産業 競争 力 強化 法。 中小企業庁:産業競争力強化法が本日施行されます

事業再編の促進(産業競争力強化法)(METI/経済産業省)

一方で、被買収会社のみならず、自社の株式についても評価をしなければなりません。 我が国の産業競争力強化のためには、日本経済の3つの歪み、すなわち「過剰規制」、「過小投資」、「過当競争」を是正していくことが重要であり、本法律は、そのキードライバーとしての役割を果たすものであります。 千葉県千葉市(東京情報大学 総合情報学部 准教授 樋口 大輔)• ) 募集株式一株と引換えに給付する当該他の株式会社の株式(当該他の株式会社の株式と併せて当該他の株式会社の新株予約権又は新株予約権付社債(外国法人の新株予約権又は新株予約権付社債に類似するものを含む。 )を作成し、主務省令で定めるところにより、これを主務大臣に提出して、その認定を受けることができる。 対象となる場合に、登録免許税や不動産取得税の軽減や各種許認可の承継等の支援措置を受けることができます。 以下「認定事業再編事業者」という。

>

産業競争力強化法(METI/経済産業省)

1994年の日本の国内総生産のGDPは、世界の17. 3 第一項の規定による求めを受けた主務大臣は、当該求めに係る新たな規制の特例措置が他の関係行政機関の長(当該行政機関が合議制である場合にあっては、当該行政機関。 詳細は、中小企業庁のサイトを御覧ください。 自社株対価TOBといえば、平成23年度の産業活力再生特別措置法(以下、産活法)改正により、会社法上の現物出資規制や有利発行規制等が緩和されましたが、当該特例が活用された実例はありません。 (平成二十八年政令第十八号)• 6 政府は、実行計画を作成したときは、これを公表するものとする。 第132条 中小企業者の特定信用状発行契約に基づく債務については、当該債務を中小企業信用保険法第3条第1項に規定する借入れによる債務とみなして、同法第3条及び第4条から第8条までの規定を適用する。 自社株対価TOBは買付者にとって現物出資に該当するため、会社法上、原則として検査役の調査が必要とされるが、特例適用により不要となる• ロ 商品の新たな生産の方式の導入又は設備の能率の向上により、商品の生産を著しく効率化すること。

>

生産性向上特別措置法及び産業競争力強化法等の一部を改正する法律 (METI/経済産業省)

(独立行政法人中小企業基盤整備機構の行う新事業活動円滑化業務) 第十三条 独立行政法人中小企業基盤整備機構は、新事業活動を円滑化するため、認定新事業活動実施者が認定新事業活動計画に従って新事業活動の実施に必要な資金を調達するために発行する社債(社債、株式等の振替に関する法律(平成十三年法律第七十五号)第六十六条第一号に規定する短期社債を除く。 以下この条において同じ。 5 内閣総理大臣は、実行計画の案を作成し、閣議の決定を求めるものとする。 一 前項第一号に掲げる創業を行おうとする個人であって、一月以内(認定創業支援事業計画(第百十四条第二項に規定する認定創業支援事業計画をいう。 )は、当該認定に係る新事業活動計画を変更しようとするときは、主務省令で定めるところにより、主務大臣の認定を受けなければならない。

>

中小企業庁:産業競争力強化法に基づく認定を受けた市区町村別の創業支援等事業計画の概要

5 主務大臣は、第一項の認定の申請があった場合において、その事業再編計画が次の各号のいずれにも適合するものであると認めるときは、その認定をするものとする。 )であって、その事業の将来における成長発展を図るために外部からの投資を受けることが特に必要なものその他の経済産業省令で定めるものをいう。 (現物出資及び財産引受の調査に関する特例) 第二十九条 事業者が認定事業再編計画又は認定特定事業再編計画(以下この節において「認定計画」という。 埼玉県(特定非営利活動法人さいたま起業家協議会 理事 佐原 雅史(株式会社ブライナ代表取締役・彩戸総合特許事務所 弁理士))• )が発行する信用状であって、当該事業者の外国関係法人の外国銀行等(銀行法(昭和五十六年法律第五十九号)第四条第三項に規定する外国銀行等をいう。 特定複合観光施設区域整備法• ・過少投資 1997年時点では約78兆円の民間設備投資をしていましたが、2012年には60兆円まで下回る過少投資になっていました。 (事業再編計画の認定) 第二十四条 事業者は、その実施しようとする事業再編(当該事業者が法人を設立し、その法人が実施しようとするものを含む。

