トランスフォーマー ウォー フォー サイバトロン。 トランスフォーマー ウォー・フォー・サイバトロンの動画を視聴する方法を徹底解説!無料情報あり|vodzoo

Netflixアニメ『トランスフォーマー : ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』第1章の日本版キャストが解禁!キャラクター紹介PVも公開

前日譚小説 邦訳版がハヤカワ文庫SFより出版の『Ghosts of Yesterday』(ゴースト・オブ・イエスタデイ)では、実写映画版より過去の時代が描かれた。 それに何より他のキャストが豪華。 ーー本作は、Netflixで190カ国へ配信されますが、国内外の楽しみにしているファンのみなさんへ向けてのメッセージをお願いします Netflixの新たな『トランスフォーマー』は、見事なCGと生々しい世界観に、クスリとできるユーモアが散りばめられた作品です。 と同型であり、彼と同じ・をベースとした救急車に変形、負傷した仲間を運搬し修理する。 ラチェット~! 更にディセプティコンもメガトロン、スタースクリーム、スカイワープ、サンダークラッカー、ショックウェーブ レーザーウェーブ 、サウンドウェーブと大物揃い。 本シリーズ初参加となった井上は「世界的な作品に参加させていただく事になり、とても嬉しいのと同時に身が引き締まるような思いです。

>

日報:Netflix『トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー: シージ』7月30日配信開始! ほか

アニメイテッド CV:コーリー・バートン/吹: 『』では「オプティマス部隊」に所属する老齢のオートボットとして登場。 アニメーション制作は過去にを手掛けた。 オプティマスを正式に司令官にしたいと願うアルファ・トライオンの延命を図っていた。 玄田哲章 オートポッドたちの総司令官 皆から慕われている トレーラートラックに変形 穏やかな性格だが、熱い情熱を持ったリーダー 部下からは 「他人の良いところしか見ない」とたしなめられる 強い信念を持ち、目的に向かって突き進む 本作ではオプティマスプライムのリーダーとしての苦悩も描かれる 本当は戦いたくはない だが、メガトロンの横暴を許すわけにはいかない 自分の決断で仲間が傷つくことになる それでもオプティマスプライムは決して希望を捨てない メガトロン CV,大塚芳忠 ディセプティコンのリーダー その力はオプティマスプライムすら上回る オートポッドを根絶やしにすることに、異様な執念を見せる 凶悪な男、メガトロン だが、この作品では単純な悪としては描かれていない 迫害されていた者たちを解放する 最初はそれが目的だった かつての友であるオプティマスプライムに、メガトロンは一目置いている 決して彼を侮ることはない メガトロンはリーダーとしての資質を持った男である しかし、力に魅せられすぎたのだ バンブルビー CV. また日本においてはこれらの限定品に加えて、玩具シリーズの「シージ」当時には国内導入が見送られていた海外限定品が本作の配信開始を機に発売が決定している。 最初は拒否するが、一度は完全に途絶えた故郷再生の希望となると説かれ、の技術力が古代サイバトロンの遺産であるオメガロックをほぼ完全に修復できるレベルに達していたことから、要請を受けてしまった。 程なくして、スペースブリッジ修復のためにラチェットの助力を必要としたオプティマスプライム率いるオートボット達が彼のもとを訪れる。

>

トランスフォーマー:ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー

オプティマスの死後はサイバトロン星の復興に携わっていたが、新政府が「サイバトロン星が荒廃したのはオプティマスが原因」という間違った認識を行い、オプティマスの記録を抹消しようとしたため、ラチェットは「銀河を救ったのはオプティマスである」ことを上層部に進言したが、聞き入れられなかった。 プライム CV:ジェフリー・コムズ/吹: 「それまだ使うのに!」 『』でもこれまでと同様、オプティマスらと行動を共にし、救急車に変形、役職も軍医である。 どちらの陣営にも属さず、分け隔てなく傷ついたトランスフォーマー達の修理に勤しんでいた中、先の戦いでオートボットへの奇襲攻撃に失敗し、倒壊したビルの下敷きになり虫の息だったを発見し、彼を死の淵から救った。 子供達には交流や活躍に救われたことで徐々に心を開いていったが、地球と地球人のことは最後の最後まで見下しており、故郷への思い入れが誰よりも強いこともありオメガロックでサイバトロン星を再生させられると知った時には 「これで文明世界に戻れる」とまで発言して、メガトロンが欲を掻いて地球にそれを照射して侵食するのを防ぐためにオプティマスがオメガロックを破壊してしまった時には激しく非難していた。 関連タグ• 気高い理想を掲げているが、メンバーには戦争前は上層階級だった者が多いため、ディセプティコンはおろか無所属の者にまで上から目線で接する等問題も抱えている。

>

ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー (うぉーふぉーさいばとろんとりろじー)とは【ピクシブ百科事典】

