ドルトムント 対 フライブルク。 サポーターによる侮辱行為はドイツを揺らす社会問題の一端…フライブルク監督が警鐘を鳴らす(GOAL)

Bundesliga

フライブルク率いるクリスティアン・シュトライヒ監督は、ドイツ複数のスタジアムでサポーターの一部が引き起こしたホッフェンハイムオーナーに対する侮辱的な行為を「耐え忍んではならない」とし、警鐘を鳴らした。 それを見て、またどこかから『ではそれを実行しよう』と言い出す頭がおかしい人が現れるからだ」 バイエルンサポーターグループが試合後に出した声明によれば、行為は、ホッフェンハイムとの対戦において今後2年間敵地スタジアム入場禁止処分を科し、ドルトムントサポーター全員に連帯責任を負わせたDFB(ドイツサッカー連盟)に対する抗議と主張し、ホップ氏を侮辱しなければ注目されていなかったとも行為を正当化。 歴史に少しでも興味があれば、ヴァイマル共和政の歴史について調べればいい。 相手陣地でボールを回す回数が増え、ここ数戦では決定機に決めきれていないドルトムントだけに、GKにセーブされる回数も増えると考え、ドルトムントのコーナーキックオーバー7. 同監督はドルトムント戦後の会見で、「これ以上、物事のエスカレートを避けるために、どうしたらいいのか、私にはわからない」と前置きし、ドイツが最近揺らされる事件を引き合いに出しながら次のように述べた。 29日のドイツ各放送局のニュース番組でもその異例な光景が大きく取り上げられ、国内ではバイエルンを始めとして、ドルトムントやケルンのそれぞれの過激サポーターも批判の的に。 LOSE 投稿者:まめたくん | 614 3 2018年11月30日 20:40 12月1日のサッカーブンデスリーガ ボルシア・ドルトムント対フライブルクの試合予想です。

>

フライブルク対ドルトムント

ドルトムントのボール支配率65%のスタッツが示す通り、試合はドルトムントのペースで進みました。 しかしこれはうまくミートせず、GKのビュルキが難なくセーブした。 ただ、このままこのような方向に進むようであれば、試合を中止し、みんなを家に帰らせることになった場合、私はそれを100%支持する」 「ヨーロッパでは最近、人びと、選手がほかの信仰を持つ理由などから侮辱されるケースが急激に増えている。 すると20分、コーナーキックからヴィツェルがボレーシュートを叩き込み、ドルトムントが先制に成功する。 フライブルクは17分、ルカ・ヴァルトシュミットが完全に裏に抜け出してGKと1対1になるが、シュートは枠を捉えきれず。 また、ジェイドン・サンチョはベンチスタートとなった。 プレーは再開されるも、両チームの選手たちは、6-0でリードのバイエルンの勝利が決まっていたなか、残り13分間敵味方関係なくパス交換することでその行為に対して抗議し、ホップ氏への結束を示していた。

>

LOSE:ボルシア・ドルトムント対フライブルク

「ただ言えるのは次のとおりだ。 長セバスチャン ・ ケールだ肋骨と Sven ベンダーがウイルスが意味元リバプール fc の mf ヌリ sahin さんはおそらくまでボドルム守備中盤で関連付けられます。 ドルトムント 3ー1 フライブルク この試合最初の決定機は5分、フライブルクのグリフォがドルトムント最終ラインの裏に飛び出し、ペナルティーエリアの左からシュートを放つ。 67分、サンチョから受けたハキミが右サイドから切れ込み、そのまま左足でシュート。 しかし、サンチョも後半途中からの出場でしたし、ドルトムントは既にグループリーグ突破は決めていたので無理はさせない采配だったと考えています。 序盤、ドルトムントはウカシュ・ピシュチェクが負傷するアクシデント。

>

ドルトムント、ライバルの取りこぼし活かせず…フライブルクと痛恨ドロー(GOAL)

ライブ ストリーミング見てボルシア ・ ドルトムント対フライブルクは、Bet365 との読み込みライブ。 そんななか、チームミーティングや記者会見などでサッカーに限らず社会問題や政治について言及することからドイツサッカー界の各方面から絶大な支持を受けるフライブルクのシュトライヒ監督の言葉が注目を浴びた。 先日のチャンピオンズリーグでは既にグループリーグ敗退が決まったブルージュ相手にホームでまさかのスコアレスドローに終わりました。 代わりにマリオ・ゲッツェが入っている。 その後、ホーランド、アザール、サンチョを中心としたドルトムント攻撃陣がチャンスを多く作りますが、前半は1対0のまま終了します。

>

フライブルク対ドルトムント

人に対する扇動行為は、耐え忍んではならない」 「私は解決策などは知らない。 29日のドイツ各放送局のニュース番組でもその異例な光景が大きく取り上げられ、国内ではバイエルンを始めとして、ドルトムントやケルンのそれぞれの過激サポーターも批判の的に。 ドイツ各メディアが伝えている。 一方のシャルケは、ダヴィド・ワグナー()前監督から元アウクスブルク監督のマヌエル・バウム()氏に指揮官を交代したが、守備崩壊が続き、これでリーグ戦未勝利は19試合に伸びている。 後半10分 後半18分 選手交代、アザール(23)がアウト、サンチョ(7)がイン 後半22分 ゴール!!!アクラフ(5)がゴールを決める。 55分には、華麗なパスワークでドルトムント守備陣を完全に攻略。 これら2試合でもスタジアム内でホップ氏に対する侮辱行為の取り止めを求める場内アナウンスが流れ、ドルトムント対フライブルクも後半開始直後に一旦中断されていた。

>

サポーターによる侮辱行為はドイツを揺らす社会問題の一端…フライブルク監督が警鐘を鳴らす(GOAL)

ドルトムントはここまで12試合で35得点と圧倒的な攻撃力を武器にここまで戦ってきました。 フライブルクは、8 とヨーロッパの位置のための挑戦は、重要なのコンゴ mf セドリック ・ Makiadi の膝の構造を破壊せずになります。 18分にはギンターのスルーパスに抜け出したオバメヤンがGKの頭越しに際どいループシュート。 絶対に受け入れてはならない。 89分、ヴィンチェンツォ・グリフォのクロスがマヌエル・アカンジに当たってオウンゴール。 対フライブルク戦で、サンチョが持ち前の決定力の高さを見せつけました。

>