ポルトガル コロナ 少ない。 昨日の池上彰さんの番組で「ポルトガルのコロナ感染者が少ない理由は、BCGだったんです」と解説してたってマジ?

データで見る、コロナに強い国と弱い国。コロナ禍のあとはそこを狙え!

しかし、ウイルス感染によるサイトカインの分泌や、ウイルスに対する抗体産生と、ウイルス抑制は全く相関しない。 今後、新型コロナウイルスに日本株BCGが有効かのニュースが更に発表された場合更新していきますね! スポンサーリンク BCG(はんこ注射)を日本で打っている世代と打っていない世代は? BCG(はんこ注射)については日本ではこのように行われてきました。 BCGの投与止めたスペインとイタリアは観戦者が多くて、続けてるポルトガルとドイツが少ない因果関係が根拠らしい。 1949年:結核予防法で30歳未満の人にツベルクリン検査、免疫が無ければ接種 1967年:今のハンコ注射の形態になる。 でもこれから増えるのかもしれません。 BCGワクチンは、人間の免疫機能を高める作用があるということで、これまでの研究では、類似したウイルスに感染した人にBCGワクチンを使うと、ウイルスの数を減少させる効果が認められたとしています。 BCGの膀胱内注入は膀胱がん(表在性の上皮内癌)の標準治療にもなっています。

>

日本の新型コロナ死者数の少なさは、BCG接種が関係?:朝日新聞デジタル

ただし注意したい点は、青年や成人にBCGを打っても、肺結核の感染を予防する効果は認められていませんから不必要です。 BCGがコロナに効くんじゃ無いかっていう研究始まってるとか知らなかったよ。 フランス紙レゼコーによると、10万人当たりの集中治療病床は仏の12床、スペインの9床に対し、ポルトガルは4.2床と少ない。 若さこそパワー。 ただし、ノルウェーは死亡率が低めですが、この国は他の北欧諸国よりも長く広範接種を続けていたようです」 「ポルトガルは、他の欧州諸国と同じデンマーク株を使っていますが、現在も広範なBCG接種を続け、隣のスペイン(同じデンマーク株を以前は使っていたが、現在は広範なBCG接種は中止)と比べると、人口100万人当たりの死亡率はかなり低くなっています」 「以上の結果は、これまでオーストラリア南東部ブリスベン在住のコンサルタント、JUN SATO氏がで示された解析結果を確かに裏付けるものです」 著しく生菌数が高い日本株と旧ソ連株 「 スライド2は効果があると思われる日本株、旧ソ連株の由来を示していますが、両者は共通で、これもJUN SATO氏のホームページに述べられている通りでした」 スライド2(宮坂氏提供) 「 スライド3は、(筆者注・BCGワクチン研究者)戸井田一郎氏が示したBCG亜株の細胞膜構成成分比較です。

>

新型コロナとBCGの相関関係について免疫学の宮坂先生にお伺いしました(木村正人)

これはBCG仮説を支持する証拠です。 人工呼吸器が足りないとかいう噂あり。 総合すると、免疫反応というより、血液全体の状態が強化され、ウイルスの種類を問わず、抵抗性が上がったと言って良さそうだ。 たとえばスペインでは感染者が13万人を超えて「医療崩壊」を招くほど壊滅的な打撃を受けた。 — Akshat Rathi AkshatRathi このグラフのSouth KoreaとChina(1976まで実施)はBCG未実施グループと同じように感染者数増えてプラトーに達したように見えるのですが。

>

コロナにBCG(はんこ注射)が有効で日本で感染者が少ない理由は本当?

また、ワクチンではなく免疫効果を高めてウイルスを減少させる効果ということで、BCGが有効となってもワクチン開発は必要なようですね。 これは信ぴょう性が高そうですよね。 国よりも少しだけ高齢化が進んでおり、ピークは45〜55歳前後。 ただ、実施するにあたっては、遺伝的に反応がほとんどないグループが存在し、そのSNPもわかっているので、これを調べることは重要だろう。 研究所では、ワクチンの有効性が確認されれば、新型コロナウイルスに特化したワクチンが開発されるまでの時間をかせぐことができるとして、期待感を示しています。 BCGワクチンは感染症である結核を予防するためのワクチンで、1940年代以降に世界各地で普及した。

>

ポルトガル、全校を休校へ 新型コロナ対策は「生存の戦い」

しかし韓国が65歳以上がガクッと少なくなるのに対し、イタリアは高齢者が多い。 一昨日の時点で死者の平均年齢81歳。 — *カンパリ*少々ファジーに生きる。 イタリアはなんでこんなに死者が多い? また再接種が効果が無いのは結核に効果が無いのか、コロナウイルスにも効果が無いのかは分かりません。 ほとんどノーガード戦法です。

>

新型コロナとBCGの相関関係について免疫学の宮坂先生にお伺いしました(木村正人)

特徴的なのはその致死率の低さ。 若さこそパワー。 めちゃくちゃ分かりづらいですね。 — kunchan kunchan BCGの日本株、ソ連株と新型コロナの関連が話題だけど例外がオーストラリア。 ポルトガルでの感染者は30日時点で約2万4000人、死者は約970人にとどまっている。 さてイタリアです。

>

なぜ日本は新型コロナ感染が少ないのか 元ブラジル代表FWが称賛「それが理由だ」

結果として、喜ばしいことに、控訴棄却となりました。 再接種の目的には、初回接種の効果減弱の補強(有効期間の延長)と、初回接種の未接種者及び接種をしたが不適切であった者(以下、初回接種の洩れ者)への対応が一般的に考えられています。 ポルトガルでは現在でもBCGワクチン接種を行っていて、スペインと比較すると新型コロナの流行は穏やかです。 韓国の人口構成は こんな感じで日本に似ています。 これに対し、ポルトガル・アゾレス自治区の地域保険局は控訴した。 つまりコロナは先進国と発展途上国の差を一気に縮め、発展途上国の下剋上をもたらすのです。 自分で試しにやってみたら面白かった。

>