>

中小企業庁:産業競争力強化法に基づく認定を受けた市区町村別の創業支援等事業計画の概要

20 この法律において「リース保険契約」とは、次の各号のいずれにも該当する保険契約をいう。 2 担当大臣は、重点施策をその実施期限までに実施できないおそれがあるときは、当該実施期限を遵守するために、必要な措置を講ずるものとする。 第80条 次の書面 次の書面並びに産業競争力強化法(平成25年法律第98号)第23条第1項又は第25条第1項の認定(同法第24条第1項又は第26条第1項の変更の認定を含む。 (平成二十八年政令第二百四十八号)• 産業競争力強化法では、地域の創業を促進させる施策として市区町村が民間事業者と連携し、創業支援を行っていく取組を応援します。 以下この条において同じ。 )である場合における当該特定関係事業者に係る同法第二十五条第一項に規定する認定事業再編事業者若しくは当該認定事業再編事業者の他の特定関係事業者又は当該認定事業再編計画に係る他の認定事業再編事業者若しくは当該他の認定事業再編事業者の特定関係事業者をいう。 その他、ご不明な点は経済産業省産業創造課までお気軽にご相談ください。

>

事業再編の促進(産業競争力強化法)(METI/経済産業省)

) 特定特別支配株主 当該特別支配株主 当該特定特別支配株主 特別支配株主完全子法人に 特定特別支配株主完全子法人(当該特定特別支配株主が発行済株式の全部を有する株式会社並びに当該認定計画に係る他の認定事業者及び当該他の認定事業者が発行済株式の全部を有する株式会社をいう。 ロ 一般消費者及び関連事業者の利益を不当に害するおそれがあるものでないこと。 )の数 第199条第1項第4号 金銭の払込み又は前号の財産 特定株式等 第201条第3項 公開会社 当該認定事業者である株式会社 第1項の規定により読み替えて適用する第199条第2項の取締役会の決議によって 産業競争力強化法第32条第3項の規定により読み替えて準用する第796条第2項の規定により、株主総会の決議によらないで 第201条第5項 法務省令 産業競争力強化法第147条第2項に規定する主務省令(以下単に「主務省令」という。 )にある場合にあっては、当該事業再編計画に係る事業再編が、当該事業分野の過剰供給構造の解消に資するものであること。 )は、その実施しようとする特定研究成果活用支援事業に関する計画(以下この条、次条及び第百四十条第一項第二号において「特定研究成果活用支援事業計画」という。

>

株式対価M&Aに係る課税の繰延制度の創設~産業競争力強化法の改正を踏まえたM&A実務への影響~

第五十一条第一項第二号において同じ。 )の規定は、第1項の場合に準用する。 国土交通省 海事局 船舶産業課• (平成二十九年法律第五十六号)• 地域における創業支援体制強化• 9 この法律において「外国関係法人」とは、外国法人(新たに設立されるものを含む。 )が、当該申請を行う事業者の営む事業の属する事業分野における適正な競争が確保されないおそれがある場合として政令で定める場合に該当するときは、当該認定に係る申請書の写しを公正取引委員会に送付するとともに、あらかじめ公正取引委員会に協議するものとする。 第76条 技術等情報漏えい防止措置認証業務の範囲を中小企業者に対して行うものに限定して第68条第1項の認定を受けた一般社団法人又は一般財団法人 (一般社団法人にあってはその社員総会における議決権の二分の一以上を中小企業者が有しているもの、一般財団法人にあってはその設立に際して拠出された財産の価額の二分の一以上が中小企業者により拠出されているものに限る。 4 前項の規定による回答を受けた主務大臣は、遅滞なく、その回答の内容を当該回答に係る第一項の規定による求めをした者に通知するものとする。

>