天龍 ルナキア。 天龍「ルナキア」シリーズ全モデルの特徴を総まとめ!

テンリュウ ルナキア LK582S

今回初めて天龍ロッドを使用しましたがよく書き込みにある良く曲がるロッドです。 小笠原さんのカキコにあるティップから20センチ位の所が曲がっていた!とありますが、それはソリッドティップだからではないでしょうか?ソリッドティップはガイトの2番目辺りから結合してあるのでチューブラティップとは違いワンピース作りではありませんので多分その事ではないかと、、、。 LK752S-MMHT• 2019NEW Lunakia ルナキア LK752S-MMHT パワー重視フィネスモデル ライトリグを扱える繊細さと、フッキング後に主導権を与えないパワーを両立させたモデル。 コスパで考えると、オススメです。 春に購入したルナキア582でちょいちょい釣果を上げてきましたんで、インプレなるものを書いてみます。

>

【天龍のルナキアに追加機種が!?】完成間近のショートレングス「53」がイイ感じだった

使用ロッドはもちろんルナキア。 5gまでなら、それらも何の問題も無し そんな場所ならタングステンのジグヘッドを使用すれば このロッドに有ってると思う 事実、1. 5g程度のジグヘッドから20g程のメタルジグまで扱え、長さを活かしてキャロライナリグやフロートリグにも対応。 初回サンプルからのレポートは下記の通りだ。 AT-guide is set for using mono-filament line like Flourocarbon and Ester and for lightweighting. 誤解のないように伝えておきますと、63で居食いバイトが取れないかというとそうではなく、また58で掛けにいくことができないかといえばこれまた違います。 ティップの張りのあるカーボンソリッドと強靭なバットで掛け心地は最高です。

>

campagnes.foxsports.nl:カスタマーレビュー: 天龍(Tenryu) ロッド ルナキア LK752S

以前までのルナキアは、ロングロッドのパワーメバリングモデルの印象が強かったのですが、現行モデルは、アジングに最適なショートレングスモデルから、8フィートオーバーのパワーライトゲームモデルの5機種発売されています。 T material is used on butt section of all items• ・LK582S-LS メーカーHPやインプレ動画、ブログ等で紹介されている特性そのままと言えると思います。 ルナキア ソニックの詳細のスペック LKS81M• 最近のロッドであればどれでも使えるレベルだと思います。 左右や前後のアキュラシーよりも、レンジの見極めのための情報を伝えてくれるかの方が重要だと思ってます。 ターゲットを反射的に口を使わせてしまう事を狙い、 リアクションの釣りに特化した専用モデルとして昇華させたのが今モデルである。

>

天龍(TEN RYU・テンリュウ)のメバリング用おすすめロッド

何度かの試作を重ね、ある程度まで煮詰まって来ていた。 LK752S-MMHT 遠投性・パワーを併せ持ちながら繊細な釣りができるチューブラーティップのロッドです。 いろんな案が飛び出してくるけど、とりあえず『基本となる機種』が必要と思えた。 操作時は超ファーストアクションに感じ、負荷を掛ける毎に徐々にスローアクションに可変していきます。 ショートモデルにはティップで潮のもたれや抜けアタリを感知しやすい極細のソリッドティップ、ミドル~ロングモデルには重ためのリグ操作を考慮して張りのあるチューブラーティップを採用。 原因はソリッドに近づけるために、極限まで細く加工したチューブラでは、 フッキングやファイト時にロッド角度を付け過ぎると負荷に耐えきれないからだ。 現在はアジング道(時々エギング)を追求しつつ、釣った獲物はおいしく頂くキャッチ&イートの精神で釣りライフを満喫しています。

>

ルナキア LK632S-LMLS 開発秘話

4号 ・スプリットショット 1-5g : PEライン 0. 大胆な軽量化と最新のブランク成形技術によって、アングラーの持つ感覚と狩猟本能を刺激します。 テンリュウのアジングロッド、ルナキア LK632S-LMLSをご紹介します。 You can enjoy various light game in this series, for example super finesse at Bay area or aggressive style at rock shore. It wear very sensitive carbon solid tip and stiffness on berry and butt. We believe it stimulate angler's awarness and hunting instincts by bold lightweighting and latest blank technology. まあ映えます。 お値段も3万円を切るので、コスパを考えても完成度がかなり高いと思います。 魚とやり取りしてる間、すごくガイドが鳴く エステル可哀そう~~って思いながら寄せてるが このルナキアは鳴かない 実際は泣いてると思うが、はっきりした抵抗はなく ガイドの滑りがいいのだ これが、SICの利点か? topだけSIC 最近の流行りだけど、、、 ルナキアほど軽量で軽快なロッドを作れるなら、 無理にトルザイトじゃなくても良くない? そう実感した瞬間が有った。 動画の実釣舞台はいよいよ秋めいてきた北陸。

>

天龍ルナキアでジグ単アジング!「掛ける63」と「居食いを取る58」|釣りまとめアンテナ

3gもしっかりウエイトを乗せれてキャストできる 飛距離は抜群! 6fクラスのロッドと変わらない飛距離も稼げる どうだろう?582って事だけど、グリップが短い 下手な6fジャストのロッドより、有効レングスは長いかも ガイドの滑りも良く、擦れる感じも無い 非常に心地いいキャストができる。 敷石際だったり、堤防の影だったり。 このロッドの持つポテンシャルを、ユーザーの手で引き出してみて欲しい。 でも、といったモデルを追加したのも、 ロッドワーク中心の使い方に対応する為ではあったが、時代は更に先の次元での要求が高まっていた。 反響感度は問題なしです。 以前までのルナキアは、ロングロッドのパワーメバリングモデルの印象が強かったのですが、現行モデルは、アジングに最適な5フィート台のショートレングスモデルから、8フィートオーバーのパワーライトゲームモデルの5機種発売されています。 (勝手に)自他共に認める メバルプラッギング好きな私。

>

テンリュウ ルナキア LK582S

ティップ部はソリッドと決め、ソリッド部の長さや弾性率、 穂持ちと呼ばれるソリッドを繋ぐ位置の弾性など、あらゆる角度から試していく事にした。 短すぎない扱いやすいレングスにちょうどいいリアグリップでバランスもよく取れています。 ロッドの概要は天龍カタログ等からご覧ください。 というわけで、今回はジグ単におけるLK632S-LMLS、LK582S-LSの個性についてご紹介しました。 竿を曲げさせてもらうと、ヤマガは折れない自信があるのか、他のメーカーよりも容赦なく曲げてきます。 と悶々としております。

>

天龍ルナキアLK582S

半田店がっきーです。 90[6'3"] 2 EXF 98 MAX3 MAX3 MAX0. チョンチョンというより、パッパッパッ程度のごく小さなシェイクでよりボトムからの距離を離さない、ほぼベタ底でのアクション。 中上級者向けロッドでは定番のコンビが採用されており、ライントラブルに見舞われることはほぼありません。 注文したけど、自分の地域でのシーズンはまだ先なので、実釣はまだまだ先の話になりそうですが。 Having mainly K-guide to be able to use ultra-fine PE Line and Monofilament Line Specifications: ACTION CLOSED LENGTH cm LURE WT g LINE lb PE No. LKS710MH 重めのジグヘッド単体やプラグ・キャロ・フロートリグ・マイクロメタルジグなどを中心に扱いやすいパワー重視のロッドです。 ルナキアLK632S-LMLS まとめ ルナキアLK632S-LMLSを一言でいうと、掛け心地に優れた、張りのあるソリッドティップのジグ単ロッドです。 ブランク バット部 の太さが、明らかに太いのが見てとれる。

>