帰依 する。 「帰依」の意味と使い方!「帰依三宝」についても解説(例文つき)

帰依とは|葬儀・家族葬なら【よりそうお葬式】

その方法を実行してみれば、解脱に達することは100%確かです。 苦労をものともせず、勇気を出して挑む目的などは無くなっているのです。 自ら仏に帰依したてまつる。 (我有三寶,持而保之。 本来「僧」は、このような意味に理解すべきものと思います。 布教に勤しむ方々を「拠り所」としなさいということですね。

>

ブッダに帰依する

法 「法」とはお釈迦様が説いた仏法のことを意味しています。 この身今生において度せずんば、さらにいづれの生においてかこの身を度せん。 大衆 だいしゅう もろともに、至心に三宝に帰依し奉るべし。 願わくは如来の真実義を解したてまつらん。 「僧 サンガ 」が団体ではなく、個人や僧職に就く人一般を意味するのなら、在家信者や一般人がそれを信奉・尊崇するという行為は腑に落ちます。 人があらゆる危険から逃れることのできる唯一の「避難所」と訳されることもありますが、本来いるべき場所という意味で「仏」と同一視されることもあります。 なお、3つという数については、3を聖数とする習俗やとのかかわりも指摘されている。

>

仏教のことば:「三帰依(さんきえ)」

) 三宝それぞれをまた、このようなものと想起して帰依すると良いでしょう。 欲少なくして足るを知る読みます。 三宝にも上記の他にもさまざまな理解がある。 ですので、例えば南無阿弥陀仏は、「阿弥陀仏に帰依する」という意味になります。 一曰慈,二曰儉,三曰不敢為天下先。

>

帰依

自帰依 当願衆生 深入経蔵 智慧如海• 真面目な生徒たちは、解脱に達するのです。 鯛を釣りに行ってふぐが釣れてしまったとかの場合ですね。 しかし、南無阿弥陀仏は感謝の気持ちを言葉に出すものと言われますから、いつ唱えると言うことではなく、いつでもご自分で唱えたいと思われたときに唱えるとよいでしょう。 仏教用語の一つであり、一般的には「仏道に帰依する」などのように使われます。 ただし絶対神に対する「信仰」が基礎となるのユダヤ教・キリスト教・イスラム教と違い、仏教においては三宝に対する「帰依」(拠り所にするという意味)が強調される。 読み方は「きえ」で、依存(いぞん)や依頼(いらい)などのように「きい」とは読まないので注意しましょう。 もっとも、チベット仏教の場合は、自身の仏教の師(ラマ)に対する帰依文を最初に加えて、「四帰」にする場合があります。

>

帰依とは|葬儀・家族葬なら【よりそうお葬式】

ですので、例えば南無阿弥陀仏は、「阿弥陀仏に帰依する」という意味になります。 解脱に達する方法を正しく教えられる、偉大なる師匠なのです。 願わくは如来の真実義を解したてまつらん。 しかし、大勢で唱えた場合にバラバラになるのを防ぐ為に、慣習として某甲[むこう]と唱えます。 ひとは亡くなっても、なかなか天界には生まれないものです。 ) 聖者の階梯に入った僧侶=福田とみなして僧侶を供養することにより 徳を積み、来世は今生よりも良い所に生まれ変わるように。

>

三帰依

「帰依(きえ)」は、「帰属する」の「帰」に「依存」の「依」から成り立っている言葉であり、読み方は「きえ」です。 要するに、いま・ここで救済されたことを確実に経験できるのです。 そこでは、英語で三帰依文を唱えることもありますので、さらに英語での三帰依文をも二種、併記しておきます。 大乗仏教の一部の宗派では、 帰依とは勝れたものに対して自己の身心を帰投して「依伏信奉」することをいう。 帰依[きえ]というのは、「自分の身も心も投げ出して信じる」ということです。 つねに感謝の心を忘れず、誠意を尽くし、情熱をもって自らのなすべきことを 成し遂げていく、難に屈せず、卑屈にならず、仏のごとく振る舞いで社会に貢献していく生き方ともいえるかもしれません。 そして、その上でさらに、五戒を受けることが一般的です。

>