豊見城 水族館。 水族館&ショッピングモール「イーアス沖縄豊崎」がオープン!お土産も揃う商業施設♪|じゃらんニュース

豊見城市にあるDMMかりゆし水族館に行ってきました☆

そう貧乏です。 2020年5月25日(月)に沖縄県・豊見城市にオープンした新しいカタチのエンタテイメント水族館「DMMかりゆし水族館」(所在地:沖縄県豊見城市、館長:市川 大介)は、館内におけるクラゲエリアの空間演出をリニューアルし、12月1日(火)より季節限定で公開することをお知らせいたします。 お肉には沖縄の老舗ステーキハウス「ジャッキー」のソース、ロブスターにはシークヮーサー果汁を使ったソースが使われており、沖縄らしさを感じるメニュー。 甲信越• そして豊崎地区は、沖縄自動車道の豊見城ICやレンタカーの営業所が多くある場所なので、沖縄観光の行き帰りに利用すると便利です。 「DMMかりゆし水族館」など約130のテナントが入居 出店テナントは、最新の映像表現と空間演出を駆使した沖縄県初のショッピングセンター併設水族館「」、2022年開業予定の屋内型ミニチュア・テーマパーク「スモールワールズOKINAWA」、沖縄初上陸となる生活雑貨専門店「ロフト」、グローサラント型ショップ「AEON STYLE」など。 この鬱蒼と茂る緑の中を縫うように歩いて行きます! 水槽上部も開いているし、すごく近い距離でいきものたちを感じることができます。 9月14日より沖縄進出した東京バスが、那覇空港から瀬長島やイーアス沖縄豊崎といった、南部の観光地を結ぶ路線バス「ウミカジライナー」の運行を開始しているので、DMMかりゆし水族館に行くには、とても便利です。

>

沖縄県豊見城市豊崎にて水族館開業予定のお知らせ : プレスリリース|campagnes.foxsports.nl Group

共通のポイントカードや無料のシャトルバスが行き来するなど、周遊しやすい環境を整えている。 そしてこの水槽は、先ほどビビりながら歩いた水槽の上から見えた水槽です。 クリスマスと新年、そして春をめぐる季節に合わせ、「シャンパンゴールドで煌めく冬の光景」、「海の中に深々と降る雪の情景」、「名護に咲く桜の開花を感じさせる風景」の3つのシーンをテーマに構成しています。 上から見るとやっぱり今までの水族館のイメージとは全く違います。 1階に降りると おトイレです。

>

沖縄県豊見城市豊崎にて水族館開業予定のお知らせ : プレスリリース|campagnes.foxsports.nl Group

イーアス豊崎・豊見城市DMMかりゆし水族館の詳細情報 こちらでは実際にお伺いしたイーアス豊崎・豊見城市DMMかりゆし水族館の詳細をご案内したいと思います。 さらに水族館各所に設置されている専用のボードにスマートフォンをかざすだけで、その水槽にいる魚達の学名や分類が表示され、「魚名版」の役割を果たしますよ。 もう一度言います。 イーアス沖縄豊崎のショッピングモール内に入る際はこんな感じのエスカレーターで楽ちんです。 DMMかりゆし水族館(仮称)の今後の情報は公式ページ()にて随時更新してまいります。 ちなみにこの映像の中に映し出される美しいワンシーンで、私は思わず泣きそうになりました。

>

【DMMかりゆし水族館】12月1日(火)からクラゲ展示の季節限定演出を公開|合同会社campagnes.foxsports.nlのプレスリリース

ソーシャルディスタンスを保てるよう、一定の間隔でしか椅子に座れないように工夫されていましたが、恐らく私を含め3人くらいしかいなかったので、みんな離れて座りました。 こちらは館内で一番のおすすめフォトスポット。 ほぇ~ 撮影禁止だったシアタールームでの映像がYouTubeのにて公開されています。 [画像2: ] シャンパンゴールドで煌めく冬の光景(クリスマス) 雪をイメージした白い光の中に暖かい橙(だいだい)色の光の粒子が混ざり、空間全体をシャンパンゴールドのような艶やかで明るい色が満たします。 「沖縄の澄み切った海」「島々を覆う豊かな常緑の森」「亜熱帯気候が織りなす自然」を舞台に、約5,000点に及ぶ様々な海洋生物や動植物と最新の映像・音響技術を組み合わせた、全く新しいリゾート空間を提供する。 Contents• 周辺アクセスの向上も同時に 立地場所のアクセスも良好。

>

【DMMかりゆし水族館】12月1日(火)からクラゲ展示の季節限定演出を公開(2020年11月30日)|BIGLOBEニュース

来館にあたり、以下2点の協力が必須でした。 たびらいについて• 開業日の発表が開業の前日だったため、私たちメディアは大慌て(笑)急遽、明日取材に行くことになりましたが、開業に伴い、施設・スタッフの感染拡大防止対策を徹底して行うとのこと。 そしてメインとなる「亜熱帯気候が織りなす常緑の森」では、カピバラやアルマジロなど、陸に住む生き物が自由気ままに生活しているエリア、色鮮やかな淡水魚が見え隠れする巨大な水草水槽、エイやサメの肌に触れることができるタッチプールなどが設けられている。 下からは上が見えなくて不思議… どういう仕掛けだこれ… そして後ろを振り返ると!びっくり ジンベイザメがいます!すんげー大きくて感動!! まじですかー!こんな間近で見れるなんて!ありがとー!! 嬉しいのでくるくる回ります。 これは行かなきゃ伝わりません。

>

沖縄・豊見城市:沖縄初の水族館&ショッピングモール「イーアス沖縄豊崎」6/19グランドオープン

また、取材のお申込み・各種お問い合わせもサイト内フォームから承っております。 実際歩いてみると、水の上を歩いているような不思議な感覚。 各テーブルに設置されたQRコードをスマートフォンで読み取れば、「テーブルオーダーシステム」専用ページで商品選選びから注文、決済まで着席のまま可能。 開業前日の発表だったため、私たちメディアは大慌て(笑)急遽、オープン初日に取材に行くことになりましたが、開業に伴い、施設・スタッフの感染拡大防止対策を徹底して行うようです。 12月のおすすめ記事 Recommend• すると 何やら案内をしているスタッフを発見し入り口は2階ですよと優しく教えてくれました。

>