座間 市 9 人 殺害 事件 ミヤネ 屋。 座間9人殺害・白石隆浩被告獄中インタビュー「死刑受け入れる」

座間9遺体事件、ミヤネ屋で起きた放送事故の真相がやばい

「」『産経ニュース』産業経済新聞社、2018年2月26日。 2018年9月10日閲覧。 遺体の解体は証拠隠滅目的であり 、解体は室内の浴槽で行っており 、頭部以外の遺体の他の部分は解体後、密封容器に入れて現場のアパートから離れた2か所のゴミ置き場に捨てていた。 2018年9月10日閲覧。 2017年10月31日閲覧。 の2020年9月14日時点におけるアーカイブ。 2020年10月18日閲覧。

>

座間市死体遺棄事件で「ミヤネ屋」 一般人の怒声に現場リポートを中止

「」『産経ニュース』産業経済新聞社、2018年2月26日。 2018年9月10日閲覧。 死刑求刑・結審 そして第23回公判(11月26日)で 検察官が事件全体に関するを行い 、「被告人には完全な責任能力があり、被害者らが殺害に同意していなかったことも明らか」などと主張して 、被告人Sに死刑を求刑した。 「」『時事ドットコム』(時事通信社)、2020年10月13日。 の2017-11-01時点におけるアーカイブ。 2人目の被害者 B までは罪悪感があったが、それ以降は罪の意識が軽くなった」と述べ 、一部の被害者には謝罪の弁を述べたが 、他の女性被害者たちについては「特に思うところはない」と述べた上で、Gの遺族(兄)の通報が逮捕のきっかけになったことについては「今も恨んでいる」と述べた。

>

座間9遺体事件

この日、ミヤネ屋の取材班は、犯人が犯行に使っていたアパートを俯瞰できる住宅の上を管理人の許可を得て借り、事件現場の今を伝えていた。 2018年9月10日閲覧。 その後、24回(77日間)にわたって審理を行い 、公判までの日程が決まった。 の2017-11-01時点におけるアーカイブ。 2018年9月10日閲覧。

>

座間市死体遺棄事件で「ミヤネ屋」 一般人の怒声に現場リポートを中止

逮捕後 の結果、箱から見つかった遺体は2人が死後1 - 2週間、残り7人が死後1か月から数か月経過しており、9人のうち2人は首を絞められたような跡があった。 の2018-01-16時点におけるアーカイブ。 本誌は白石被告との「ケンカ別れ」に関し、初めに解任された国選弁護人に取材を申し入れたが、回答はなかった。 世間に大きな衝撃が走っている。 神奈川県座間市のアパート1室から9人の遺体が発見された。 の2017-10-31時点におけるアーカイブ。 加藤あず佐、西村奈緒美「」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2020年11月24日。

>

宮根誠司も真っ青 ハラさん自殺報道に『ミヤネ屋』抗議1000件

2日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、フリーアナウンサーの中山正敏がリポート中、 周辺住民と思しき男性から怒声を浴び、生中継が中止になるハプニングが起きた。 2018年9月10日閲覧。 このとき、逮捕時に囮役を行った女性が兄に対しTwitter上で情報提供している。 しかし翌日から報道陣やファンが大挙するようになったんです。 の2018-09-10時点におけるアーカイブ。 (7人目以降の被害者について、金蔓にできるかどうかの見極めが短くなったのは)『何より第一に(被害者を)暴行したい』という考えに変わったためだ」と述べた。

>

座間9遺体事件

また、2017年3月よりSはTwitterを利用して自殺願望を持つ女性たちと交流することを開始している()。 そこで話題になったのが、日本テレビ系のワイドショー『ミヤネ屋』でのトラブルである。 2017年11月1日閲覧。 の2020年11月14日時点におけるアーカイブ。 被告人Sは男性Cを殺害した際の経緯について「(Cは)同性なので、(女性たちのように)自分に恋愛感情を抱かせて金を得る選択肢はなかった。

>