今夜 は 眠る まで 歌詞。 今夜は眠るまで 歌詞 阿部真央 ※ campagnes.foxsports.nl

新曲 阿部真央

227• 139• また、ニューアルバム『まだいけます』の先着予約特典のCDの内容も決定した。 。 337• 阿部真央 今夜は眠るまで 作詞:阿部真央 作曲:阿部真央 自由な貴方が好きだけど たまにはここにも帰ってきて欲しい 明け方5時 玄関のドアを見る癖はもう抜けなくなった 貴方は私の子供じゃないんだから なんなら歳上なんだから こんな事じゃ困るのだけど はぐらかす笑顔が可愛くて 愛しいから弱っちゃって また抱き寄せてしまうの あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの 気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよ あぁ 恋はいつだって私を弱くして 無駄に強くこの場に立たせるの そろそろぐっすり眠りたいよ 友達には「やめな」って言われるのが分かるから 言えないでいるの 私だけは特別になれるって 馬鹿だけど言い聞かせている 更多更詳盡歌詞 在 欲しいのは抜け殻の服じゃなく 無機質な部屋じゃなく 暖かいその背中で 瞼が熱く痛くなるほど枕押し付けるけど 涙は止まることなく あぁ こんなのダメだって分かってはいるけど 心が「貴方しかいないんだ」と叫んでうるさいよ あぁ 恋はいつだって甘い鎖だね 息も出来ぬほど縛られてるの まだこの手だけは離さないで 今夜は誰を思うの? 貴方の心に私は居る? あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの 気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよ あぁ 恋はいつだって私を弱くして 無駄に強くこの場に立たせるの そろそろぐっすり眠りたいよ. さやかに晴れ初 そ めた夜空を 見上げた君と二人 森で 動いた星が時間を告げても 気付かない振りした 「まだ帰りたくない…」と云わなくても 手を繋ぐだけで伝わるのかな 不思議なぬくもりが やさしい夢を魅せてくれるよ 今夜の月が眠るまで 君のそばで感じたい このあたたかな夜を… 月光 ひかり が透き通る樹の下 手を振り君に笑みかけると にわかに風も枝葉をゆらして さよならを奏でた 「また明夜 あした も会える…?」と訊く代わりに 大切な歌を教えてあげる 約束交わしたら 一人でいても淋しくないね 今夜の月が眠るまで 君のために唄おう 不思議な旋律は いとしい夢を誘いにくるよ 今夜の月が眠ったら 連れていこう 明日へと このあたたかな気持ち、全部を…. 186• 156• 1曲目の収録内容は各CDショップ・オンラインサイトで違っており、【Amazon Ver. また、ニューアルバム『まだいけます』の先着予約特典のCDの内容も決定した。 それぞれ2曲目には「27歳の私と出がらし男」が収録され、さらに阿部真央のトークが約60分堪能できる「あべまおらじお〜超超超超超番外編〜」も収録される。 】は「逢いに行く」が、それぞれ収録。 392• 今夜は眠るまで 阿部真央 まだいけます 作曲:阿部真央 作詞︰阿部真央 -- 発売日:2020 01 22 阿部真央の新曲「今夜は眠るまで」が、12月9日 月 放送のFM802『THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS』 月~木14:00~18:00 にてラジオ初オンエアされることが決定した。

