Line 送信 取り消し と 削除 の 違い。 トークの取消と削除

LINEの送信取消と削除の違い!通知や相手の端末から消えない条件とは | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

LINEの「送信取り消し」方法 LINEの送信取り消し機能がどのようなものかわかったところで、実際に送信取り消しする方法を解説していきます。 「送信取消」をタップすると、『LINEのバージョンによってはメッセージが消えないことがあります』との表示。 メッセージを消してしまうと、[送信取り消し]ボタン自体が表示できなくなるので動揺する人も多いはず。 LINEアプリの不具合かも 送信取消できるはずなのにできない、という場合には、もしかしたらLINEアプリの側で不具合が発生している可能性が考えられます。 つまり、同じアカウントでログインしているPC版やiPad版LINEにはメッセージが残ったままというわけです。 送信取消機能はあくまで「間に合ったらラッキー!」なお守り程度に思っておいて、送信取消に頼りすぎずにそもそも誤爆をしないよう心がけるのが良いかもしれませんね。 細かい仕様の違いなどは、必要に応じて以下の解説を確認してみてください。

>

【LINEの「送信取り消し」方法】削除との違いは?相手にはどう見える?

メッセージの横にチェックが出るので、削除したいメッセージにチェックを入れます。 また、メッセージを削除した後にバックアップを取っても、メッセージが削除された状態で復元されてしまいます。 。 ボイスメッセージ• iPhoneを使っている人にLINEでメッセージを送ると、画面上にメッセージの内容が数秒間通知されます。 ・グループLINE内でもめごとが起こり、顔を合わせづらくなった 「起こったもめごとは、あくまでもグループLINEの中でのこと」と、割り切ることが大切だと思います。

>

LINE(ライン)の送信取り消し方法、見る方法や削除との違いも解説

メッセージを送信した側のLINEでは、メッセージを削除すれば、画面からメッセージが表示されなくなります。 メッセージを削除するためにトークルームを開いた段階でそのメッセージに目を通したことになるため、既読マークはすでに付いていますし、メッセージを削除したからといって既読マークが消えることもありません。 似た機能ですが、メッセージを「送信取消」した場合は、自分と相手の端末からメッセージが消えます。 オンラインになって LINEのデータが同期された時点で、 送信取り消しは適用されます。 メッセージ削除後にバックアップを取っても、削除された状態で復元されてしまいます。 これを防ぐためには、送信相手に LINEの通知設定を内容が見えないものに変えてもらう以外に方法がないため、あまり現実的ではありませんよね。

>

【LINEの「送信取り消し」方法】削除との違いは?相手にはどう見える?

24時間以内、かつ未読のうちに送信取り消しを実行すれば、多くのケースでその内容は相手に見られずに済むでしょう。 もし誤って削除してしまった場合などには、PC版、iPad版LINEなど他の端末からアクセスして確認するといいでしょう。 送信取り消しと削除の違い4つご紹介します。 メニューが表示されるので 「削除」をタップ。 ただし、送信・受信側ともに「送信を取り消しました」というメッセージは残るため、何かを送ってからやっぱり消したんだな、というのはわかる仕様。 また、LINEアプリを入れ直した時に、icloudが有効でないと、メッセージの復元ができません。 その為、 PCなどの別端末に残っているメッセージを操作し、「送信取消」のボタンを出すことが可能です。

>

LINE(ライン)の送信取り消し方法、見る方法や削除との違いも解説

トーク画面で送信取消を実行したいメッセージを右クリックしてください(Mac版では「control」キー+クリック、トラックパッドは2本指で触れながらクリック、iPad版LINEでは長押し)。 これが『メッセージ送信取り消し』と『メッセージ削除』の 決定的な違いです。 24時間を過ぎてしまうと送信取消したくてもできないので注意してください。 これらの場合は、どんなに送信後すぐ「送信取り消し」をしたとしても、すでに相手のスマホ画面には表示されてしまっており、その表示までを取り消すことはできません。 誤爆には送信取消 誤爆メッセージの際には、自分のトークルームからメッセージを削除するだけでなく、相手のトークルームからもメッセージを削除したいものです。 Androidの場合 相手がAndroidの端末を使っていた場合、こちらが「送信取消」を行っても、通知は消えません。

>

LINE「削除・送信取消」の違い【ビジネスで使うなら】 [スキルアップトピックス] All About

そして、消せるのは自分のメッセージだけです。 ・24時間以上経過すると送信取消できなくなる LINEでメッセージを送信してから24時間以上経過してしまうと、長押ししても「送信取消」のメニューが表示されなくなり、メッセージを取り消すことができなくなってしまいます。 たとえば、以下のようなものは送信取り消し不可です。 本当は見せてはいけないもの を見せるときや、 悪用されたら困るものを 見せるときに 利用できるでしょう。 1つめは、「送信取消」ができるメッセージは「24時間以内に送信されたもの」。 まとめ 以上のようにLINEでやり取りしている情報に関して、その情報の送信取消を行うことができます。 取り消されたメッセージのところには「メッセージの送信を取り消しました」が表示されます。

>

【LINE】間違えて「削除」したメッセージを「送信取消」する方法

相手が通知に気付いていなければ、 トークルームを開かない限り、 メッセージの送信を取り消したことは 相手には伝わりません。 ただ、「メッセージの送信を取り消しました」という表示自体は、相手の側にも表示され、これを取り消す方法はありません。 そのため、送信取消をしても相手がすでにメッセージを読んでいる可能性があることは知っておきましょう。 長押しすることが必要です。 日程調整• 別端末がない場合は、メッセージの復元 メッセージの復元を使えば、別端末が無くても削除したメッセージの送信取消ができます。 それ以前のメッセージは、長押ししても「送信取消」メニューが表示されません(「削除」は可能)。

>

トークの取消と削除

削除したいメッセージは 複数選択できます。 2つの機能の違いは、一度送信したメッセージが相手側のトーク履歴に残るか残らないかだけです。 ここから、「送信取消」をやり直そうとしても、メッセージがないのでメニュー一覧を出すことができません。 LINE MUSIC これらの送信取り消しはメッセージのときと同じ操作になります。 メッセージを送信された側から見ると違いがよく分かる メッセージを送信された側のLINEを見てみると、「削除」機能と「送信取消」機能の違いがよく分かります。 送信取消したときの自分の画面と相手の画面 相手のトーク画面上でも、指定したメッセージが消えているのがわかります。 内容については取り消すことができるが、全く痕跡を消すことはできないということですね。

>