ハワイ コロナ 状況。 【12/4更新】ハワイの新型コロナウイルス最新情報【感染状況・フライト・入国規制】

【ハワイ行きフライト最新状況】直行便の運行・コロナ対策まとめ

ハワイ州内で陽性反応が出た患者は現時点で2名。 オアフ島のショップ、ショッピングセンターの営業状況はこちらの記事をご覧ください。 以下の州から訪れる市民と渡航者は前述の3州に入州する際、14日間の自己隔離が義務付けられます。 フィットネスジムやスタジオなど、屋内施設の最大収容人数は50人以内とする。 これらの措置に加え、イリノイ州公共衛生局は学校や公共施設に対し下記の行動を推奨しています。

>

ハワイでのコロナの現状は?旅行はいつ行ける?最新状況まとめ!

11月24日更新 : ニューヨーク州 入院者数の増加を受け感謝祭期間の移動自粛を要請 ニューヨーク州のクオモ知事は会見を開き市民に対し移動自粛を要請。 9月15日更新 : 米国の失業給付金 ハワイなど多くの州で受給者が増加 米国労働省が発表した最新のデータによると全体の失業率は減少傾向にあるが、失業給付金の受給者は増加していると報告。 ハワイ州内で16名の新型コロナウイルス感染を確認。 続いて、ロイヤルハワイアンセンターの様子です。 3月25日から4月30日まで。 なお、会見前日の10月14日には、米国内の奴隷が解放された6月19日 Juneteenth を州の祝日とすることが発表されています。

>

【2020年12月4日更新】新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報

続いてビーチの様子です。 なお、3月26日より全てのハワイ市民とハワイへ訪れる渡航者を対象に、14日間の自己隔離を要請しています。 オクラホマ州:204048人(+1707人)(うち、 死者1836人(+24人))• 赤色の対象州からの渡航者は14日間の自己隔離を前提として入域を検討してください。 ベーカー郡• 隔離要請の対象州 8月25日発表 アラバマ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、ジョージア州、アイダホ州、アイオワ州、カンザス州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ネバダ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、テキサス州、プエルトリコ準州 以上の対象州に居住する市民と対象州に24時間以上滞在した渡航者は、出発日より起算して14日間にわたる自己隔離が義務付けられますのでご注意ください。 それよりも上乗せしたオファー価格を提示しなければ土台に乗らないのです。 大韓航空 東京(成田)ーホノルル直行便の運航 成田ーホノルル 2020年11月30日まで運休 関連情報: 8. 上記の義務に従わない場合はハワイ州の定めにより罰金などが科せられる場合がありますのでご注意ください。 隔離要請の対象州 22州と1地域 ケンタッキー州、ネバダ州、テキサス州、ワイオミング州、アイダホ州、ミネソタ州、モンタナ州、ウィスコンシン州、アラバマ州、アーカンソー州、ジョージア州、アイオワ州、カンザス州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ネブラスカ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、ユタ州、プエルトリコ準州 なお、イリノイ州クック郡 エバンストン、スコーキーを除く においてもシカゴ市と同様の入域制限が適用されます。

>

新型コロナウイルス ハワイ旅行:空港&飛行機の中の状況は?

ケンタッキー州:190600人(+3835人)(うち、 死者2014人(+71人))• 最新情報は以下よりご覧ください。 条件が良すぎて有名な雑誌DIMEで流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。 2月2日発令の大統領令により、外国籍、且つ過去14日以内に香港、マカオ、台湾を除く中国への渡航歴がある方は、米国への入国が拒否されることとなりました。 こちらはハワイ州全体の統計データになりますので、上記でいうところの『ハワイ不動産』をひとまとめにしたケースですね。 州保健当局では対象地域へ訪れる市民や渡航者に対し、マスク着用や社会的距離の保持を要請。

>

【ハワイ行きフライト最新状況】直行便の運行・コロナ対策まとめ

コネティカット州• 学校は対面授業を禁止し遠隔授業のみとする• シカゴ市当局および公衆衛生局は不要不急の旅行の中止を呼び掛けるとともに、往来する渡航者に対し以下の内容を要請しています。 完全に封鎖がされているようで人が全くいません。 飲食サービスでのテイクアウトやデリバリーサービスは引き続き営業可能です。 ABCストアとチャートハウス閉店から見えるハワイ(ワイキキ)の現状 コロナ状況まとめ 相変わらず 先が見えない厳しい状況が続いてますが 皆様 いかがお過ごしでしょうか? 僕ですか? もちろん 元気に決まってます! (インスタを見ていただいてる人は ご存知だと思いますが!笑) しかし ハワイ 特にワイキキは 全く 元気がありません、、、。 アーカンソー州• 屋内外における文化的、宗教的な集会の参加人数は10人までとなります。 メイシーズなど現時点まだ再開できていないお店もコロナ対策の準備が整い次第再開されるそうで、お店の前に再開予定日を記載した張り紙をしている店舗もありました。

>

【2020年12月4日更新】新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報

開放によりハワイ内で患者数が上昇するようであれば、再び対策強化をする必要性があると訴えました。 隔離要請の対象州 21州と1地域 アラスカ州、ケンタッキー州、ネバダ州、ワイオミング州、アイダホ州、ミネソタ州、モンタナ州、ウィスコンシン州、アラバマ州、アーカンソー州、アイオワ州、カンザス州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ネブラスカ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、ユタ州、プエルトリコ準州 対象州からシカゴ市へ訪れる市民や渡航者は14日間にわたる自己隔離が義務付けられますのでご注意ください。 10月7日更新 : シカゴへの入域制限 21州と1地域が対象に シカゴ市当局は入域制限の対象州を10月6日付けで更新。 区分は各州における10万人あたりの新規陽性者数を基にして策定され、赤・オレンジ・黄色の3種に区分けされます。 ・4月25日 リケリケ・ドライブイン閉店。 アメリカでは全ての州において部分的に経済活動が再開されていますが、再開に伴う規制緩和の内容は州や地域により異なります。 店舗や施設の再開が段階的に許可され、オアフ島やハワイ島の一部のビーチでは社会的距離の保持を条件に5月中旬より入場を認めています。

>

【コロナ最新情報】アメリカ感染者数・州別分布・状況と渡航情報(最終更新12月4日)

外出禁令が出ており、ショッピングモールやレストランも閉鎖されている異常なハワイの実情をお伝えしたいと思います。 ハワイ旅行中に注意すべきこと 日本と同じくハワイでも新型コロナウルスは猛威を奮っており、感染しないように十分に予防対策をしていく必要があります。 米国政府では新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、4月30日まで国民に不要不急の外出や集会への参加を控えるよう要請しており、間もなく期限を迎えます。 新型コロナウイルス感染拡大が続くなか、各州では以下の対応が施行されます。 Contents(目次)• ロサンゼルス郡への渡航を計画中の方は、慎重な行動と発令されている措置の遵守をお願いします。 これまでの推移は、下のリンク先のページをご覧ください。 西海岸における3州の知事は市民に対し、不要不急の旅行やレクリエーションを自粛するよう要請しています。

>