>

阿部真央 今夜は眠るまで 歌詞

162• 歌手: 作詞: 作曲: 自由な貴方が好きだけど たまにはここにも帰ってきて欲しい 明け方5時 玄関のドアを見る癖はもう抜けなくなった 貴方は私の子供じゃないんだから なんなら歳上なんだから こんな事じゃ困るのだけど はぐらかす笑顔が可愛くて 愛しいから弱っちゃって また抱き寄せてしまうの あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの 気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよ あぁ 恋はいつだって私を弱くして 無駄に強くこの場に立たせるの そろそろぐっすり眠りたいよ 友達には「やめな」って言われるのが分かるから 言えないでいるの 私だけは特別になれるって 馬鹿だけど言い聞かせている 欲しいのは抜け殻の服じゃなく 無機質な部屋じゃなく 暖かいその背中で 瞼が熱く痛くなるほど枕押し付けるけど 涙は止まることなく あぁ こんなのダメだって分かってはいるけど 心が「貴方しかいないんだ」と叫んでうるさいよ あぁ 恋はいつだって甘い鎖だね 息も出来ぬほど縛られてるの まだこの手だけは離さないで 今夜は誰を思うの? 貴方の心に私は居る? あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの 気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよ あぁ 恋はいつだって私を弱くして 無駄に強くこの場に立たせるの そろそろぐっすり眠りたいよ. 207• 581• 342• 378• 446• 301• 自由な貴方が好きだけど たまにはここにも帰ってきて欲しい 明け方5時 玄関のドアを見る癖はもう抜けなくなった 貴方は私の子供じゃないんだから なんなら歳上なんだから こんな事じゃ困るのだけど はぐらかす笑顔が可愛くて 愛しいから弱っちゃって また抱き寄せてしまうの あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの 気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよ あぁ 恋はいつだって私を弱くして 無駄に強くこの場に立たせるの そろそろぐっすり眠りたいよ 友達には「やめな」って言われるのが分かるから 言えないでいるの 私だけは特別になれるって 馬鹿だけど言い聞かせている 欲しいのは抜け殻の服じゃなく 無機質な部屋じゃなく 暖かいその背中で 瞼が熱く痛くなるほど枕押し付けるけど 涙は止まることなく あぁ こんなのダメだって分かってはいるけど 心が「貴方しかいないんだ」と叫んでうるさいよ あぁ 恋はいつだって甘い鎖だね 息も出来ぬほど縛られてるの まだこの手だけは離さないで 今夜は誰を思うの? 貴方の心に私は居る? あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの 気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよ あぁ 恋はいつだって私を弱くして 無駄に強くこの場に立たせるの そろそろぐっすり眠りたいよ. 作詞:阿部真央 作曲:阿部真央 自由な貴方が好きだけど たまにはここにも帰ってきて欲しい 明け方5時 玄関のドアを見る癖はもう抜けなくなった 貴方は私の子供じゃないんだから なんなら歳上なんだから こんな事じゃ困るのだけど はぐらかす笑顔が可愛くて 愛しいから弱っちゃって また抱き寄せてしまうの あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの 気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよ あぁ 恋はいつだって私を弱くして 無駄に強くこの場に立たせるの そろそろぐっすり眠りたいよ 友達には「やめな」って言われるのが分かるから 言えないでいるの 私だけは特別になれるって 馬鹿だけど言い聞かせている 欲しいのは抜け殻の服じゃなく 無機質な部屋じゃなく 暖かいその背中で 瞼が熱く痛くなるほど枕押し付けるけど 涙は止まることなく あぁ こんなのダメだって分かってはいるけど 心が「貴方しかいないんだ」と叫んでうるさいよ あぁ 恋はいつだって甘い鎖だね 息も出来ぬほど縛られてるの まだこの手だけは離さないで 今夜は誰を思うの? 貴方の心に私は居る? あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの 気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよ あぁ 恋はいつだって私を弱くして 無駄に強くこの場に立たせるの そろそろぐっすり眠りたいよ ziyuu na anata ga su ki da kedo tama ni ha koko ni mo kae xtu te ki te ho sii a ke gata 5 zi genkan no doa wo mi ru kuse ha mou nu ke naku naxtu ta anata ha watasi no kodomo zya nai n da kara nannara tosi zyou na n da kara konna koto zya koma ru no da kedo hagurakasu egao ga kawai ku te ito sii kara yowa xtu tyaxtu te mata da ki yo se te simau no axa konya ha nemu ru made gawa ni i te ho sii no ki zuke ba anata ga i nai asa nado mou ko naku te yo i n da yo axa koi ha itu datte watasi wo yowa ku si te muda ni