一 が つく 四 字 熟語。 いい意味の四字熟語12選|前向き/心に響く/かっこいい/ポジティブ

『一』のつく ことわざ・慣用句・四字熟語と意味の一覧

万物一馬 (ばんぶついちば)• 一味徒党 (いちみととう)• 当たり前に受け入れていることや使っているものは、もしかすると当たり前ではないのかもしれません。 一難去ってまた一難(いちなんさってまたいちなん) 一つの災難が過ぎてほっとする間もなく、また次の災難が起きること。 千里同風 (せんりどうふう)• 三人集まれば、三つのやり方や考え方があるということ。 逆の扱いを受けること。 草廬三顧 (そうろさんこ)• 百姓一揆 (ひゃくしょういっき)• 一琴一鶴 (いっきんいっかく)• 惚れて通えば千里も一里(ほれてかよえばせんりもいちり) 惚れた相手の所に通うのであれば、遠い道のりも短く感じられるということ。 万古千秋 (ばんこせんしゅう)• 百世之師 (ひゃくせいのし)• 転じて、他の干渉・援助をうけず、独立していること。 三釁三浴 (さんきんさんよく)• 妙法一乗 (みょうほういちじょう)• 一虚一盈 (いっきょ-いちえい) …… 意味:あるいはむなしく、あるいは満ちる意。

>

一〇一〇。四字熟語を完成させてください。

倚馬七紙 (いばしちし)• 大山鳴動して鼠一匹(たいざんめいどうしてねずみいっぴき) 前触れの騒ぎばかりが大きくて,実際の結果の小さいことのたとえ。 千思万考 (せんしばんこう)• 一伍一什 (いちごいちじゅう)• 取るに足りないこと。 一木一草 (いちぼくいっそう)• 「一」が含まれる四字熟語一覧 漢数字の「一」が含まれる四字熟語の一覧です。 一匹の馬が狂えば千匹の馬も狂う(いっぴきのうまがくるえばせんびきのうまもくるう) 群集はたやすく暗示にかかりやすく、一人が騒ぐとそれにつられて騒ぎ出す。 百花斉放 (ひゃっかせいほう)• 一宿一飯 (いっしゅくいっぱん) …… 意味:旅の途中、一晩泊めてもらったり、食事を恵んでもらったりして、他人の世話になること。 九死一生 (きゅうしいっしょう)• 正しい言葉遣いを心がけるようになると自分の言葉に自信が持てなくなるものです。 書籍情報• 同仁一視 (どうじんいっし)• 百下百全 (ひゃっかひゃくぜん)• 一字三礼 (いちじさんらい)• 一瓢一箪 (いっぴょういったん)• 一攫千金(いっかくせんきん) 一度に、しかもたやすく大きな利益を得ること。

>

『一』のつく ことわざ・慣用句・四字熟語と意味の一覧

三月庭訓 (さんがつていきん)• 万寿無疆 (ばんじゅむきょう)• 永字八法 (えいじはっぽう)• 一蓮托生 (いちれんたくしょう)• 読書三余 (どくしょさんよ)• 一瀉千里 (いっしゃせんり)• 形影一如 (けいえいいちにょ)• 四通八達 (しつうはったつ)• 一即一切 (いっそくいっさい)• 一刻千金 (いっこくせんきん)• 三寒四温 (さんかんしおん)• 見た目は似ているがなんの価値もないもののこと。 百福荘厳 (ひゃくふくしょうごん)• 千軍万馬 (せんぐんばんば)• 千載一遇 (せんざいいちぐう)• 一刀三礼 (いっとうさんらい)• また、人並みはずれた能力や経験などのたとえ。 千金弊帚 (せんきんへいそう)• 万緑叢中紅一点(ばんりょくそうちゅうこういってん) 多くの男性の中に、一人だけ女性がいることのたとえ。 一衣帯水(いちいたいすい) ひとすじの帯のような、幅の狭い川や海。 三平二満 (さんぺいじまん)• 一騎当千(いっきとうせん) 群を抜いた勇者のたとえ。 一天四海 (いってんしかい)• 一長一短 (いっちょういったん) …… 意味:長所もあり、短所もあること。 千金一擲 (せんきんいってき)• 千載一遇 (せんざいいちぐう)• 北斗七星 (ほくとしちせい) 数字の「八」が入る四字熟語24• 「一」も「二」も結構あるでしょう。

