地方 自治 法 施行 規則。 公務員に必要な法律、地方自治法施行令167条の2(随意契約)

地方自治法

年金生活者支援給付金の支給に関する法律• 【100 KB】• (平成三十年法律第九十五号)• 8 号 競争入札に付し入札者がないとき、又は再度の入札に付し落札者がないとき。 【142 KB】 (所管課室名) 総合通信基盤局 電波部 基幹・衛星移動通信課 基幹通信室 令和2年7月27日 地方税法施行規則の一部を改正する省令(令和2年総務省令第67号)• 第十七条の三 地方自治法施行令第百七十四条の四十九の二十一第三号に規定する総務省令で定める職は、次の各号に掲げる普通地方公共団体の区分に応じ、当該各号に掲げる監査に関する行政事務を担当する職とする。 01 施行• (平成二十五年法律第百十一号)• 施行期日の定めがある場合を除き、 「公布の日から」起算して「 10日を経過した日から 施行」される。 01 施行• 普通地方教協団体の条例の制定又は改廃を請求しようとする代表者は、その請求の要旨その他必要事項を記載した条例制定又は改廃請求書を添えて、当該地方公共団体の長に対して、文書で条例制定又は改廃請求代表者証明書を交付を申請する必要があります。 ただし、継続費に係る地方自治法第二百二十条第三項ただし書の規定による繰越しにあつては、第十五条の三の継続費繰越計算書の様式によるものとする。 一 地方自治法第二百六十条の二第一項の認可を行つた場合 イ 名称 ロ 規約に定める目的 ハ 区域 ニ 主たる事務所 ホ 代表者の氏名及び住所 ヘ 裁判所による代表者の職務執行の停止の有無並びに職務代行者の選任の有無(職務代行者が選任されている場合は、その氏名及び住所) ト 代理人の有無(代理人がある場合は、その氏名及び住所) チ 規約に解散の事由を定めたときは、その事由 リ 認可年月日 二 森林組合法第百条の二十二第三項の通知があった場合 イ 名称 ロ 規約に定める目的 ハ 区域 ニ 主たる事務所 ホ 代表者の氏名及び住所 ヘ 裁判所による代表者の職務執行の停止の有無並びに職務代行者の選任の有無(職務代行者が選任されている場合は、その氏名及び住所) ト 代理人の有無(代理人がある場合は、その氏名及び住所) チ 規約に解散の事由を定めたときは、その事由 リ 森林組合法第百条の二十第二項第七号の日又は同法第百条の二十二第一項の認可を受けた日のいずれか遅い日 三 解散した場合(破産による場合を除く。

>

地方自治法施行令

第九十六条 の規定による請求は、の規定により返付を受けた条例制定又は改廃請求者署名簿の署名の効力の決定に関し、条例制定若しくは改廃請求代表者において不服がないとき、又は条例制定若しくは改廃請求代表者においてした審査の申立て若しくは訴訟の裁決若しくは判決が確定したときは、その返付を受けた日又はその効力の確定した日から、都道府県又は指定都市に関する請求にあつては十日以内、指定都市以外の市町村に関する請求にあつては五日以内に、条例制定又は改廃請求書にの規定により告示された選挙権を有する者の総数の五十分の一以上の者の有効署名があることを証明する書面及び条例制定又は改廃請求者署名簿を添えてこれをしなければならない。 【261 KB】• H28. (平成二十八年法律第十九号)• これを 租税法律主義といい、国は、法律の根拠なしに課税することはできません。 【91 KB】• 特に、地方自治法施行令(ちほうじちほうしこうれい)は一番目にする機会が多い法律です。 及び第三項、第百三十一条の二、第百四十二条第一項 同法第四十九条第一項の規定による投票に関する部分に限る。 (地方自治法施行規則の一部改正に伴う経過措置) 第二条 第一条の規定による改正後の地方自治法施行規則第九条から第十二条の二までの規定並びに同令別記都(何道府県)〔何郡(市)町(村)〕条例制定(改廃)請求書様式、別記何広域連合条例制定(改廃)請求書様式、別記都(何道府県)〔何郡(市)町(村)〕条例制定(改廃)請求代表者証明書様式、別記何広域連合条例制定(改廃)請求代表者証明書様式、別記都(何道府県)〔何郡(市)町(村)〕条例制定(改廃)請求署名収集委任状様式、別記何広域連合条例制定(改廃)請求署名収集委任状様式、別記都(何道府県)〔何郡(市)町(村)〕条例制定(改廃)請求署名収集証明書様式、別記何広域連合条例制定(改廃)請求署名収集証明書様式、別記都(何道府県)〔何郡(市)町(村)〕事務監査請求書様式、別記何広域連合事務監査請求書様式、別記都(何道府県)〔何郡(市)町(村)〕事務監査請求代表者証明書様式及び別記何広域連合事務監査請求代表者証明書様式は、この省令の施行の日以後に改正令第一条の規定による改正後の地方自治法施行令(以下この条及び次条において「新令」という。

