近藤 健介 プロスピ。 【プロスピA】近藤健介 2020 Series1の評価

近藤健介2020シリーズ1のステータス評価

一塁守備適性Bあり、捕球もA81の高能力。 80 A 石川 雅規 (通常) 制球力が高く制球Aの制球型。 能力は前回と変動なくミート・走力のA同値。 小川GMは近藤、山中について「総合的な判断でそういう風に決断をしたということ。 ミート型ということもあり、コンボを組む上では貴重な存在です! 【守備適正】近藤健介 侍ジャパン 今回はメイン適正がレフトに! 守備適正 レフトC 64 サードC 60 センターE 49 ライトC 60 捕球 スローイング 肩 E 42 F 38 B 74 最大4ポジション守れる 侍ジャパン版の近藤選手はメイン適正がレフトとなりました!これまで同様に限界突破次第ではサードやセンター・ライトも守れます。

>

近藤 健介

258 (264打数68安打) 28 4 3 10 45 720万 2015年(22) 129. 守備はメイン適性一塁で、超4で二塁と外野での起用が可能。 限界突破4回以上でライト、5回でレフトでの起用も可能。 能力は変動無く、球威Aの球威型。 今年はでの登場も確定している。 特殊能力もコンボ・効果の両面で強く、オーダーで起用する価値は十分にある。

>

【プロスピA】近藤健介 2020 Series1の評価 日本ハム!幻の4割打者!

サード守備適性はCで肩力はA82。 5点でも良いかなと思ったのですが、使っているとわかります・・・。 TSでの登場候補にもなるが、現役バージョンもまだまだ強い。 90 A 大田 泰示 (通常) 打撃・守備全体の能力が高く、パワーBのパワー型。 一塁守備適性もBあり、特殊能力も含めて全体能力が高い。 今回はレフトで使いたいという方に特におすすめです!. 称号で制球+3UPできればオールAが可能。 特殊能力も強い。

>

(2017 Series2)Sランク 近藤 健介[日ハム]の評価・ステータス【プロスピA】

限界突破3回できれば中継ぎ起用も可能になる。 ミート・パワー両方Aのパワー型で、特殊能力も強力。 能力はオールBのスタミナ型ながら全体的にかなり高く、称号次第では全同値や球威A、制球Aなどオーダー状況に合わせて様々なバリエーションがあるのが魅力。 ミートAのミート型で、パワー・走力も含めて高い能力。 。 90 A 石井 琢朗 (TS) 2年連続のTS登場。

>

【プロスピA】近藤 健介S極の評価〔2019〕series2ベストナイン&タイトルホルダー

甲子園球場の経験は3年春・夏の2度出場しチームを牽引。 特殊能力も強い。 能力はパワーAのパワー型。 192 (26打数5安打) 2 0 0 1 5 500万 2013年(20) 32. 100 A 小笠原 道大 (TS) ミート・パワー両方A超えのミート型で、series1の三塁手の目玉選手になる。 称号で球威型や球威制球の同値にできれば使い勝手もさらに良くなる。 流し方向へ打球が失速しにくくなる• 90 A エスコバー (通常) 昨季は74試合に登板するなど剛腕でチームに貢献する助っ人投手。

>

近藤健介2020シリーズ1のステータス評価

【コメント】ミート特化の選手としては能力が高く、ファースト以外ならすべて配置できます。 限界突破3回でサード起用も可能。 称号で球威Aが狙える。 90 A 丸 佳浩 (通常) 打撃・守備の全体的な能力が高く、パワーAのパワー型。 捕球とスローイングが低く、ファーストへの送球があらぬ方向に飛んで行くことが多い・・・。 表の能力もかなり高く制球とスタミナのA超え同値。 80 A パウエル (TS) 昨年は外国人OBで登場したが、今年はコーチに就任したためTSで初登場。

>