スクラップ同然となる中、ロックダウンからオプティマスの居場所を問いただされるがこれを一蹴、最期は胸部のスパークを抉り取られて死亡、遺体はKSIによって回収された。 だが、やがて反トランスフォーマー組織KSI(Kinetic Solutions Incorporated)の実働部隊「墓場の風」によって潜伏先を突き止められ、彼らの執拗な攻撃を受ける。 新世代トランスフォーマーファンからの支持も熱い木村は、「今作のバンブルビーは、少しばかりすれたところのある青年です。 平和のためにと武器を造っていたが…間違いだったよ」 にて配信されているオリジナルアニメ『』では、同トリロジーの玩具のデザインほぼそのままの姿での登場となった。 すべてがなんとかうまく行けば、想像を絶する結果をもたらすそのミッションとは、惑星を救うために惑星を破壊するというものでした…! 日本でもタカラトミーモールにて同年に限定発売されている。 アドベンチャー CV:ジェフリー・コムズ/吹: 『』では第2シーズン『マイクロンの章』から登場。

>

「トランスフォーマー:ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー第Ⅰ章:シージ」配信決定、予告編映像が公開

『トランスフォーマーシージ』展開中は日本での発売はなかったものの、2020年にタカラトミーモールにて受注限定販売されている。 久々の対面を喜んでおります。 彼をオートボットへスカウトするオプティマスでしたが、拒否されてしまいます。 木村良平 オートポッドとディセプティコン バンブルビーはどちらにもつかない 争いなんてまっぴらだ だが、本人の意思に反して、バンブルビーは戦いの渦中に巻き込まれていく バンブルビーというと実写映画では、言葉が喋れないマスコット的イメージだった けれど、本作ではまるで異なる印象 自由奔放で生意気な若者 本来はこういう性格だったのかと驚いた 言葉を喋るバンブルビーはかなり新鮮だった サイバトロンの戦争 実写映画で描かれた「トランスフォーマー」はコミカルな印象が強かった ところが、このアニメ版ではかなりシリアスでダーク サイバトロンでの熾烈な戦い 時には仲間の裏切りや、壮絶な死も描かれる オートポッドの仲間を大勢殺したディセプティコン 絶対に許さない だが、ディセプティコンにも彼らの言い分があった 自分たちを長きに渡り迫害してきたオートポッド そこに現れたメガトロンは、彼らにとって救世主だった お互いの正義がぶつかり合う 「トランスフォーマー」でここまで深い物語が展開されるとは驚いた 物語のクォリティは実写版、特にここ数作のものより、上だったように思う エンターテイメント とにかく序盤から見せ場の連続 メガトロンの卑劣な罠に陥りそうになるオプティマスプライム 見せ方が巧妙で、手に汗握るシーンが多かった クライマックスのいくつのものピンチが並行して描かれるシーンも見事 絶対絶命の連続で凄まじく盛り上がった トランスフォーマーの変形シーンは期待通りの出来 スピーディーで格好よく、これならファンも満足だろう またいっさい人間が登場せず、トランスフォーマーのドラマに絞られていたことで、物語の焦点が明確で見やすくなった 人間のキャラクターなど必要なかったのではないかと思えるほどだ ここも意外な好ポイントだった 玄田哲章、井上喜久子、木村良平、大塚芳忠 声優陣もさすがのハマりっぷり ファンなら感涙ものだろう さすがNetflix 日本語吹き替えにも手を抜いていない 3部作 このシリーズは3部作として構成されている 第1章が 「シージ」 次の第2章のタイトルが 「アースライズ」 第3章が 「キングダム」と発表されている 今度はタイトル通り、地球が舞台となるようだ どんな物語が展開するのか期待 まとめ 見る前は正直、それほど期待していなかった 予想を上回る出来栄えだった トランスフォーマーたちにここまで感情移入してしまうとは 名場面や熱いセリフがいくつもあった またオプティマスプライムやバンブルビーの意外な一面が見られたのも良かった ファンなら必見 十分に期待に応えてくれた Rotten Tomatoes allcinema. アニメ放送当時に発売された玩具(いわゆるG1玩具)には 顔がない。 また、オートボットのキャラクターを演じているキャストからは以下のコメントが寄せられている。 オプティマス・プライムが指揮官を務めるオートボットと、メガトロン率いるディセプティコンは、生命の源オールスパークを巡り死闘を繰り広げている。

>

『トランスフォーマー ウォー・フォー・サイバトロン:シージ』

スペースブリッジ防衛戦にてラチェットを庇い死亡する。 日本語吹替版は『ビーストウォーズ』シリーズでを演じた子安武人氏が担当。 CV:ドン・メシック、ウォーリー・バー/吹: 「ケガ人は黙ってろ、発声回路切っちまうぞ」 「では名医の診断をしよう。  Netflixとハズブロがルースター・ティースと強力タッグアニメーション制作は、Netflixオリジナルアニメシリーズ『Levius』やアニメーション映画『GODZILLA』三部作などのポリゴン・ピクチュアズが担当。 そのため、「敵ボッコボコにして気持ちいい~!」といった爽快感はあまりなく、人によってはしんどいと感じるかも…? またウルトラマグナスの生存案とオプティマスの抗戦案も、どちらも正論であるが故に絶対に譲歩出来ない歯がゆさもあります。 メンバーを聞いただけで濃い内容がさらに深みがますな~と楽しみで仕方ありませんでした。 今回は、オプティマス率いるオートボット達とメガトロン率いるディセプティコン達との壮絶な戦いが、繰り広げられます。

>