>

地方自治小六法 令和3年版

第十二条の五 地方自治法施行令第百六十八条の七第一項に規定する現金又は有価証券で総務省令で定めるものは、次のとおりとする。 及び第二項、第三十六条、第三十七条、第三十九条から第四十四条まで、第四十四条の二 在外選挙人名簿に関する部分を除く。 、第七十六条 在外投票に関する部分を除く。 2 この省令の施行の日以降において平成三年度の予算に関して議会に提出される給与費明細書については、この省令による改正後の様式によることができないやむを得ない事情がある場合に限り、この省令による改正前の様式によることができる。 、第五十九条の三第一項 在外投票に関する部分に限る。 第十六条 決算の調製の様式は、別記のとおりとする。

>

地方自治法施行規則(全文)

第二条 地方自治法施行令(昭和二十二年政令第十六号)第百六条、第百十四条、第百十七条、第百八十四条、第二百十三条の五第一項、第二百十四条の四及び第二百十五条の四において準用する公職選挙法施行令(昭和二十五年政令第八十九号)第三十九条第二項、第五十三条第三項、第五十四条第二項又は第五十九条の五の四第八項の規定による点字投票である旨の表示は、公職選挙法施行規則(昭和二十五年総理府令第十三号)第七条の規定による様式に準じるものでなければならない。 ) 条例の公布に必要な事項 条例で定めなければならない• )の規定により学識経験者の意見を聴くときは、二人以上の学識経験者の意見を聴かなければならない。 )を占める職員であつて、その一週間当たりの通常の勤務時間が常時勤務を要する職を占める職員の一週間当たりの通常の勤務時間に比し短い時間であるもの 二 会計年度任用の職を占める職員であつて、その一週間当たりの通常の勤務時間が常時勤務を要する職を占める職員の一週間当たりの通常の勤務時間と同一の時間であるもの 2 会計年度任用職員の任期は、その採用の日から同日の属する会計年度の末日までの期間の範囲内で任命権者が定める。 【115 KB】• 6 号 競争入札に付することが不利と認められるとき。 )」という括弧書きが追加されました。

>

条例と規則

01 施行• 、第五十九条の五 衆議院比例代表選出議員の選挙に関する部分及び参議院比例代表選出議員の選挙に関する部分に限る。 第二十三条 この省令中市に関する規定は特別区に関する規定、市長に関する規定は特別区の区長に関する規定とみなす。 【80 KB】• 法律の委任は不要。 【1111 KB】• )の履歴書 二 個別外部監査契約を締結しようとする相手方が地方自治法第二百五十二条の二十八第三項第一号から第六号までのいずれにも該当しない旨の当該個別外部監査契約を締結しようとする相手方の宣誓書 三 その他普通地方公共団体の長が必要と認める書面 第十七条の十一 前条の規定は、地方自治法第二百五十二条の四十第三項の規定による通知があつた場合について準用する。 )、同条第二十七項に規定する地域活動支援センター(以下この号において「地域活動支援センター」という。 、第五十九条の五 衆議院比例代表選出議員の選挙に関する部分及び参議院比例代表選出議員の選挙に関する部分に限る。

>

公務員に必要な法律、地方自治法施行令167条の2(随意契約)

「投票管理者、開票管理者、選挙長、選挙分会長、審査分会長、国民投票分会長、投票立会人、開票立会人、選挙立会人、審査分会立会人、国民投票分会立会人その他総務省令で定める者の職」 この条文に挙げられている職は、今回の法律で新しく作られたものではありません。 【184 KB】 (所管課室名) 自治財政局交付税課 令和2年2月27日 無線設備規則の一部を改正する省令(令和2年総務省令第5号)• 終わりに 平成32年4月1日から会計年度任用職員制度を適正に運用できるよう、制度設計、予算確保、組合交渉、職員周知、人材募集、体制確保等々、各地方公共団体においては、様々な準備が必要となりますので、遺漏のないよう進めましょう。 附 則 (平成一四年二月二八日総務省令第一九号) (施行期日) 1 この省令は、保健婦助産婦看護婦法の一部を改正する法律の施行の日(平成十四年三月一日)から施行する。 こうして制定した条例を 自主条例といいます。 )に係るものを除く。 (平成二十八年法律第十三号)• は、特別徴収義務者が同法第三百二十一条の五第一項又は第二項ただし書の規定による徴収をすべき月の属する年度 三 に規定する障害者支援施設 以下この号において「障害者支援施設」という。 、第六十二条第四項 同条第五項及び同法第六十九条第二項 これらの規定を同法第百八十三条において準用する場合を含む。

>