日本 赤十字 コロナ 動画。 新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~ナレーション付き動画を作成しました~

ウイルスの次にくるもの…日本赤十字の動画企画、狙いは [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

この動画の後半では、 わからないことや先の見えない状況を「怖い」と感じることは正常な反応であると伝えるとともに、その恐怖や不安が私たちの信頼やつながりを破壊する前に「恐怖心」に対してできることを学び実践するよう呼び掛けています。 そいつの名前は、恐怖 ウイルスの次にやってくるもの。 制 作:新型コロナウイルス感染症長野県対策本部室 デジタル広報推進チーム• アニメーションと音楽に合わせて、こんなメッセージが表示されます。 感染症に対する正しい知識を得て、児童生徒が自らの生活を見つめなおし、心身の健康を得るためにどうしたらよいかを考えることを目的としており、中学生以上を対象にして作成していますが、小学校でも活用できるようふりがな付きのデータも併せて作成しております。 感染拡大を防ぐための一助としてぜひお役立てください。 恐怖をテーマにした理由については、こう話します。 人は、団結すれば、恐怖よりも強く、賢い。

>

「ウイルスの次にやってくるもの」(日本赤十字社動画)

以下からダウンロードいただけます。 そして"そいつ"はささやくーー。 具合が悪くても、元気なふりをするようになる。 不確かな情報をうのみにしないで、立ち止まって考えよう」 「誰にもまだ分からないことは、誰にもまだ分からないことでしかない。 ケアプラン室 A 投稿ナビゲーション. 応援しあおう。

>

青少年赤十字向けの教材を作成しました! 「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう! ~負のスパイラルを断ち切るために~」

だから励ましあおう。 (中略)恐怖に振り回されずに、正しく知り、正しく恐れて、今日、わたしたちにできることをそれぞれの場所で」と動画は締めくくられています。 そいつは脅かす。 ご寄付のページは• 新型コロナウイルス感染症の感染対策や対応について動画で学べるサイトを掲載しています。 日本赤十字社:• 日本赤十字社:• 以下のURLからご視聴いただけます。

>

「人が傷つけあうのはウイルスより恐ろしい」日赤が動画公開

また、高齢者や基礎疾患をお持ちの方とその家族の方も、連日のニュースで不安な気持ちを抱かれているかもしれません。 恐怖は逃げていくだろう。 もしかしたら、ウイルスよりも恐ろしいもの。 この度、日本赤十字社では国際赤十字と協力し、みなさまの「こころの健康」を保つヒントとなるサポートガイドを作成しました。 冷静に、客観的に、恐怖を知り、見つめれば、恐怖は薄れていくはずだ」 と恐怖に立ち向かうための心構えを紹介。 海外救援金《海外で発生した災害や紛争による被災者を支援するために》 世界各国の赤十字社・赤新月社を通じて被災国の赤十字社に寄せられる「海外救援金」は、被災国の赤十字社が行う被災者支援活動に役立てられます。 また、本記事の内容は、「赤十字救急法」の講習内容の変更をお知らせするものではありません。

>

新型コロナウイルスの負のスパイラルを断ち切ろう!動画公開

困難な時期を乗り切るための一助としてご活用いただければ幸いです。 「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズの紹介 2020年3月27日 新型コロナウイルスによる感染症は、世界中で感染の拡大が続いています。 「もしも感染していたらどうする?」「あんな風に言われたらどうする?」。 5月に入った途端に急に気温が上がって、気持ちの良い風が感じられるようになりました。 人と人が傷つけあい、分断が始まる。

>

ウイルスの次にくるもの…日本赤十字の動画企画、狙いは [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

動画はこのような一文で締めくくられています。 恐怖に振り回されずに、正しく知り、正しく恐れて、今日、わたしたちにできることを、それぞれの場所で」 動画の狙いについて、日本赤十字社広報課の担当者は「不安や差別が自らの感染を隠すことにつながり、感染拡大を引き起こすと考えられています。 「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズ 1.「隔離や自宅待機により行動が制限されている方々へ」 隔離や自宅待機により、それまで感じたことのない不安・心配におそわれることがあります。 このような状況の中で、多くの方が初めての隔離や自宅待機を経験し、大変な思いをしていたり、その方を支える家族・友人・職場の方もどのように接したらよいか、迷われたりすることも少なくありません。 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、「本当に戦わなくてはいけない相手は人ではなくウイルスで、ひとりひとりの心の中にある恐怖だ」というメッセージを込めた動画が公開されました。 暗いニュースや間違った情報を餌にどんどん膨らみ大きくなる恐怖心が、 『もうみんな助からない』 「誰にもまだわからないことを『誰かが隠しているのだ』 」と悲観的な考えやありもしない陰謀論、原因を誰かに投影して分断と差別を引き起こしていきます。

>

新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~ナレーション付き動画を作成しました~

不確かな情報を、うのみにしないで、立ち止まって考えよう。 。 当支部あてにご連絡いただいてもデータをお送りいたしますので、ぜひご活用をご検討ください。 すくすくと育ち、人格を持った"そいつ"は最後、人間を飲み込んで"モンスター"に変貌する。 鏡を見ると、そこに、もう、あなたは、いない。 それぞれの方法をもって、この事態に対応しているすべての人々へ労いと敬意の心を忘れず 「今日、わたしたちにできることをそれぞれの場所で」 行っていきましょう。 テレビを見れば、コロナの話題ばかりですし…。

>

ウイルスの次にくるもの…日本赤十字の動画企画、狙いは [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

。 暖冬の後、遅い春がやってきたかと思ったら、4月は肌寒い日が多かったですね。 赤十字社「恐怖から負のスパイラルが広がる」 日本赤十字社広報室は22日、J-CASTニュースの取材に、動画の狙いを次のように話す。 【恐怖が嫌がることをする】 恐怖が苦手なものは、笑顔と日常だ。 万が一の事態に遭遇しても、以上のことを忘れずに落ち着いて対応しましょう。 それはまさに今、新型コロナウイルスの感染拡大による混乱から発生している、個人に対する誹謗中傷や偏見、差別を思い起こさせる。 動画の後半では、「 わたしたちが恐怖に飲み込まれる前にできること」として、具体的な行動と心構えを推奨している。

>