三原 葉子。 【三原葉子】プロフィール(身長・映画・ドラマ)

【三原葉子】プロフィール(身長・映画・ドラマ)

お国のためと信じて一日数十人からの相手をした慰安婦たちの姿を通じて戦争の虚しさを描いた傑作。 (1973年、東映)• (1967年、東映)• 女王蜂と大学の竜(1960年、新東宝)• (1959年、新東宝)• 『従軍慰安婦(35mm)』 渋谷シネマヴェーラHPより 公開:1974年 監督:鷹森立一 出演:中島ゆたか、緑魔子、叶優子、三原葉子、小松方正、室田日出男、由利徹、たこ八郎 昭和十三年春、中国へ向かう船上には千円で買われた貧村の娘たちがいた。 (1964年 - 1965年、)• 女王蜂の怒り(1958年、新東宝)• 第58話「女一匹恋狂い」(1970年)• 根っからの売春婦。 (1976年、東映)• 風雲七化け峠(1952年、)•。 タイトルそのものが捏造でっち上げの映画なのだ。

>

三原葉子というひと: 最上屋日記

彼女の生家はもともと盛岡で毛皮商を営んでいたところで、その藤原家が盛岡に現存していてリフォームされたという話を聞き、いきさつは忘れてしまったがそのリフォームの設計を行った盛岡設計同人の渡辺先生と知り合う機会があり、実際にその生家を見せていただいた。 不良番長 猪の鹿お蝶(1969年、東映)• 第2回は諸般の事情で中止となったが、この会の情報が盛岡タイムスに掲載されてのちに拡散して三原葉子が亡くなっていたというニュースが広く伝わることになった。 (1965年、東映)• 第756話「悪魔の暴走」(1976年) - 小坂景子• 東京ふんどし芸者(1975年、東映)• 女王蜂と大学の竜(1960年、新東宝)• 本作では逆に、慰安婦たちが兵隊を看護する。 セックス喜劇 鼻血ブー(1971年、東映)• (1970年、東映)• 「自分の出番が終わってもまるで実の娘のように世話を焼いてくれる、これにも惚れました」と語っている。 それを裏付ける話だが、川本三郎さんによると前田通子が新東宝を離れたときには仲間の女優につまはじきにされたというが、三原葉子だけは違ったらしい。 慰安婦も、日本赤十字看護婦も、通底しあっている、というのが、 東映マインドなのだろう。 東京のえくぼ(1952年、新東宝)• (1960年、新東宝)• 色競べ五人女(1958年、新東宝)• たしか、2014年のこと。

>

三原葉子と昭和のグラマー女優達ファンクラブ (17Page)

(1971年、東映)• その際に見せていただいた三原葉子の甥御さんからの手紙を見せていただいたところ、彼女の命日は2013年7月1日と判明。 最終更新: 2020年9月3日 03:20• 昭和27年の『風雲七化け峠』(監督)でデビュー。 第75話「男殺し裸の牝猫」(1970年)• 恐怖のカービン銃(1954年、新東宝)• ただ、彼女の母性が売春婦から、慰安婦に昇華させる。 翌(昭和27年)、『風雲七化け峠』(監督)で銀幕デビュー。 女王蜂の逆襲(1961年、新東宝)• (1968年、東映)• (1964年、東映)• 青春怪談(1955年、新東宝)• 日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。 まさに インチキ三流通俗ルポライターの面目躍如。 機動捜査班 東京午前零時(1962年、日活)• 初めて出会ったセックス・シンボルを思い出しながらこの掲示板に書きなぐってください 題 名. 出身地 岩手県盛岡市• このあたりから新東宝の映画をなんとかして見る機会を増やすことに傾注することになり、必然的に地帯(ライン)シリーズも見るようになり三原葉子が重要な存在になる。

>

三原葉子というひと: 最上屋日記

よう演りました三原葉子」とこのときの様子を語っている。 そして、実際に工事を始める直前に挨拶がてら三原葉子さん本人が盛岡に来て渡辺先生が対面したのだった。 c東映 さて本作の驚きは、いくつかあって。 カスバのセットのすごさに驚いた。 白線秘密地帯(1958年、新東宝)• いれずみ突撃隊(1964年、東映)• 第178話「奇妙な女」(1965年)• そういう意味では新東宝の上層部にはある意味で人を見る目があったというか、うまくスターを創造したというのか。

