仙台 地裁。 あん摩師等法19条訴訟(東京・大阪・仙台)【2020年10月27日更新】

仙台地方裁判所

今回の期日では、平成医療学園より控訴理由書が、国からは答弁書が出され、それぞれが提出した証拠の取り調べが行われました。 そうした状況の下で、あん摩師等法19条による規制が緩和されるようなことがあれば、さらに晴眼者の占有率が加速度的に拡大し、この分野における視覚障害者の職業的自立は成り立たなくなります。 84年に運転を始めたが、訴訟は2000年まで続いた(最高裁で棄却)。 妻側は術後に無月経になった上、姉も「手術を母から聞いた」と証言。 1992〜2003年にかけてコンポストを作ったが、03年に肥料取締法の基準を超すカドミウムと鉛が検出され、宮城県はコンポストを廃棄物と認定した。 ところが、戦後に至り晴眼者がこの分野に数多く進出してきたことから、この分野における視覚障害者の職業的占有率が低下し始めたことを受け、視覚障害者の職業的自立を維持する目的で、1964年(昭和39年)にあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(以下、「あん摩師等法」と略します)が改正され、その19条1項に「当分の間、文部科学大臣又は厚生労働大臣は、あん摩マッサージ指圧師の総数のうちに視覚障害者以外の者が占める割合、あん摩マッサージ指圧師に係る学校又は養成施設において教育し、又は養成している生徒の総数のうちに視覚障害者以外の者が占める割合その他の事情を勘案して、視覚障害者であるあん摩マッサージ指圧師の生計の維持が著しく困難とならないようにするため必要があると認めるときは、あん摩マッサージ指圧師に係る学校又は養成施設で視覚障害者以外の者を教育し、又は養成するものについての第二条第一項の認定又はその生徒の定員の増加についての同条第三項の承認をしないことができる。 、、、、、、、、、、、、、 大河原支部(大河原簡易裁判所)• しかし、平成医療学園グループの主張は、わが国において視覚障害者の職業的選択が未だ十分には保障されておらず、極めて狭い範囲でしか就労できていないという視覚障害者の就労実態に反するものであり、今なおあん摩マッサージ指圧師の分野においては視覚障害者の就業を保護する必要性は高く、あん摩師等法19条によって平成医療学園グループの営業の自由が合理的な理由によって制限されているとしても、これまでの最高裁判例等に照らしてもあん摩師等法19条の規定は憲法22条等に反するものではありません。

>

仙台地方裁判所

「障害を理由に、子供を産めなくすることを国が許してきた。 原告側は、子を産み育てるかを意思決定する「リプロダクティブ権」が侵害され、憲法13条に違反するなどと主張。 帝王切開したが、赤ちゃんは間もなく亡くなった。 訴訟の争点 提訴したのは、聴覚障害のある大阪府内の夫(80代)と妻(70代)、知的障害のある近畿地方の女性(77)。 また、平成医療学園は、裁判所に対し、第1審で国が提出した藤井亮輔教授の論文の信用性を弾劾するためとして、平成18年「身体障害児・者実態調査」以降の視覚障害者に関する統計資料を提出するよう調査嘱託という手続きを申し立てたが、裁判長はこれを、「模索的な申立であり、必要性が認められない」として却下した。 原告側は控訴する方針。 少年事件欄は,その管内の少年法で定める少年の保護事件の審判に関する事務を取り扱う家庭裁判所の本庁又は支部を示しています。

>

旧優生保護法大阪訴訟 争点は除斥期間の「起算点」 30日に地裁判決

ただし,裁判員制度対象事件は,地方裁判所の本庁のみで取り扱い,支部では取り扱いません。 また、あん摩マッサージ指圧師が乱造される事態はこの分野における質の低下を招き、国民の健康被害をも引き起こしかねない事態となります。 手術の事実が認められても、45年以上前の行為について国が賠償責任を負うかが問題になる。 合議事件欄は,その管内の民事事件,刑事事件,家事事件及び少年事件の合議事件を取り扱う地方裁判所・家庭裁判所の本庁又は支部を示しています。 2009年2月の一審判決では全量引き取りなどが命じられた。 外部リンク [ ]• 原告側は控訴する方針。

>

旧優生保護法は違憲 強制不妊訴訟で判決 賠償は認めず:朝日新聞デジタル

国内ではリプロダクティブ・ライツをめぐる法的議論の蓄積が少なく、司法判断もされてこなかった事情を重視し、「立法措置が必要不可欠ということが国会にとって明白だったとはいえない」として、国の賠償責任を否定した。 平成医療学園グループは、かかる訴訟において、わが国では視覚障害者の職業領域が広がり、あん摩マッサージ指圧師の分野において視覚障害者を特に保護する必要性はなくなったとか、自らの学校経営という営業の自由が侵害されている等と主張し、あん摩師等法19条は憲法22条等に反していると主張してきました。 これに対し、原告側は「甚大な人権侵害が時の経過によって免責されてはならない」と指摘。 この判例からする、従業員の不正が発覚した場合であっても内部統制等がある程度整備されていれば、課税庁の処分が下されても対抗できる可能性があるといえそうです。 法廷傍聴には、コロナに配慮して35名の傍聴しか認められない中、日視連関東ブロック協議会、日本あん摩マッサージ指圧師会、日本理療科教員連盟、全日本視覚障害者協議会等の当事者・支援者など150名程が参集した。

>

元教諭ら県提訴=算定ミスで退職金不足―仙台地裁(2020年12月2日)|BIGLOBEニュース

行政事件は,本庁のみで取り扱っており,支部では取り扱っていません。 宮城県教育委員会の算定ミスで退職金を少なく支給されたとして、県採用の元教職員ら8人が2日、不足分約600万円と遅延損害金の支払いを県に求める訴訟を仙台地裁に起こした。 そこで、私たちは、「あん摩師等法19条連絡会」を結成し、平成医療学園グループが提起した訴訟は視覚障害者の職業的自立を破壊するものであり、自らの利益のみを図ろうとするものであるとして、その主張の不当性を訴えてきました。 林裁判長は仙台地裁と同様に、同意のない手術を認めた旧法の規定を幸福追求権を定めた憲法13条違反とした。 仙台地検は昨年9月、石巻市の男性(33)を強制わいせつ致傷罪で 仙台地裁に起訴していた。

>

仙台PS差し止め認めず 環境汚染「顕著でない」 仙台地裁判決

平成医療学園グループの平成医療学園専門学校ならびに宝塚医療大学があん摩師等法19条を違憲とする訴訟を国に対して起こした裁判について、2月25日、大阪地裁三輪方大裁判長より判決が言い渡された。 2018年以降、他の障害者らが仙台地裁などに提訴する動きを知り、「差別に負けたくない」と原告になった。 控訴審で、平成医療学園は第1審判決を不服として取り消しを求め、国は控訴の棄却を求めました。 東京電力福島第一原発事故をめぐり、福島県内の住民や避難者ら約3700人が国と東電に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が30日、仙台高裁であった。 もっと事実を積み上げ、勝訴に向けて努力していく」と話した。 【写真の説明】傍聴券を求め東京高等裁判所に向かう姿 口頭弁論では、裁判長から、視覚障害のある傍聴者に対してこれまでの経過説明が行なわれるなどの配慮が見られた。

>