ゴルフ 侍 見参。 放送400回記念の戦いは、芹澤大介プロvs古田敦也 リベンジマッチ!!/ゴルフ侍、見参!

最近のBS「ゴルフ侍見参!」ですが、アマが本来の?

音楽:• 最近ではデーブ大久保さんや長谷川繁利さんなんかがツアーに参戦して話題となっていましたが、やはり元プロ野球選手はゴルフがうまい人が多いです。 今回の侍は、ゴルフ熱が高まったのが60歳を過ぎてからと言います。 (第63回・第72回・第250回・第260回)• それに意外とタケ小山プロのスイングが綺麗でかっこいいんですよね~。 侍は、ホームコースでというハンディは関係ない感じなんで、、完全セルフのようにしたらホームである侍に少し有利になるのかな~って。 二代目「」• (第107回・第111回)• それにしても今回ベルンハルトランガー選手と対決できたこのゴルフ侍は幸せ者だな~。 パーオンを難しい場所に外しても、あの手この手で寄せてくる飯塚さんのアプローチは圧巻でした。 これらを淀みなく見せてくれる番組構成にも感謝です。

>

ゴルフ侍、見参!|スカイA|CS放送のスポーツチャンネル

そこにピンマイクを付けられて、時にはレフ板も当てられるでしょうし、さらに真剣勝負で相手が百戦錬磨のプロゴルファーです。 144• 昔、石川遼選手も0番アイアンを使用している時期もありましたが、アマチュアの我々には縁のないクラブです笑 飛ばし屋ゆえに、対決中はショットがあれる場面もありますがスイングもかっこいいですし、見ていてわくわくするプロです。 また余計な解説が入らないのもこの番組の好きなところです。 144• (第30回・第44回・第217回・第221回・第315回・第320回)• 171• 361• (第151回・第154回・第259回・第271回)• (第10回・第16回)• 他のゴルフ番組とは一線を画し、選手の真剣さを伝えるために、BGM等は極力排除し、選手の生の息遣いを出していく演出等を施し、真剣勝負のゴルフ番組では他の追随を許さない程に成長を遂げました。 出演者 、東聡、金子柱憲• 185• またプロにも「負けられない!」というプレッシャーがあります。

>

ゴルフ侍、見参!|スカイA|CS放送のスポーツチャンネル

そして、400回目の記念すべき対決は、芹澤大介プロがかつて敗北を喫した元プロ野球選手・古田敦也とのリベンジマッチ! 3年前の初対戦では、当時、侍相手に5連勝中と絶好調だった芹澤プロがまさかの3and1で完敗。 でも出る以上視聴者を唸らせる程のものを見せて頂きたいですよね。 (第95回、第99回・第174回・第178回・第358回・第362回)• 138• (第5回・第17回)• またリプレイは入りますが、それをスローで見せて解説するなどの編集もありません。 (第66回・第73回・第184回・第189回・第366回)• 120• (第26回・第114回・第117回・第301回・第322回)• (第115回・第119回・第190回・第195回・第244回・第245回・第305回・第312回)• 日本のプロにもぜひ見習ってほしい。 女子ゴルファー10名がシュート・アウト方式で競う。 プロのトーナメントでも使うような名コースよりも、トリッキーで難しいコースの方がプロの技が引き出せたり、侍も肉薄できたりすることが多いように見えます。 レギュラーツアー2勝の実力は本物で、打ったドライバーショットはすべてアマチュアのはるか先にキャリーしていました。

>

放送400回記念の戦いは、芹澤大介プロvs古田敦也 リベンジマッチ!!/ゴルフ侍、見参!

ゴルフもそうですが、健康法も学びたいほどでしたね。 恵まれた環境でゴルフを始められたとは言え、その練習量には頭が下がります。 番組発登場の白潟プロは、初コースを探りながらのプレーでしたが、ハウスキャディさんとのやりとりが大変参考になりました。 力強いドライバーショットでゴルフ侍相手に全勝の中で迎えたのが、元プロ野球選手の「 古田敦也選手」です。 2020年3月15日 日 14:00 - 16:00• こういう会話が聞けるのも番組の良さです。

