上 十 三 保健所。 保健所管轄区域案内 福井県|厚生労働省

食品衛生法

、、、などの開設許可及び苦情処理等。 H30. の交付、、及び相談の受付。 プログラム等の内容や協力依頼については各保健所へお問い合わせください。 (日勝峠から望む十勝平野と大雪連峰) R2. 医療及び薬事に関する事項• 対策(大気汚染、水質汚濁、土壌汚染など)。 等水道の諸届出の受理、立入検査、指導。 ハ 出入口及び窓は、かぎをかけることができるものであること。 (平成三十年法律第四十六号)• 旅館営業 和式の構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、簡易宿所営業及び下宿営業以外のもの。

>

保健所管轄区域案内 福井県|厚生労働省

七 その他都道府県知事が特に必要があると認めて定める構造設備の基準に適合すること。 九 便所は、水洗式であり、かつ、座便式のものがあり、共同用のものにあつては、男子用及び女子用の区分があること。 出題基準における• 治療法の確立していない疾病その他の特殊の疾病により長期に療養を必要とする者の保健に関する事項• 一部でAdobe社のAcrobat Readerなどが必要です。 (平成三十年法律第五十三号)• 二 当該施設に近接して公衆浴場がある等入浴に支障をきたさないと認められる場合を除き、宿泊者の需要を満たすことができる規模の入浴設備を有すること。 その他地域住民の健康の保持および増進に関する事項• 身体に障害のある児童及び疾病により長期にわたり療養を必要とする児童の療育について、指導を行うこと。 (平成二十六年法律第六十九号)• に関すること。

>

十勝総合振興局保健環境部保健行政室のトップページ | 十勝総合振興局保健環境部保健行政室

五 宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の洗面設備を有すること。 十 当該施設の設置場所が法第三条第三項 各号に掲げる施設(以下「学校等」という。 衛生上の試験及び検査に関する事項• に関する事項• 01 施行• が、第2号に掲げる者と同等以上の技術又は経験を有すると認めた者 (健康局長通知では「外国において、養成訓練課程に準じる課程を修了し公衆衛生修士 MPH、MSPH のを取得した者」とある。 ・等の管理及び、引き取り先の募集(募集)。 下宿営業 施設を設け、一月以上の期間を単位とする宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業。 H30. 5年以上公衆衛生の実務に従事した経験がある者• 保健所は一般に、医師、保健師、栄養士、診療放射線技師、臨床検査技師、獣医師、薬剤師、精神保健福祉相談員、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、聴覚言語専門職など多種多様な専門職がおり、事務職員と合わせ、ある意味デパートに近い組織だ。 八 適当な数の便所を有すること。

>

十勝総合振興局保健環境部保健行政室のトップページ | 十勝総合振興局保健環境部保健行政室

精神保健に関する相談の受付。 母性及び乳幼児並びにの保健に関する事項• 食中毒について、からの報告の受理(第58条)。 エイズ、、性病、伝染病その他の疾病の予防に関する事項• )の敷地(これらの用に供するものと決定した土地を含む。 五 適当な換気、採光、照明、防湿及び排水の設備を有すること。 環境衛生上の正しい知識の普及に図ること。

>

静岡県/静岡県内保健所一覧

都道府県型の保健所は、市町村と協力して医療機関や医師会、歯科医師会などと調整しながら食品衛生や感染症などの広域的業務、医事・薬事衛生や精神・難病対策などの専門的な業務、自然災害や原因不明の健康危機管理に取り組んでいる。 休館日 土曜日 ・日曜日、祝日、年末年始 12月29日~1月3日 休館日の食中毒・感染症が疑われる場合の連絡先は、ページ一番下にございます。 一 学校教育法 第一条 に規定する学校(大学を除く) 二 児童福祉法 第七条 に規定する児童福祉施設 三 社会教育法 第二条 に規定する社会教育に関する施設その他の施設で、前二号に掲げる施設に類するものとして都道府県の条例で定めるもの 旅館業法施行令 (昭和32年6月21日政令第152号)最終改正:平成12年6月7日政令第309号 (構造設備の基準) 第一条 旅館業法第三条第二項 の規定による ホテル営業の施設の構造設備の基準は、次のとおりとする。 二 和式の構造設備による客室の床面積は、それぞれ七平方メートル以上であること。 施行日降順• に関すること。 栄養の改善及び食品衛生に関する事項• 一 客室の数は、五室以上であること。 3 法第三条第二項 の規定による 簡易宿所営業の施設の構造設備の基準は、次のとおりとする。

>

食品衛生法

三 宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の洗面設備を有すること。 治療法の確立していない疾病その他の特殊の疾病により長期に療養を必要とする者の保健に関する事項• 保健師に関する事項• 世田谷保健所案内図 区役所第2庁舎 世田谷保健所は、皆さんの健康の保持と増進や暮らしよい環境、食品の安全などのため、保健衛生業務を行っています。 精神保健に関する事項• 食品の製造、流通、調理及び販売施設・卸売市場・集団給食施設 飲食店など に対する営業許可及び監視指導、諸届出の受理。 老人ホームなど や 学校給食センターなど に対する栄養指導。 大別すると都道府県が設置するもの(約75%)と一定規模の市が設置するもの(約25%)に分かれる。 一 この法律又はこの法律に基く処分に違反して刑に処せられ、その執行を終り、又は執行を受けることがなくなつた日から起算して三年を経過していない者 二 第八条の規定により許可を取り消され、取消の日から起算して三年を経過していない者 三 法人であつて、その業務を行う役員のうちに前二号の一に該当する者があるもの 3 第一項の許可の申請に係る施設の設置場所が、次の各号に掲げる施設の敷地(これらの用に供するものと決定した土地を含む)の周囲おおむね百メートルの区域内にある場合において、その設置によつて当該施設の清純な施設環境が著しく害されるおそれがあると認めるときも、前項と同様とする。

>

食品衛生法

医学各論のうち• 六 宿泊者の需要を満たすことができる適当な数の洋式浴室又はシヤワー室を有すること。 児童福祉法における保健所 [ ]• 厚生労働大臣が、公衆衛生行政に必要な医学に関する専門的知識に関し医師と同等以上の知識を有すると認めた者• 2 都道府県知事は、前項の許可の申請があつた場合において、その申請に係る施設の構造設備が政令で定める基準に適合しないと認めるとき、当該施設の設置場所が公衆衛生上不適当であると認めるとき、又は申請者が次の各号の一に該当するときは、同項の許可を与えないことができる。 管内の飲食店及び施設を紹介しています。 児童虐待防止に貢献しているという指摘がある。 法律上の保健所 [ ] 建築物衛生法における保健所 [ ] 建築物衛生法3条に規定されている。

>