戦争 体験 談。 戦争体験談の宿題を祖母に頼んだんだけど、内容が衝撃的すぎて提出できなかった。

市民の戦争体験談 人類と地球の平和のために

闇夜の突進中に敵戦車隊の列に迷い込んで又がく然とした。 弾が、私の目の前に落ちましたが、私の身は事なきを得ました。 昭和18年7月 警察官だった仙次郎さんと結婚 (鹿児島市の自宅庭にて) 太平洋戦争最中、親戚が集まり結婚式をあげて祝った 夫の仙次郎さんは、警務課の私服刑事で、本渓湖市(現在の遼寧省東部)の派出所勤務でした。 学校の軍国主義教育で叱られ殴られた恐怖の記憶。 297• 入口から火炎放射器、爆弾などを使い、中の人間を全滅させる攻撃。

>

戦争体験記≪沖縄激戦地の悲劇≫

」と書いて、それをこよりにして、面会の時に渡す肌着の中に見つからないように忍ばせて、渡したんですよ。 そっからです。 母の体験を聞く… 今回、家族が寄って母の体験を聞いた 今回、ツルさんのお話を伺うにあたって、3人の息子さんとそのお嫁さん、娘さんが集まって下さいました。 (当時のツルさんの投稿文より) ツルさんが投稿した手書きの引き揚げ体験の原稿 ツルさんは、中国残留孤児や残留婦人の話がテレビや新聞で取り上げられるたびに、いたたまれない気持ちになったそうです。 「怖くて気持ち悪い話だ。

>

戦争体験談「20歳の戦争体験」|西宮市ホームページ

すると最後には『今夜は奥さんの勝ちです。 そのたびに二、三人が吹っ飛びます。 すると、草の影から、手のないのや、足のない連中がうーんうーんとうめきながら私の足元にすり寄ってくるわけです。 毎日水がほしい、水下さいと言う女学生達。 』という話を聞いてね。 一般庶民は戦争を始めること、進めることにどう関わっていたのか。

>

戦争体験談の宿題を祖母に頼んだんだけど、内容が衝撃的すぎて提出できなかった。

戦争について当時の自分はどう思っていたか、およびなぜそう思ったのか。 これじゃあどうにもならなかったので、私は今度は戦陣訓の戒めに倣って舌を噛んで自決しようと決めました。 昭和十九年、のどかな島、沖縄県に日本軍隊十万余の兵力が駐屯するようになった。 医者、看護師は何処かに連れ去られ、病人が出ても、薬も注射もなく、たくさんの人たちが死んでいきました。 死体で水面がおおわれた川。 兵士たちは無言で重苦しく円座していて、手榴弾が無造作に置かれていた。

>

ある老人の戦争体験談

もし東京にアメリカ軍が上陸してきたら、アメリカ兵となぎなたで戦うつもりだったのか。 着の身着のまま、材木を積んだ20両ぐらいの貨車に乗り込んで、ぎゅうぎゅう詰めで雨ざらしでね。 祖母は窓枠に手をかけたまま、硬直してしまった。 そこから私ら歩兵はがんばって敵の歩兵を撃ちまくってね。 そういう場合は、経験者の方には自分の思う証言に集中してもらい、語りに携わる周囲が役割分担することで証言を豊かなものにしていくといいでしょう。 買ってくると、練習を中止して食べます。

>

僕が残したい物語「戦争の体験談を語るわ」について語るわ

すでに語り部をしておられる方は、いつもの語りに「普通の人は何をしていたか」という視点を付け加えてはもらえないでしょうか。 それへの嫌悪や拒絶は、ごく自然な反応じゃないですか。 その情報の抜け落ちがどれほど手痛いか、理解していただけると思います。 私としても、味方の兵を救いたいという気持ちがありましたから。 私は米兵に抱えられて、後方の岩の後ろに運ばれて、岩陰に身を隠しました。

>

戦争体験談の宿題を祖母に頼んだんだけど、内容が衝撃的すぎて提出できなかった。

ああ、そこから腐って死んでいくのかなんて、天井を見つめながら無情にもそう思いました。 お前のように気絶していたところを助けた奴がごまんといると言います。 恨みの視線を浴びながら祖母達も乗車した。 そして今に至り、その政雄は世に1度も出る事なく墓もない、人となりました。 にもかかわらず、日本はなぜあの大戦に向かっていったのか、なぜ止められなかったのか、それをひも解くための情報は不足しています。 米兵が、ここら辺にお前の仲間がいるから、説得しろと言ってきました。

>