>

三原葉子というひと: 最上屋日記

不思議なもので、新東宝のセクシー女優について言えるのは、実はみなこっそり胸をときめかせた憧れだけど、それを人前で堂々といいだすことができない存在だったという立ち位置。 第87話「女命の預け方」(1970年)• (1966年、東映)• (1974年、東映)• 第2話「剣法無頼」(1963年)• 共演したは、「ほんまに切れるような岩清水に裸で入りよったんです。 (1972年、東映)• 肉体の野獣(1960年、新東宝)• 温泉スッポン芸者(1972年、東映)• (1972年、東映)• (昭和36年)10月、新東宝が倒産する。 女王蜂の怒り(1958年、新東宝)• 人が来てアッと立ち上がる、胸一杯に乳が隠しきれません。 不良番長 暴走バギー団(1970年、東映)• 没年月日 2013年07月• 同級生の方々から聞いた話では、とにかく盛岡の同級生たちとの交友は大事にしていたそうで一緒に旅行に行ったり、自身の出演している舞台にも招待していたりしていたという。 女体桟橋(1958年、新東宝)• (1968年、東映)• ニックネーム 藤原正子• 第672話「俺の殺した女」(1974年) - 栗島加寿子• 経験(1970年、東映)• スター毒殺事件(1958年、新東宝)• 黄線地帯(1960年、新東宝)• 甥御さんと姪御さんは彼女の姉の子供だそうで、その姉が亡くなった後に彼女が引き取って育てていたそうだ。 (1971年、東映)• (1973年、東映)• ずべ公番長 はまぐれ数え唄(1971年、東映)• (1974年、東映)• ということで中島ゆたかや三原葉子たちは、率先して戦場に飛び込み、重い弾薬箱をひきずったり、負傷した兵隊の看護をしたり、何人かは撃たれて、本当の意味で戦死してしまう。

>

三原葉子

自分的には、新東宝ブランドの一番の衝撃は中川信夫監督の「 地獄」。 劇中では気の強い役だったが、これも嵐寛寿郎によると「役柄とはまるで逆でやさしい、よう気のつく子」だったそうで、真夏の撮影だったこの作品で、大スターの嵐のそばにつきっきりで汗をかくとさっと拭いてくれたという。 第241話「喜劇 おへそ特攻隊」(1972年)• 女体渦巻島(1960年、新東宝)• (1975年、東映)• これを読んで、先だってリフォームされた藤原家を見学していた小生たちは驚いた。 (1973年、東映)• つまり彼女が心が美しいとか、知的で魅力的だとかで理性的に好きになるというのでなく、 彼女のセクシーな姿を映画や本で初めて見てオチンチンの方がなんだかたまらなくなって、 その夜は彼女の姿が目に浮かんで寝付けなかったような。 (1964年、松竹)• 風流交番日記(1955年、新東宝)• 東京のえくぼ(1952年、新東宝)• ボロッとこぼれかかった、本人それどころやない、もう血の気がひいとる。

>

三原葉子とは

経験(1970年、東映)• 第92話「女は裸でグァム島航路」(1971年)• 予約してあったホテルはキャンセルしたとの話。 (1965年、東映)• この話は真実なのか? 三原葉子の親類という方と小生のヨメさんが接点を持つに至り、三原葉子の従兄弟にあたる藤原養蜂所の藤原会長にお目にかかる機会を得て、彼女が亡くなっていることが事実であることを確認したのが2014年の10月の末あたり。 例えば、京マチコさん、淡路恵子さん世代とか。 毛皮商の娘として育ち、盛岡市立盛岡第一高等女学校(現在の)を卒業する。 黄線地帯(1960年、新東宝)• (1958年、新東宝)• 用心棒市場(1963年、東映)• 第100話「夢のグァム島殺人事件」(1971年) 他• 大悪党作戦(1966年、松竹)• それによると彼女、最初に海外に行ったとき英語ができなくて苦労したそうだが、のちに高倉健らとロケで香港に行った際には全く不自由せず英語を話していたそうで、石井輝男から見てもたいへんな努力家だったとの人物評が記されていたが、同級生の方たちの話とも通ずると思った。

>

三原葉子というひと: 最上屋日記

DVDも国際放映ブランドでテック・コミュニケーションズから出ていたのに廃盤になってて、その一部の作品がバップからの発売になっていた。 第672話「俺の殺した女」(1974年) - 栗島加寿子• 暗黒街の顔役 十一人のギャング(1963年、東映)• 第58話「女一匹恋狂い」(1970年)• 人喰海女(1958年、新東宝)• (1971年、東映)• (昭和36年)10月、新東宝が倒産する。 驚くべきことだ。 海女の化物屋敷(1959年、新東宝)• その昔「ノーサイド」という雑誌で「『戦後』が似合う女優」という特集が組まれたときに新東宝の女優陣にもしっかりと触れていたが(川本三郎さんのおかげだろうか)ここに石井輝男が三原葉子の思い出を寄稿していた。 第48話「佛を背負ってモメていた」(1969年) - お徳• 火線地帯(1961年、新東宝)• 最新作もばっちり。 拳銃と蔦走(1960年、新東宝)• 第73話「首なし仏」(1967年)• (1972年、東映)• 第178話「奇妙な女」(1965年)• 外部リンク [ ]• 恋愛ズバリ講座(1961年、新東宝)• この作品では全裸で川に入る場面があった。 この年にTBSの金田一耕助シリーズの「三つ首塔」とATG作品の「西陣心中」に出演した後は表舞台には出ていない。

>