Javascript ボタン クリック。 【jQuery入門】click()イベント処理の使い方!

1回クリックすると無効になるボタンの作り方 [ホームページ作成] All About

なぜなら、click メソッドがあとから追加された要素に対応していないからです。 同一ページ内に複数のボタンを掲載する場合は、それぞれに異なるid名を割り振って下さい。 例えば、入力フォームの端に制限の解除用ボタンを用意しておくなどです。 click 】のように、引数を指定しない場合は対象となる要素がクリックされた時と同じ動作を実行させることが可能です。 上記のJavaScriptソースの意味は、主に以下の通りです。 そこで、次のように記述します。 関数内にはコンソールログへ文字列を出力するようにしているので、クリックすると実行結果のようなテキストが表示されます。

>

1回クリックすると無効になるボタンの作り方 [ホームページ作成] All About

他のボタン(この後に作成する「無効化を解除するボタン」)からこのボタンの状態を変化させるためには、要素を一意に特定できるid名が必要だからです。 trigger を使って異なるイベント処理を実行する方法 今度は、trigger メソッドを使ってclick メソッドにクリック以外のイベント処理を実行させることが可能なので試してみましょう!trigger メソッドについての基本的な知識や活用事例は、次の記事で詳しくまとめているので参考にしてみてください! 簡単なサンプル例として、ボタンをクリックすると入力ボックスにフォーカスされるというプログラムを作ってみましょう!これは、「clickイベント」「focusイベント」という2種類のイベント処理をtrigger を使うことで実現している例です。 あとから追加したボタン要素である「button」が指定されていますよね?これはid属性やclass属性でもいいのですが、あとから追加する要素を引数に設定することでイベント処理を登録できます。 まとめ 今回は、jQueryでボタンなどをマウスでクリックした時のイベント処理を実行できる「click 」について学習をしました!最後に、もう一度ポイントをおさらいしておきましょう!. あとから追加した要素にイベント処理を行う場合 2つ目の相違点として、プログラム上であとから追加された要素に対してイベント処理を実行できるかどうか?…という点が挙げられます。 例えば次のようなHTMLを見てください! ボタン 単純なbutton要素であったり、フォーム内に配置されたinput要素によるボタンなどがクリックされた時にclick はよく使われます。 reset• 上記のリファレンスを理解していれば、すぐに分かったのだが、原因はtype属性の初期値が submitであることだった。

>

【jQuery入門】click()イベント処理の使い方!

それぞれの違いについて、詳しく見ていきましょう! 複数のイベント処理を行う場合 1つ目の相違点として、click メソッドは1つのイベント処理しかできませんが、on メソッドは複数のイベント処理が可能です。 送信ボタンと同じ扱いであったため、毎回フォーム送信が行われており、ページがリロードされる動きとなっていた。 このJavaScriptがボタンを無効化しています。 get(初期値)• 例えば、on メソッドで「click」イベントと「mouseenter」イベントの2つを同時に設定してみましょう。 これにより、特定のボタンをクリックすることで別の要素がクリックされたことにしてしまうこともできます。

>

【jQuery入門】click()イベント処理の使い方!

今回は、click メソッドの基本的な使い方から実践的な活用事例まで分かりやすく解説していきます! click の使い方 ここからは、実際にclick メソッドを使ったプログラミング手法を見ていきましょう!click メソッドの基本的な機能として、引数に関数を指定する方法と指定しない方法の2種類があります。 このJavaScriptソースが、無効化されたボタンを再度クリックできるように戻す処理です。 そして、実行する関数内において「h1タグ」にtoggle を実行することで表示・非表示を繰り返すような処理にしています。 クリックイベントだけを定義するならclick メソッドが使える• また、指定した関数へオブジェクトデータを渡すことも可能なので、それぞれの使い方を1つずつ詳しく見ていきましょう! ボタンのクリックでイベント処理を行う方法 まずは、最もよく使われる方法として、ボタン要素をクリックした時に任意の関数を実行させる方法から学んでいきましょう!一般的な記述方法としては、【 対象要素. この記事の目次• 上記のソース全体はHTMLですが、onclick属性の値だけがJavaScriptです。 つまり、ボタンをクリックするだけで入力ボックスにフォーカスされるので、そのまますぐに文字入力が出来るようになるのです。 このように、click メソッドを使うと簡単にクリックイベントの処理を記述することができるわけです。 submit(初期値)• なので、type属性を buttonに変更することで解決した。

>

1回クリックすると無効になるボタンの作り方 [ホームページ作成] All About

id属性の値だけは、対象のボタンに合わせて書き換えて下さい。 これにより、ボタンをクリックするたびにh1要素のテキスト文字がゆっくりと非表示になったり表示したりを繰り返すわけです。 これによって、1回クリックされると無効になるボタンになります。 タグは、ボタンを表示するタグ。 ここで、ボタンの動作としては、クリックする度にフォームの入力項目を変更するようなJavascriptを書いていたが、毎回リロードされ、うまくJavascriptが動かない…。

>

【jQuery入門】click()イベント処理の使い方!

誤操作を防ぐ目的で無効化しているだけなら、ユーザの意思でボタンの無効状態を解除できる仕組みがあると望ましいでしょう。 例えば、サーバ側のエラーで正しく送信されなかったので前のページに戻って送信をやり直したい場合や、サーバ側が応答しないので再度クリックしてみたい場合などです。 そして、特定のHTML要素を表示・非表示させるには「toggle 」メソッドを活用するのが簡単です。 ここではボタンを作るinput要素にonclick属性を記述しているので、ボタンがクリックされた際にJavaScriptが実行されます。 当然ですが、このイベント処理は実行することができません。 引数なしでclick関数を使う方法 今度は、引数に関数を指定しないでclick メソッドを使う方法です。 任意のオブジェクトデータを用意することで、クリックされた時に表示させるメッセージなども自由に変更できるので便利ですね。

>

buttonタグをクリックする度に画面がリロードされる

調べてみたら基礎的なことだったけど、知らなかったのでメモ。 append 'ボタン' ; この例では、click メソッドを使ってあとから追加されたボタン要素にイベント処理を登録しています。 getElementById 'button1'. 属性 説明 値 autofocus 自動フォーカスを指定する — form タグとの関連付け (指定することで ~ の中に タグがなくても関連付けできる) 関連付けたい タグのid名 formaction 送信先URL URL formenctype 送信データの形式• その場合は、アドレス欄でEnterキーを押すなど、URLを再指定することでアクセスし直せば再度クリック可能な状態になります。 。 【 対象要素. 右側の「クリックできるようにする」ボタンをクリックすると、無効状態が解除されてクリックできるようになります。 クリックのイベント処理は、これまで学んできた「click 」メソッドを使います。 これにより、ボタンとマウスカーソルの位置が重なった時とクリックされた時にイベント処理が実行されるようになります。

>