精査 する 意味。 「精査」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「精査」は見るだけじゃない?ビジネスでの意味と類語との違いとは

この場合には、一度社内に持ち帰って、よく考えますという意味になります。 例えば、「業績への影響を精査する必要がある」「申請内容を精査する」など、さまざまな使い方が可能です。 「要検査」は、「疑わしいところがあるので、もう少し経過してから検査を行ってください」ということを意味しています。 ビジネスシーンなどでもよく使用される言葉ですので、その意味をしっかりと覚えておくようにしましょう。 何かをはっきりさせたい場合に「調査」や「精査」が行われるのであって、それが良い・悪いに分類できるとは限りません。

>

精査とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

自分だけでは決めることができない重大な問題や事案の場合、よくこの「精査」するという言葉を使い持ち帰り、考えさせてもらうことが多いと言えます。 「精査」の意味とは? 「精査してください」とはどういう意味なのでしょう。 「検討」は角を立てないよう、相手に催促をしたいときに使うことができる言葉です。 これだけたくさんの類語があると使うシーンなど迷ってしまうと思いますが、時と場合、さらに使う相手を見極めてその都度、使い分けたり言い換えたりしたいですね。 「検査」は、「血液検査」「適性検査」「所持品検査」といった言葉に見られるように、基本的には良い・悪いの判断をします。 たとえば、資料を添付したメールで、「資料を添付しております。

>

「精査」の例文・使い方・類語・反対語・検討との違い|する

「精査」と「検討」の使い方! 次に、「精査」と「検討」の使い方を例文で紹介します。 内容が正確かどうかを調べ、時に修正することは• そのなかでも「精査する」は、より詳しく細かく調べる意味合いが伝わる言葉です。 良い・悪いの判断といっても「精査」と「検査」ではニュアンスが異なります。 「査」は音読みだと「サ」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「査」は、「監査」「考査」「審査」「検査」などと使われていますよね。 意味には若干の違いがありますが、「精査」の言い換え表現としても使用可能です。

>

「精査する」の意味と使い方は?丁寧語や敬語に言い換えるには?

考証する• 「精査」の使い方 「精査」は「詳しく調べる」意味ですので、ビジネスシーンでもよく使われます。 確認の「確」という字は、はっきりとしていて間違いがないことや、かたく決めて動かない様子を意味している言葉です。 「査」は「しらべること」を意味しています。 これが、「いろいろな面から詳しく調べる」ということ。 「精査」の詳しい意味から紹介します。 「精査」の類語は? 「精査」の類語に「検討」がありますが、両者は意味に違いがあります。 ・綿密に精査された情報を提供する。

>

「精査」の意味は?「検討」「確認」との違いと使い方を解説!

誰かの考えが入り込むわけではなく、「考えること」とはニュアンスが異なります。 「調査」は、「ある事項を明確にするために調べること」という意味がありますが、「精査」はこの「調査」をさらに詳しく行うことを意味します。 お問い合わせの件につきましては、精査した上で回答させていただきます。 語源は「米」と「青=澄み切った、清める」の組み合わせ。 通覧(一通り目を通すこと)• 詳しく調べる、という意味では「精査する」と同じですが、良いか悪いかの「判断」というニュアンスが入る点が異なります。 「検討する」には、良く調べた上でその良し悪しを判断する、という意味があります。

>

「精査」と「検討」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

以下、「精査」の意味を詳しく見ていきましょう。 ただ詳しく調べるだけではありません。 改めて解説すると、「確かにその通りである」と認める、という意味で、そのための根拠を探すという意味合いもあります。 「調査」よりも細かいのがポイント 「調べる」という意味の単語で最もなじみがあるのが「調査」ではないでしょうか。 。 ・新製品に関する企画を前向きに 検討する。

>

「精査」の例文・使い方・類語・反対語・検討との違い|する

表現方法は「確認する」「確認された」「確認できる」 「確認する」「確認された」「確認できる」などが、確認を使った一般的な言い回しです。 「精査」の類語はたくさんあるので、意味ごとにご紹介していきますね。 精査を直接的に意味する単語は存在しないため、scanningやcareful examinationといったやや異なる意味の英語で表されることが多いです。 確認という言葉も、ビジネスシーンなどでよく使用されるものです。 「精査(せいさ)」とは、 細かい点まで物事を詳しく調べることです。 以上、精査の意味でした。

>