豆腐 ハンバーグ の 作り方。 豆腐ハンバーグの和風&洋風レシピ15選!作り置きやお弁当にも

ヘルシーでおいしい!人気の豆腐ハンバーグレシピ・作り方20選

油をひいたフライパンに豆腐ハンバーグを並べ、中火で表面に焼き色をつける。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 麺つゆ 濃い目に希釈 :150ml• 油脂を溶かす作用もあり、中性脂肪やコレステロールを除去してくれます。 そうなると水分が多い絹ごし豆腐は豆腐ハンバーグには向いていません。 器に豆腐ハンバーグとエリンギを盛り付け、ソースをかけてあさつきを散らして完成 手順もそれほどたくさんはありません。 ボウルに水切りした木綿豆腐やツナと、しょう油、マヨネーズ、塩こしょうを入れて混ぜる• 卵:1個• えのき・豆腐・鶏ひき肉に卵・パン粉・塩胡椒を入れて混ぜ合わせます。 裏返して弱火にし、蓋をして6~8分焼く。

>

これでもう失敗しない。豆腐ハンバーグの作り方

がおいしい! ゲストさん 09:01• あっさりとした味わいに飽きてしまった場合におすすめです。 を食べやすい大きさに成形し、油をひいたフライパンで弱火で焼く• 白ごま:適量 片栗粉を使って表面をカリッ焼いた豆腐ハンバーグです。 豆腐ハンバーグ自体はとてもあっさりした味なので、あんかけを好みの濃さに調整してください。 では早速、作り方のご説明をさせていただきます。 3kcal 上記結果から、 ・2人分当たりの総cal 熱量 数は約595. 繋ぎではなく豆腐そのものを焼くため 水切りをしっかり行い、強火で焼かないのがポイントです。 ヘルシー志向の方は、ポン酢など、低カロリーな味つけにするとよいでしょう。 沸騰したら弱火にして蓋をして5分ほど煮る。

>

美味しい!豆腐ハンバーグの作り方とおすすめレシピ10選

5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 冷めても固くなりにくくおいしさが長持ちしますので、作り置きやお弁当にもぴったりですね。 玉ねぎはみじん切りに、茹で大豆はすり鉢ですりつぶす(粗めに)• 塩こしょう:各少量• 8kcalの削減につながったことが解りました。 先述したようにしっかりと練って成型することで型崩れを防ぐことが出来るので、 水切りから成型までは気合を入れて行いましょう。 ただし、これはハンバーグだけのカロリーのため、かけるソースによってカロリーは変わってきます。

>

豆腐ハンバーグのレシピ! 崩れるのを防ぐコツ&肉と豆腐の割合とは [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

鶏挽き肉:100g• オールスパイス:少量• 空気を抜き、真ん中を少しくぼませます。 そのため比較といたしましては、ひき肉と豆腐のみで行えると思います。 醤油:大さじ1• あんかけを作ることで味わいを豊かにした一品です。 豆腐ハンバーグの調理法について 豆腐ハンバーグは、焼き崩れしやすいイメージがあるかもしれませんが、コツさえつかめば、ふわふわで美味しい豆腐ハンバーグが作れますよ。 サラダ油:大さじ1. しめじや舞茸はう甘味が強くパテの味をカバーできる• タネを混ぜ合わせる時に、豆腐をしっかり潰して混ぜます。 お弁当用に作るときは、豆腐の水切りをしておくと美味しく作れますよ。

>

豆腐ハンバーグのレシピ【14選】人気1位は殿堂入り!つくれぽ100

乾燥ひじき:5g• ラディッシュ:2個 豆腐ハンバーグをソースやあんではなく、 少し甘めに作られたフルーティーソースでいただいてみてはいかがでしょうか。 ごま油:少量• とにかく材料も少なくて、工程も単純なので作りやすかった印象があります。 ・ほうれん草の胡麻和え ・マッシュルームのアヒージョ ・青唐辛子とスイートコーンの炒め物 全て、材料を炒めただけです。 豆腐ハンバーグでは摂取しきれない栄養素をバランスよく補えるのでおすすめです。 また、骨を作り、精神の安定にも関係するといわれるカルシウム、血栓予防効果が期待できるサポニンなど、豆腐は非常に栄養価の高い食材です。 成形できる粘度になるまでパン粉を加え、さらによく混ぜ合わせ、成形する。

>

豆腐ハンバーグの和風&洋風レシピ15選!作り置きやお弁当にも

しめじは石づきを切り落とし、手で割きます。 その間にマッシュルーム、玉ねぎをみじん切りにし、ボウルに入れて混ぜます。 特に、毎日 50gの加工肉(ソーセージなら3本、ハムなら5枚、薄切りベーコンなら3枚程度)を食べると、 大腸がんになるリスクが18%増加するとのこと。 マヨネーズや生姜チューブ、鶏ガラ粒子で味付けがなされているので、なにもかけなくても美味しくいただけました。 がおいしい! ゲストさん 00:44• 実際豆腐を使うことで、どれくらいCal 熱量 が変わるのか?気になったりしませんか? みりん:大さじ1• とにかくこのソースが絶品で、豆腐ハンバーグやつけ合わせによく合います。 両面に焼き色がついたら、調味料を加えてとろみがつくまで焼いたら完成。 ハンバーグって美味しいのですがCal 熱量 が気になったりしますよね…。

>

ヘルシーな豆腐ハンバーグの美味しい作り方

裏返して弱火にし、蓋をして6分ほど焼き、竹串などを刺して透明な肉汁が出るまで焼き、取り出します。 豆腐は味にクセがないので、タレに変化を持たせるだけで、さっぱり味にしたり、こってり濃厚な味にしたりもできます。 ・ひき肉 :150g 331. 酒:小さじ1• オリーブオイル:小さじ1 あんかけ• 鶏の挽き肉を使っているので基本の豆腐ハンバーグよりもさらにヘルシーなっています。 ベビーリーフやプチトマトなど、色がカラフルな食材を選ぶのがポイント。 豆腐ハンバーグの栄養素について 豆腐ハンバーグは、ヘルシーで栄養豊富なメニューと言えます。 とみじん切りにして炒めた玉ねぎとしいたけ、卵黄、パン粉を混ぜる• これにより、見た目にも美味しい豆腐ハンバーグになる。

>