>

ゴルフ侍、見参!過去の名勝負5選!|ゴルフマニア手帳

112• 試合形式は9ホールのマッチプレー。 四代目「」• (第57回・第65回・第156回・第161回)• (第230回・第237回・第319回・第325回)• 1,076• 203• (第334回・第340回)• (第125回・第127回・第175回・第177回・第287回・第292回・第344回・第353回)• (第145回・第148回・第222回・第227回)• プロのプライドかアマチュアの意地か?果たして勝つのはどっちだ!? <古田敦也さん(ゴルフ侍)コメント> 「前回はまぐれで勝ってしまったので、今回もまぐれで勝とうかなと思います(笑)」 <芹澤大介プロ コメント> 「今回はリベンジさせて頂きます。 (第60回・第71回・第258回・第269回)• (第18回・第118回・第120回・第299回・第308回・第352回・第356回)• (第41回・第53回・第303回・第318回・第360回・第368回)• 318• (第199回・第204回・第296回・第314回)• 過去にも5連覇の経験がありました。 5位 赤城国際カントリークラブ-高松厚プロVS武井茂幸さん 赤城国際カントリークラブ-高松厚プロVS武井茂幸さん【ゴルフ侍、見参!】|ゴルフマニア手帳 赤城国際カントリークラブ(群馬県)西コース 2014年11月23日放送 グリーンが難しいコースは見ていて面白い! 高松厚プロは、番組常連の中でも好きなプロです。 製作:BSテレ東、 テーマソング [ ] 番組で流される音楽は、全ての楽曲が使われる。 1回の放送で最終までの全ホールを見せてくれます。 目次 ゴルフ侍、見参!の面白さ クラブチャンピオンレベルのアマチュアが、百戦錬磨のシニアプロを自らが所属するホームコースで迎え撃つという内容です。

>

「ゴルフ侍、見参!」名勝負6選!あのレジェンドプロの対決はゴルフ好き必見!

343• (第38回・第52回・第179回・第183回・第307回・第311回)• (第210回・第215回)• (第136回・第140回・第240回・第249回・第330回・第333回)• 2019年12月30日 月 18:00 - 20:00• (第43回・第47回)• トラブルショットになることも多かったですが、その処理方法も参考になりました。 1,198• (第376回)• 119• 出演したプロゴルファー [ ]• (第336回・第342回)• 109• (第25回・第27回・第121回・第124回・第262回・第273回)• まず、とても基本を重要視していること。 (第105回・第110回・第181回・第186回・第285回・第290回・第371回・第377回)• (第104回・第108回・第194回・第201回)• 2位 高根カントリー倶楽部-横山明仁プロVS渡辺顕展さん 高根カントリー倶楽部-横山明仁プロVS渡辺顕展さん【ゴルフ侍、見参!】|ゴルフマニア手帳 高根カントリー倶楽部(埼玉県)西コース 2015年11月29日放送 実績も、その練習量も、実際のプレーも、すべてが「侍」! 今回の侍は、合計14回ものクラチャンを獲得した猛者。 テレビだからとか周りに人が多いとかも分かりますがいくらなんでも酷過ぎるのも見られますね。 難しい表現は一切使わず、それでいて核心をついた金言ばかり…。 BSテレ東を代表するゴルフ番組「ゴルフ侍、見参!」。 (第4回・第11回)• 完全にグリーンを読み切っていました。

>

【ゴルフ侍、見参!/G

2020年9月20日 日 14:00 - 16:00• (第1回・第6回・第88回・第92回・第229回・第235回・第295回・第309回・第370回)• (第59回・第67回)• 1,810• このいたってシンプルなポイントをラウンド前に入念にチェックしている姿が印象的でした。 シニアプロとアマチュアゴルファーの真剣勝負マッチプレーを愚直に続けて8年、その放送回数は10月4日の放送をもって400回に達します。 (第78回・第86回・第191回・第197回・第286回・第291回)• 出演者• 企画:細井達也(BSテレ東)• 釣り侍、見参! 198• というよりそんなの言い訳にしかなりません。 トップアマ対シニアプロの真剣勝負という単純な内容ですが、実際の内容やその放送回のレベルを問わずにナレーションも、熱の入った真剣さで進行してくれます。 ・いろいろなコースが見られる。 (BSテレ東) 当番組と全く同じコンセプトで、にテーマを替えて放送しているBSテレ東の釣り番組。 (第45回・第50回・第122回・第126回)• 向こうはプロですから。

>

【ゴルフ侍、見参!/G

(第64回・第70回・第164回・第167回)• 五代目「」• () 当番組と同様、サジットメディアが製作しており、佐藤政道がナレーションを行う。 179• 出演者 小侍:蛍原徹(お笑い芸人、) 第1回プロ:田中泰二郎、ドラゴン瀧、中島弘二、丸山智弘、安田春雄、矢部昭 第2回プロ:加瀬秀樹、井戸木鴻樹、• 眞崎さんの強烈なショットを見た崎山プロも、思わず開いた口がふさがらないといったリアクションをしていたのが印象的です。 17 お気に入り一覧• ただ負けるのは仕方ないですよ。 265• 番組の特性上「もし自分がプレーしたら?」なんて想いを被せられる番組なので、そこも面白さですね。 (第2回・第7回・第123回・第128回・第293回・第300回)• (第247回・第252回)• 同じプロと侍が再戦するのは番組史上初めての試みです。 一生の思い出になりますね。 122• 219• またナレーションは入りますが余計な解説がありません。

>