>

一〇一〇。四字熟語を完成させてください。

無二無三 (むにむさん)• 益者三楽 (えきしゃさんごう)• 九牛の一毛(きゅうぎゅうのいちもう) 多数の中のごく一部分。 議論百出 (ぎろんひゃくしゅつ)• 百世不磨 (ひゃくせいふま)• 一措一画 (いっそいっかく)• 七里結界 (しちりけっかい)• 二六時中 (にろくじちゅう)• 下の関連記事ではポジティブな気持ちで悩まずに人生を送れる思考法をご紹介しているので参考にしてください。 板子一枚下は地獄(いたごいちまいしたはじごく) 船乗りの仕事が危険であることのたとえ。 千里命駕 (せんりめいが)• 一家眷族 (いっかけんぞく)• 岡目八目 (おかめはちもく)• 顔をしかめたり笑ったりして感情が顔にでること。 一朝之忿 (いっちょうのいかり)• 一世風靡 (いっせいふうび)• 孟母三遷 (もうぼさんせん)• 一遊一予 (いちゆういちよ)• 一件落着 (いっけんらくちゃく)• 三豕渉河 (さんししょうか)• 二束三文 (にそくさんもん)• 四角四面 (しかくしめん)• 遮二無二 (しゃにむに)• 多くのものの中に、ただ一つだけ目立つものがまじっていること。

>

「一」が二つある四字熟語っていくつありましたっけ?

一死七生 (いっししちしょう)• 八索九丘 (はっさくきゅうきゅう)• 五穀豊穣 (ごこくほうじょう)• 一水盈盈 (いっすいえいえい)• 一切合切 (いっさいがっさい)• 駢四儷六 (べんしれいろく)• 張三李四 (ちょうさんりし)• 一芸一能 (いちげいいちのう) …… 意味:一つの技芸・才能。 三舎退避 (さんしゃたいひ)• 五十知命 (ごじゅうちめい)• 四字熟語のもとになっている漢字は、一字一字が固有の概念を備えた「語」であり、一字が一音節で発音されるという特徴をもっています。 十全十美 (じゅうぜんじゅうび)• 七転八起 (しちてんはっき)• 手がかりがないまま、あれこれ試してみること。 一喜一憂 (いっきいちゆう)• 万物斉同 (ばんぶつせいどう)• 九損一徳 (くそんいっとく)• 一夜十起 (いちやじっき)• 一六勝負 (いちろくしょうぶ)• 十年一日 (じゅうねんいちじつ)• 鵬程万里 (ほうていばんり)• 一蓮托生(いちれんたくしょう) 結果はどうあろうと、最後まで行動や運命をともにすること。 一年の計は元旦にあり(いちねんのけいはがんたんにあり) その年の計画は元旦に立てるべきである。 竹林七賢 (ちくりんしちけん)• 鎧袖一触 (がいしゅういっしょく)• ちょっとしたしぐさ 一向一揆 (いっこういっき) 戦国時代に浄土真宗本願寺教団(一向宗)の信徒たちが 起こした一揆の総称 一国一城 (いっこくいちじょう ) 一つの国に城を一つだけ置くこと 一宿一飯 (いっしゅくいっぱん) 人にちょっと世話になること 一進一退 (いっしんいったい) 事態がよくなったり悪くなったりする状態のこと 一世一代 (いっせいちだい ) 一生に一度だけであること 一張一弛 (いっちょういっし) 緊張と弛緩を自在にすること 一朝一夕 (いっちょういっせき) 物事は簡単には達成できないこと 一長一短 (いっちょういったん) 人や物事について、いい面もあり悪い面もあること 一得一失 (いっとくいっしつ) 一方で利益があると、他方で損失があること 利益と損失 がともにあるたとえ 一瓢一箪 (いっぴょういったん) 飲み物は一つの瓢、食べ物も一つのわりこに 、という粗末な食事の例え つつましい暮らしのこと 一顰一笑 (いっぴんいっしょう) 顔に表れる僅かな表情や、変化のこと 一貧一富 (いっぴんいっぷ) 貧しい時と富んでいる時では、他人からの接し方が 変わるということ または、貧しくなったり豊かになったりすること 一芸一能 (いちげいいちのう) 一つの技芸・才能のこと 一言一行 (いちげんいっこう) 一つの言葉と一つの行い 一五一十 (いちごいちじゅう) 事の始めから終わりまで 最初から最後まで全部もれなく、すべて 一分一厘 (いちぶいちりん) ごくわずかであることのたとえ 一問一答 (いちもんいっとう) 質問と返答とをかわるがわる行うこと 一高一低 (いっこういってい) 株式用語で、相場の高い日と安い日が交互に繰り返されること 一失一得 (いっしついっとく) 片方は良いが、もう一方は良くないこと. 一刻千金 (いっこくせんきん)• 五倫五常 (ごりんごじょう)• 一酔千日 (いっすいせんにち)• 七嘴八舌 (しちしはちぜつ)• 八紘一宇 (はっこういちう)• 一斗百篇 (いっとひゃっぺん)• 百世之利 (ひゃくせいのり)• 百日の説法屁一つ(ひゃくにちのせっぽうへひとつ) 長い間の苦労が、わずかな失敗のために無駄になってしまうことのたとえ。 一汁一菜 (いちじゅういっさい) …… 意味:ひと碗の吸い物と一品のおかず。

