自然 主義 的 誤謬。 自然主義の誤謬|けんしん|note

自然主義的誤謬は「論理的な間違い」か

ヘアーは自然主義的誤謬にあたる言葉として、「記述主義的誤謬」 descriptivistic fallacy という言葉を使う。 ですから、ここはおおざっぱな説明ということで、正確な用語はぜひ論理学の本を読んでください。 ムーアがこれを「 的誤謬」と呼んで以来、「 <……である>から<……べきである>を導いてはならない」は、現代の基本的なドグマ[教義、堅固な信条]となっている。 この立場からは、自然主義的誤謬とは記述と情緒の表現というまったくことなる性質の行為を同一視しようとする誤りだということになる。 。

>

NATURALISTIC FALLACY

実は、これも差別主義的な考えである。 現状分析、解決策の立案といったフェーズにおいては「事実」を正確に集め、価値中立的に解釈していくことが重要だ。 企業も、もっとずる賢く進化しなくてはならない」 ・「光は最短のルートで進む。 」……これは規範文と呼ばれます。 主張1のような劣等的な遺伝子というのも存在しないし、そもそもそういったものを研究すること自体が科学者の中では批判されたり禁止されている。

>

自然主義的誤謬の証明

------- すべての人間は死ぬ。 たとえば、 「自然であることはよい」 という考え方を自然主義的誤謬と呼ぶ人がいるが、 これはムーアの使用法とは異なる。 (加藤は、本章冒頭でそう言っている) 加藤は、ムーア(George Edward Moore、1873-1958、イギリスの哲学者)について次のように書いている。 すべてのエクササイズがすべての人にとって良いわけではないからです。 高度な議論あり、わかりやすい教育もある、素敵なカテゴリーだと思いまして、あえて「漠」とした質問をさせていただく無礼をお許しください。 よって、男性も女性も学歴やIQの差によって差別されるべきではない。

>

自然主義の誤謬:進化研究と社会

溺れている人を助けるのは<善>ではないのか。 したがって、一般の解説書によくある、「善を自然的対象と同一視するという誤り」という自然主義的誤謬の定義はムーアの本来の用法からずれている。 「善い」とはいったいどういうことだろうか。 それゆえ、彼らはいつも彼らの白人の主人に仕えなければならず、解放されてはなりません。 上述の論理に反論することは、頭の体操になるだろう。 この場合直観とは、中世的意味での悟性(知性)によって直接に知られるというものではなく、またカント的な意味で感性的な知覚でもなく、理性(推論能力)による吟味を経て得られたものと考えられている。

>

自然主義的誤謬 ヒュームの法則 直覚主義(直観主義) 情緒主義(情動主義)

なぜなら、このような問いが未決 open であるのは、 事実によって価値を定義することができないという理由 によって ではなく、 何か別の理由 たとえば、言葉の多義性 によって説明されるかもしれないからである。 妻: 「あなた、浮気したでしょ!」 夫: 「え、何を根拠に?」 妻: 「しらばっくれたって、証拠はあがってるんですからね。 」というものです。 正しい議論において、科学的事実は何ら倫理的結論を導きはしない。 要するに、 「快さ」や「望まれるもの」など、 自然において存在するものによって「善さ」を定義しようとする試みは、 すべて失敗するから誤りである、とする説。 量子力学史のHPを作ったりしているので、少しは哲学史も勉強しなくちゃ・・・ という状況に陥って難渋している物理屋です。

>

自然主義的誤謬は「論理的な間違い」か

これは生物学的に仕方ないんだよ。 John Skorupski, English-Language Philosophy 1750-1945: A History of Western Philosophy 6, Oxford: Oxford University Press, 1993, p. (永井俊哉の議論 を参照) 自然主義的誤謬という言葉自体も批判され、たとえばフランケナは「定義主義的誤謬」 definist fallacy という言葉を提案している。 こんなことは普通の社会生活を送っていれば、(事実判断や価値判断の言葉を知らなくても)誰でも分かる。 『哲学思考トレーニング』(17) 今回は、「妥当でない価値的推論」としての「的誤謬」と「自然さからの議論」である。 宜しければ、どうか力をかしていただきたいです・・・。 「人間は平等であるべきだから、生まれつきの能力に違いがあるはずがない。 それがその企業ないし経営者の個性となるのだろうから。

>