主 イエス キリスト 教会。 主イエス・キリスト教会 ホームページ

主イエス恵愛教会のホームページ

最後の晩餐の時にいったい何が起きていたのでしょうか。 言葉は単なる文字の羅列ではなく、その言葉によって表したい思いや、実現を求める願いの現れです。 神さまはこの私たちを、神さまの祝福の中、神さまの恵みを呼吸するように生きることへと立ち帰らせるために、み子を人として世にお与えになりました。 テサロニケの信者はイエスは死んでから蘇ったという復活信仰を始めた。 イエス・キリストは神の子がして人の性をとった、真の神であり真の人である。

>

「イエス・キリストは主(しゅ) (使徒信条10)」 2016年02月07日 田村 英典

この終末観は初期キリスト教の預言者の言葉である可能性大であるとされている。 そういう人が何と多いでしょう。 象徴説(Sign as Emblems) ルターと同じ時代に生きた宗教改革者であったヅヴィングリは、パンとブドウ液を象徴的意味で理解しました。 使徒たちは全世界に出て行き,福音を宣べ伝えるよう命じられました(マタイ28:19-20参照)。 測るどころか、満ち溢れ、溢れ出し、私たちをも満たす豊かさです。

>

神の家族主イエス・キリスト教会

そうすれば満足できます」と要求する場面があります。 主イエスは福音の大宣教命令で、「あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい」 マタイ28:19 と言われました。 しかし、ここに主イエスがおられます!主は、ご自分を信じる私たちの罪の全てを十字架で完全に精算し、それにより、ご自分を信じ頼る者を贖い(あがない)、つまり買い取り、永遠に御自分のものとされます。 『新約聖書』フランシスコ会聖書研究所訳注、中央出版社、初版1979年。 「兄弟たち、アジア州でわたしたちが被った苦難について、ぜひ知っていてほしい。

>

イエス・キリスト

フランシスコ会訳注『新約聖書』299頁注 5。 「兄弟たち、アジア州でわたしたちが被った苦難について、ぜひ知っていてほしい。 いまだかつて、神さまを見た人はいません。 失敗もするでしょう。 語義と指示内容 [ ] イエス [ ] イエスは、「 イエースース」の慣用的日本語表記である。 そして、彼らに言われた。 迎えに出よ。

>

神の家族主イエス・キリスト教会

創造主なる神さまは、言葉によって、天と地と、そこに満つるものをお造りになりました。 つまり、クリスチャンが、主の晩餐の杯からキリストの血を象徴したブドウ酒を飲む時、十字架を背負って生きていく事を改めて覚える時だと、管理人は信じています。 キリストの血としてのブドウ酒 杯に満たされたブドウ酒にも重要な意味が隠されています。 - 、• キリストは、自らが十字架にかけられる前に、「自分自身がいけにえとして命をささげる」と預言しているのです。 この福音書が記されたのは、キリスト者たちの信仰を否定する勢力が強まり、キリスト者たちがそれまでの会堂での礼拝生活をすることが困難になりつつある時代、あるいは既に非常に困難になった時代であったと言われています。

>

2020年12月13日(日) 待降節第3主日礼拝「ヨハネの母と主イエスの母の対面」 草津市のプロテスタント教会

この身に起こす変化ではなくて、この身に起こる変化について語っている言葉です。 俺たちの人生も捨てたもんじゃない。 その覆いは、ただ主の方に、キリストの方に向き直るときに、取り除かれるものです。 主と同じ姿に変えられていくという喜ばしいことが語られているのに、主のように変わって行かなければ駄目だと自分を主語にし始めます。 神の言葉を預かったモーセが自分の顔の前に垂らした覆いというのは、後に、神殿の至聖所の前に設置された分厚い垂れ幕と同じ種類のものであると言って良い。

>