tuyo ku kono ba ni ta ta seru no sorosoro gussuri nemu ri tai yo tomodati ni ha 「 yame na 」 tte i wa reru no ga wa karu kara i e nai de iru no watasi dake ha tokubetu ni na reru tte baka da kedo i i ki kase te iru ho sii no ha nu ke gara no huku zya naku muki situ na heya zya naku atata kai sono senaka de mabuta ga atu ku ita ku naru hodo makura o si tu keru kedo namida ha to maru koto naku axa konna no dame datte wa kaxtu te hairu kedo kokoro ga 「 anata sika i nai n da 」 to sake n de urusai yo axa koi ha itu datte ama i kusari da ne iki mo deki nu hodo siba ra re teru no madako no te dake ha hana sa nai de konya ha dare wo omo u no ? anata no kokoro ni watasi ha i ru ? axa konya ha nemu ru made gawa ni i te ho sii no ki zuke ba anata ga i nai asa nado mou ko naku te yo i n da yo axa koi ha itu datte watasi wo yowa ku si te muda ni tuyo ku kono ba ni ta ta seru no sorosoro gussuri nemu ri tai yo. 520• 332• 207• 322• 255• 】は「逢いに行く」が、それぞれ収録。 阿部真央 Mao Abe 今夜は眠るまで 作詞:阿部真央 作曲:阿部真央 自由な貴方が好きだけど たまにはここにも帰ってきて欲しい 明け方5時 玄関のドアを見る癖はもう抜けなくなった 貴方は私の子供じゃないんだから なんなら歳上なんだから こんな事じゃ困るのだけど はぐらかす笑顔が可愛くて 愛しいから弱っちゃって また抱き寄せてしまうの あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの 気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよ あぁ 恋はいつだって私を弱くして 無駄に強くこの場に立たせるの そろそろぐっすり眠りたいよ 友達には「やめな」って言われるのが分かるから 言えないでいるの 私だけは特別になれるって 馬鹿だけど言い聞かせている もっと沢山の歌詞は 欲しいのは抜け殻の服じゃなく 無機質な部屋じゃなく 暖かいその背中で 瞼が熱く痛くなるほど枕押し付けるけど 涙は止まることなく あぁ こんなのダメだって分かってはいるけど 心が「貴方しかいないんだ」と叫んでうるさいよ あぁ 恋はいつだって甘い鎖だね 息も出来ぬほど縛られてるの まだこの手だけは離さないで 今夜は誰を思うの? 貴方の心に私は居る? あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの 気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよ あぁ 恋はいつだって私を弱くして 無駄に強くこの場に立たせるの そろそろぐっすり眠りたいよ. 223• 230• 355• 特典CDには、全国弾き語りツアー<阿部真央弾き語りらいぶ2019>から、11月8日 金 に開催された東京公演 TSUTAYA O-EAST の弾き語りライブ音源が収録される。 379• 225• 352• 1曲目の収録内容は各CDショップ・オンラインサイトで違っており、【Amazon Ver. 初オンエア後、ラジオでのオンエアが解禁となる。 本作は阿部真央ニューアルバム『まだいけます』(1月22日発売)収録の楽曲。 152• それぞれ2曲目には「27歳の私と出がらし男」が収録され、さらに阿部真央のトークが約60分堪能できる「あべまおらじお〜超超超超超番外編〜」も収録される。 579• 309• 246• 】には「貴方の恋人になりたいのです」、【タワーレコード Ver. 350• 苦いようで甘いようなこの泡に くぐらせる想いが弾ける 体は言う事を聞かない 「いかないで」って 走ってゆければいいのに 広いようで狭いようなこの場所は 言いたい事も喉に詰まる 体が帰りたいと嘆く 「いかないで」って 叫んでくれる人がいればなぁ 抜け出せない 抜けきれない よくある話じゃ終われない 簡単に冷める気もないから とりあえずアレ下さい 消えない想いは 軽く火照らせて飛ばして 指先から始まる何かに期待して 泳いでく 溺れてく 今夜はこのまま 泡の中で眠れたらなぁ だんだん息もできなくなって 心の壁も穴だらけで 制御不能 結構不幸? 自暴自棄 です。

>

新曲 阿部真央

顯示更多 顯示較少. 509• 104• 342• 歌詞を投稿することができます。 216• — 発売日:2020 01 22 表示できる歌詞がありません。 特典CDには、全国弾き語りツアー<阿部真央弾き語りらいぶ2019>から、11月8日 金 に開催された東京公演 TSUTAYA O-EAST の弾き語りライブ音源が収録される。 。 。 。

>

今夜は眠るまで(阿部真央) / コード譜 / ギター

。 。 。 。 。 。 。

>

阿部真央 今夜は眠るまで 歌詞

。 。 。 。 。 。

>

阿部真央 今夜は眠るまで 歌詞

。 。 。 。 。 。

>

今夜は眠るまで

。 。 。 。 。 。

>