与論 島 ダイビング。 お店紹介 タマダイビングのスタッフ紹介

与論島でダイビング、プリシアダイビングメニューのご案内

今はもう大丈夫だけど、もっとチビッコのときはおしっこ失敗するわ、げぼ吐くわでテンヤワンヤでした。 特にウミガメとの遭遇率は高く、透明度の高い海で優雅に泳ぐ姿には癒されます。 美しい海と、満点の星空に癒されます。 真っ白な砂地に太陽の光が差し込むとキラキラと光が反射して、綺麗な光景を見ることができます。 『使って貯まる』『たまったら使う』をぜひ、おぼえてください。

>

奄美群島(奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島)ダイビングガイド|奄美大島|国内|エリア情報|Marine Diving web(マリンダイビングウェブ)

申し込みはこちらから。 1993年に水深45mの海底に沈められた、元は海上保安庁の巡視船です。 現地でも三密は避けよう ダイビング中もソーシャルディスタンスを意識し、三密はできるだけ避けるように意識しましょう。 寒さを我慢すればなんとかなります。 それらのアクティビティでも海を満喫出来ますが、 「与論島と言えばダイビング」と断言できるほど、ダイビングに最適な環境なのです! 世界でも屈指の水の美しさを誇り、この島でしか潜ることが出来ないようなポイントも沢山あります。

>

与論島ダイビングスポット、ダイビングポイントのご案内

ほら! 普段は地味なメガネゴンベだってこんなに爽やかに。 上の写真の百合ヶ浜ビーチは干潮時にのみあらわれるビーチで船で渡ることのできる場所ですが、百合ヶ浜は船で渡らなくても十分です。 また与論島は季節風に影響されることはなく、一年中潜ることができますので季節によって島の北側や南側へ潜り分けています。 ただし、GoToトラベルを利用する場合、割引対象が旅行会社経由のツアーになるので、前記のことを踏まえたうえで最適なツアーを選ぶようにしましょう。 GoToトラベルを利用してダイビングツアーに出かける時には、次のポイントを考慮してダイビングを楽しむようにしましょう。

>

与論島のダイビングの本当の魅力!水中写真家がおすすめ

寒いのが苦手。 西表島といえばマングローブの林に有名なイリオモテヤマネコ、そして、ダイバーの間ではマンタに会える島として有名な亜[…]• (現地精算) 3 午前 2ボートダイブ。 そんなカメに高確率で、いやほぼ100%会えるのはやっぱり与論島のダイビングの魅力でしょう。 酒は飲まない。 冬場はドライスーツもしくは厚手のスーツがあったほうが快適ですが、なんとか1年中ウエットスーツで潜ることもできそうですね。

>

世界で注目される与論島!おすすめダイビングポイントは?シーズナリティや島の見どころについてご紹介します!

レベル: 中級者~ 潮の流れ: ときどき有り ダイナミックな地形が冒険心を刺激するポイントです。 西表島のダイビング情報をご紹介します。 ダイビングに慣れてくるとウミガメなんてどこでも会える気がしてきますが、やっぱりいると写真撮っちゃいます。 百合ヶ浜ではシュノーケルやグラスボード、カヌー、ウィンドサーフィンなどのマリンスポーツが盛んにおこなわれています。 上記スケジュールは予告なく変更となる場合がございます。

>

与論島

長ズボン、さらにその下にスパッツ ももひき? 、ユニクロのあったかい肌着に、毛糸の帽子と手袋、マフラーも完備。 。 日本最大級を誇る沈船です。 まず飛行機で行く方法は写真のようなJAL系列のJACやRACの小型機に乗って行きます。 プリシアリゾートでは初心者からベテランダイバーの方まで楽しんでいただける与論の海を、経験豊かなスタッフがガイドします。 おすすめポイント:「沈船あまみ」 ボート移動時間: 茶花港から4分 レベル: 中級者~ 潮の流れ: 時々強め 圧倒的な迫力で沈船マニアには堪らないポイント。

>

お店紹介 タマダイビングのスタッフ紹介

無数の魚達、そして白い砂地と海面から降り注ぐブルーの光に包まれての 結婚式なんてロマンチックですね。 美しいサンゴ礁と真っ白な砂地の印象がありますが、地形や沈船、ダイナミックな景色が楽しいポイントも存在します。 水深は約3~5m ほどです。 与論島へのアクセス 与論島へのアクセスには、鹿児島からの航空便とフェリー、沖縄からの航空便とフェリーがありますが、2泊3日や3泊4日のツアーの場合、鹿児島か沖縄からの航空便を利用するのが一般的です。 北側のポイントは、白い砂地が広がる優しいイメージ。

>

与論島のダイビングの本当の魅力!水中写真家がおすすめ

他のチョウチョウウオの仲間に比べると地味で注目されない魚ですが、与論島では群れるんです! ポイントはWクレパスというポイントで岩と岩の間のクレパスに群れています。 海の中の宮殿はなんとも神秘的で見る者の心を引き付けます。 あ、地味過ぎる……? 安心して下さい! ちゃんとカスミチョウチョウウオが群れる場所もありますよお! ほら! よくある写真みたいになりましたよね。 フェリーを利用する場合、沖縄の泊港からは、所要時間が約4~5時間、本部港からは2時間30分、鹿児島新港からは20時間ほどかかります。 琉球王朝時代の築城途中の城跡が残る「与論城跡」などからは独自の文化も感じられます。 地形ポイントやサンゴも他とは透明度の高い与論島のい海ではより美しく見えるんです。 さらに、この宮殿では結婚式も行われています。

>