武漢 生物 兵器。 武漢P4研究所、中国軍の生物化学兵器専門家が責任者に=情報

新型コロナウイルス:「生物兵器」の陰謀論、政治家やメディアが振りまく(平和博)

中国国立武漢生物安全研究所。 同研究所は、ウイルスの発生源とされる海鮮市場から約30キロの地点に位置する。 人がそのウイルスを接触すると、僅か4時間で伝染性宿主になってしまう。 【大紀元2020年01月26日訊】(大紀元記者張婷綜合報導)武漢中共病毒(俗稱武漢病毒、新型冠狀病毒)的根源到底在哪裡?目前尚無定論。 いやはや、「いわゆる武漢熱」などと言っているが、これは青山センセイが『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)などで提唱した呼び方で、一部のネトウヨががなり立てている。

>

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

この新型ウイルスに関しては、あまりの強力な感染力に日々驚いていますけれど、もしかすると、これもまた周氏の手によって「改変されてこのような感染力になった」部分もあるのかもしれないと思ったりもします。 そのようなことが何年も続けられていたと。 「中国科学院武漢病毒研究所」と 「武漢国家生物安全研究所」の建物は同一敷地内にあり、奇妙なことに 「武漢生物製品研究所」の建物は直線距離で約500m程度のところに建っています。 中国共産党は このウイルス生物兵器を用いて、アメリカやロシアの国民に感染させてその国力を弱体化させる計画を持っていた。 美國官員則表示,一個不祥預兆是自從這個病毒爆發以來,中國網站上流傳了一些虛假傳聞,聲稱該病毒是美國陰謀傳播生物武器的一部分。 中国軍機関紙・解放軍報は1月31日、陳薇少将が湖北省武漢市に入り、市の新型コロナウイルスによる肺炎の防疫対策に当たっていると報道した。 これに対し、武漢ウイルス研究所の幹部は「ありえない」話だとして全否定 、日本のに当たるも同研究所からウイルスが流出したとの説を否定した。

>

新型コロナウイルスは「生物兵器!?」~米メディアが報じる疑惑

確かに、現在の異様ともいえる拡大と感染力の強さは、このようなウイルスの姿そのままともいえます。 該当ウイルスはAIDSのたんぱく質成分が人工による挿入されたことを、あるインドの科学者により発見された。 - (2017年7月21日アーカイブ分). そもそも青山センセイは「中国からの入国を当面全て断るべき」と主張しており、自身が率いる自民党極右議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」は、今月14日にも中国の習近平国家主席の国賓来日に反対する「声明」を官邸の岡田直樹官房副長官に手渡している。 他還表示,SARS總體上被納入中共的生物武器項目,且在幾個相關設施內處理。 おそらく上の、 > 経験のない研究員たちを積極的に採用 あたりがキッカケではなかったかと。 現在、武漢から蔓延した新型コロナウイルスによる肺炎(以下、「武漢肺炎」と称する)とそっくりである。

>

青山繁晴議員はコロナを「武漢熱」と命名、「生物兵器」である可能性をふれまわる|LITERA/リテラ

武漢實驗室研究SARS等高傳染病毒 報導稱,這家武漢病毒研究所過去曾研究過冠狀病毒,包括SARS,H5N1流感病毒,日本腦炎和登革熱(dengue)。 中国・北京で新型コロナウイルスの消毒作業を行うスタッフ。 これは現在世界に拡大しているコロナウイルスとよく似ている。 もちろん、いまはゲノム編集などの遺伝子改変技術がきわめて高度化しているので、感染力の強い病原体を選んで、その毒素を強化することで実用性を高める、といったこともある程度まで可能だ。 コットン氏が名指ししているのは、長江を挟んだ対岸、12キロ(7. 彼は中国数十年以来最も重要で危険な新型生物兵器の情報を保存しているディスクを持ち出した。 海外では、UNHRCの決定を非難する声が上がっている。

>

武漢ウィルスは生物兵器か??

世界各国の関連研究機関で 研究されている主な生物兵器に、コロナウイルスの名前はない。 中国のどの大学かというと「 武漢理工大学」なのでした。 ギルソン GIAPD多機能分析システム• 中国軍の生物化学兵器防衛の最高責任者である陳薇(54)少将が、最近、武漢のP4ウイルス研究所の責任者を引き継いだと報じられている。 これは「地政学と帝国」というサイトに投稿された(1月30日)を指す。 該研究所擁有中國唯一用於研究致命病毒的安全實驗室。 公開されている資料によれば、中国科学院が武漢に持つウイルス研究所は中国で唯一のバイオセーフティーレベルP4の実験施設を有している。 人間の皮を被った・・・ しかし 我々もいつかは消されるかもしれない。

>

「武漢肺炎ウイルスは生物兵器」 米国SF小説の恐ろし予言

仏紙ル・モンド(3月7日)でも、専門家がその主張を完全否定している。 この記事を、トランプ政権の元首席戦略官兼大統領上級顧問で、右派サイト「ブライトバート・ニュース」の会長だったスティーブン・バノン氏が、自身のポッドキャストで。 関連リンク• ただし、ガーツ記者の記事にはいずれも「断定できない」と明記してあり、記事タイトルや筆致ではかなり疑惑を強調してはいるものの、デイリー・メールと同じようにあくまで可能性のひとつとしている。 「まだ論争はあるが、動物市場が発生源だとされている」との訂正文を掲載している。 Screenshot of Fox Business さらに、陰謀論系の人工ウイルス説はインターネット上にとどまらず、アメリカ政界にまで波及した。 まったく研究されてこなかったということはないだろうが、 現実に兵器としての使用に向いていないのだと思われる。

>