>

数字の四字熟語一覧!一から十、百、千、万、億の漢字が入る熟語780

八元八凱 (はちげんはちがい)• 心機一転 (しんきいってん)•。 百八煩悩 (ひゃくはちぼんのう)• 千呼万喚 (せんこうばんかん)• 生涯に一度限りであること 一言一句 (いちごんいっく ) 一つ一つの語句 一字一句 (いちじいっく ) 一つの文字と一つの語句。 一筆抹殺 (いっぴつまっさつ)• 四面楚歌 (しめんそか)• もし、他にもよく使われている『一』のつく言葉がありましたらお知らせください。 千村万落 (せんそんばんらく)• 天門登八 (てんもんとうはち)• 一世之雄 (いっせいのゆう)• 万里鵬程 (ばんりほうてい)• 一問一答 (いちもんいっとう)• 百縦千随 (ひゃくしょうせんずい)• 斗南一人 (となんのいちにん)• 軌を一にする(きをいつにする) 車の通った跡を同じくするように、立場や方向を同じくする。 乾坤一擲(けんこんいってき) 運を天にまかせて、のるかそるかの大勝負をすること。 一瀉千里(いっしゃせんり) 物事が一気に進むこと。 一念天に通ず(いちねんてんにつうず) 物事をなしとげようとする強い信念があれば、その心は天に通じ、必ず成就するということ。

>

「一」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

一挙両失 (いっきょりょうしつ)• 千巌万壑 (せんがんばんがく)• 一瀉千里 (いっしゃせんり)• 一望千里 (いちぼうせんり)• 凡聖一如 (ぼんしょういちにょ)• 一死七生 (いっししちしょう)• 四六駢儷 (しろくべんれい)• また、それぞれ異なるものが根本的には同一であること。 万頃瑠璃 (ばんけいるり)• 一壺千金 (いっこせんきん)• 三浴三薫 (さんよくさんくん)• 一夜検校 (いちやけんぎょう)• 維摩一黙 (ゆいまいちもく)• 一字不説 (いちじふせつ)• 九損一徳 (くそんいっとく)• 一詠一觴 (いちえいいっしょう)• 一成不易 (いっせいふえき)• 一上一下 (いちじょういちげ)• 十寒一暴 (じっかんいちばく)• 百年之業 (ひゃくねんのぎょう)• 三綱五常 (さんこうごじょう)• 一字千金(いちじせんきん) 非常にすぐれている文章や筆跡。 一読三嘆 (いちどくさんたん)• 二律背反 (にりつはいはん)• 千姿万態 (せんしばんたい)• 一日之長 (いちじつのちょう)• 一言蔽之 (いちげんへいし)• 三世一爨 (さんせいいっさん)• 一飯千金 (いっぱんせんきん)• 一粒万倍 (いちりゅうまんばい)• 六尺之孤 (りくせきのこ)• 一石二鳥(いっせきにちょう) 一つのことをして、二つの利益を得るたとえ。 六言六蔽 (りくげんのりくへい)• 一人当千 (いちにんとうせん)• 四書五経 (ししょごきょう)• 斗酒百篇 (としゅひゃっぺん)• 万世不易 (ばんせいふえき)• 不同不二 (ふどうふじ)• 頂門一針 (ちょうもんのいっしん)• 再三再四 (さいさんさいし)• 千金一擲 (せんきんいってき)• 一族郎党 (いちぞくろうとう)• 波濤万里 (はとうばんり)• 百花繚乱 (ひゃっかりょうらん)• 家書万金 (かしょばんきん)• 馬鹿の一つ覚え(ばかのひとつおぼえ) ある一つの事だけを覚え込んで、どんな場合にも得意になって言いたてること。 成功者・指導者ばかりが功名を得るのを嘆く言葉。 一目十行 (いちもくじゅうぎょう)• 一六勝負 (いちろくしょうぶ)• 一騎当千 (いっきとうせん)• 三軍暴骨 (さんぐんばくこつ)• 六道輪廻 (ろくどうりんね)• 前程万里 (ぜんていばんり)• 千錯万綜 (せんさくばんそう)• 鎧袖一触(がいしゅういっしょく) 相手をたやすく打ち負かしてしまうたとえ。

>