られた場合には、期限を待たず、緩和を再検討する考えも示した。 頭の0(ゼロ)を忘れないよう、ご注意ください。 ・毎日15時には速報として、当日の発生状況を東京都ホームページのトップページ(福祉保健局ホー ムページのトップページへリンク)に掲載しています。 2週間単位をベースにして状況を評価して、段階的に施設の休業要請を緩和する。 ・なお、厚生労働省は自宅療養については、「独居で自立生活が可能である者」などを対象者として おります。 これにより、プロ野球やBリーグなどのプロスポーツの無観客試合の実施や、ナショナルトレーニングセンターを利用したトップアスリートの練習などが可能になる。

>

新型コロナウイルス感染症(COVID

社会福祉施設等の施設内感染防止策を徹底してください。 ただし、飲食店は現在夜8時までの営業を夜10時まで認め、酒類の提供も夜10時まで 現在は夜7時まで にする ステップ2では、博物館・運動施設・学校を再開し、学習塾や劇場・集会場も再開。 時間制来場者システム、オンラインチケット販売等による混雑緩和• 大学・学習塾等• こうした感染リスクは、ある人数(例えば、5,000人)を境に突然増大するものではなく、参加人数が増えるにつれて連続的に増加するものと考えられる。 全国的又は大規模イベント開催事前相談シート• 新型コロナウイルス感染症を詳しく知るためのリンク集• 特に大声と換気が大きな影響を与えるので、そこで区別している。 感染防止徹底宣言ステッカー 都では、都民の皆様が安心して利用できる施設であることを知らせるため、「感染防止徹底宣言ステッカー」を作成しました。 特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高いことも報告されています。 都民の皆様や利用者の皆様が「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示するお店選びで迷うことがないよう、ステッカー掲示施設の名称と位置情報を示す「登録店舗マップ」を作成しました。

>

東京五輪イベント大手/コロナ休業手当 支払い拒む/「バイトは日雇い」主張

〇 また、全国的又は広域的な人の移動が見込まれる祭り等や参加者の把握が困難なイベント等については、クラスター対策が困難であることから、引き続き、中止を含めて慎重に検討するよう促すこととする。 〇ICU在室者の全てが、必ずしも重症ではない 〇人工呼吸管理下の重症患者が必ずしも、ICUに入室していない 〇集中治療の基準が病院によって異なる可能性がある ・このことから、都では、人工呼吸器やECMOの導入は、現場における判断の差が出にくく明確な基準である ため、モニタリング指標として戦略的に活用しています。 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 東京都感染拡大防止ガイドライン・ガイドブック 都では、感染拡大防止のため、事業者向け「東京都感染拡大防止ガイドライン」と、イラストを用いてわかりやすく解説した事業者向け「東京都感染拡大防止ガイドブック」を作成しました。 ・患者の診断から都への報告までは以下のとおりとなっています。 退職して失業給付をうけようにも会社が雇用保険に加入させていないと判明。 入退場や共有部、公共交通機関の三密回避が避けられない場合、回避可能な人数に制限。

>

新型コロナウイルス感染症について 東京都福祉保健局

詳細は、からご覧ください。 それ以外の場合、当分の間、収容率を50%以内、又は十分な人と人との間隔を要することとする。 2020年12月18日 金曜日• (東京都政策企画局ホームページ)• 休業要請の緩和・再要請を判断する際に用いるモニタリング指標 休業要請の緩和や再要請を判断する際に用いるモニタリング指標として、「感染(疫学的)状況」、「医療提供体制」、「モニタリング(監視体制)」の3つの観点から、7つの指標を設定しました。 モニタリング等を通じた、 都民生活や経済社会活動との両立• 事業者の皆様においては、ガイドラインやガイドブックを遵守し、利用者が安心して利用できる環境づくりにご協力をお願いします。 患者の診断から届出までは以下のとおりとなっています。

>

新型コロナウイルス拡大防止にご協力お願いします|東京都

(提出から、原則として5日以内(休日を除く)にご連絡を差し上げることもあります。 窓口等の対面場所にアクリル板等で遮蔽• これらのサービスをご活用いただき、市中感染リスクの低減や早期相談へのご協力をお願いします。 外出の際には、手洗い・消毒など感染防止策の徹底をお願いします。 ・都では、毎日、新規患者数の発表にあわせて、「区市町村別患者数」(前日までの累計値)を発表 しています。 〇 全国的な感染拡大やイベントでのクラスターが発生した場合、政府は、感染状況を分析し、業種別ガイドラインの見直しや収容率要件・人数上限の見直し等適切な対応を行う。

>

東京都が「ロードマップ」の詳細を発表 イベント・展示会・施設についても目安

イベントの人数上限の目安 〇 イベントにおける感染リスクは、イベント開催中に加え、その前後(入退場時、トイレ、売店、イベント前後の会食・交通機関の利用等)にも存在。 新型コロナ見守りサービス 本サービスは、都立施設で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、施設の訪問履歴に基づき利用者に感染情報を通知する仕組みです。 1万4000人の民間警備を確保する中核企業が、日雇い扱いにして休業手当を出さない実態は、国の指導責任が問われます。 閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。 食事提供施設• 「ステップ1」では博物館や図書館などの展示施設や、観客席部分を除く体育館や水泳場などの屋内運動施設への休業要請を緩和する。 新型コロナウイルス感染症の影響により、神奈川県の海水浴場が開設されておりません。 そういう思いで感染防止策と経済活動の両立を図っていく。

>